世界遺産の町、マハーバリプラムの石窟寺院

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

写真はパンチャパーンダパ・マンダパ窟の壁画

インドの中世建築の原初の形、石窟寺院

マハーバリプラムの石像建造物は花崗岩の岩山を掘削した石窟寺院から始まり、その後、岩壁彫刻や石彫寺院、そして最後は切石を積んで建立した最初期の石造寺院となる。

マハーバリプラムの石窟寺院のなかでもヴァラーハ・マンダパ窟マヒシャマルディニー・マンダパ窟トルムールティ窟アーディ・ヴァラーハ窟の建築は彫刻ともきわめて優れていると言われている。
石窟寺院の柱は時代とともに太い角柱が、しだいに細くなり、柱脚にはパッラヴァ朝のシンボルでもあるライオンが彫られるようになる。

マヒシャマルディニー・マンダパ窟

マヒシャマルディニー・マンダパ窟

マハーバリプラムの公園内にあるマヒシャマルディニー・マンダパ窟を見上げながら階段を登って行く道がテンションの上がるいい雰囲気になっている。

マヒシャマルディニー・マンダパ窟

ヒシャマルディニー・マンダパ窟の全体像。大きな岩を刳り貫いて作られた石窟寺院、上にも寺院がある。
ライオンの彫刻はパッラヴァ朝のシンボル。

マヒシャマルディニー・マンダパ窟

上にある寺院の彫刻も良い感じ。この公園内で一番見所があると言われている寺院。
この時代の寺院の石柱にはライオンの彫刻がまだ無い。

マヒシャマルディニー・マンダパ窟

よくもこんな大きな岩を刳り貫いて作ったなと。当時の建築は一つの大きな岩を刳り貫くスタイルだったのでインド人の根気は半端ない。

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

マハーバリプラムでもっとも規模の大きい石窟がパンチャパーンダヴァ・マンダパ窟で両端の付け柱を除いて6本の柱が2列彫り出されている。

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

石窟寺院内の彫刻も見事で見応えがある。パンチャパーンダヴァ・マンダパ窟の大岩は、そのまま世界最大のレリーフとも言われる 「アルジュナの苦行」に繋がっている。

パンチャパーンダヴァ・マンダパ窟からアルジュナの苦行までの巨大な岩に作られた7世紀インドの芸術的な世界遺産はかなりのおすすめ。

未完成のパンチャパーンダパ・マンダパ窟

未完成の中央祠堂。拝堂の壁面にも彫刻がほどこされていない。

未完成の石窟

マハーバリプラムには未完成の石窟が多く残っている。7世紀から8世紀にかけて建築方法が石窟を中心とする建築から石造を中心とする中世の建築へと進化した為だと言われている。

ラーマーヌジャ窟

ラーマーヌジャ窟

ヤギがくつろいでいるこのラーマーヌジャ窟の柱に彫刻されているライオンはまだ座ってるデザインで、後の南インドでは、2本足で立ち上がったライオン柱が主流となる。

マハーバリプラムの遺跡はすべてヒンドゥ教寺院とヒンドゥ彫刻で柱脚は最初は四角柱だったが後にパッラヴァ朝の象徴でもあるライオンが彫刻されるようになった。

マハーバリプラムの石窟寺院

マハーバリプラムの公園内にはその他にも石窟寺院や遺跡らしき物が沢山ある。
これらの寺院も一つの大きな岩から作られている。

マハーバリプラムの石窟寺院

これらの石窟寺院はクリシュナのバターボールアルジュナの苦行と同じ公園内にあるので半日かけてゆっくり回る事が出来る。

マハーバリプラムの公園

パッラヴァ朝のシンボルのライオンが至る所で見る事が出来る。

観光地の様に混雑しておらず雰囲気がとても良くてまったりとした雰囲気のある世界遺産なのでゆっくりと自分のペースで楽しむ事が出来た。

世界遺産マハーバリプラムの記事一覧

インド旅行記の記事一覧

公開日: : 最終更新日:2014/06/16 インド 世界遺産

関連記事

メキシコの世界遺産一覧

メキシコの世界遺産、一覧 全34カ所のリスト

中南米で最も世界遺産の多い国、メキシコ。 オルメカ文明、古代マヤ文明、アステカ文明、冒

記事を読む

ミクロネシア連邦の世界遺産『ナン・マトール:ミクロネシア東部の中心的祭祀場』

ミクロネシア連邦の世界遺産『ナン・マトール:ミクロネシア東部の中心的祭祀場』

ミクロネシア連邦の世界遺産 ミクロネシア連邦にある世界遺産は2016年に登録された『ナ

記事を読む

ルクソールにある世界遺産『古代都市テーベとその墓地遺跡』

ルクソールにある世界遺産『古代都市テーベとその墓地遺跡』

1月16日〜21日 夜行列車に乗ってカイロからルクソールへとやってきた。この町は古代エ

記事を読む

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

11月6日から11月9日にかけてチェコのレドニチェからオーストリアのウィーンまで小旅行に出か

記事を読む

台風の後の月

世界遺産の写真をハントする世界遺産ハンターを始めます

2014年、明けましておめでとうございます。 去年の今頃はインドの旅で疲れ果て体重が5

記事を読む

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

写真の文字は『働けば自由になる』と書いてあるが自由になる事は決して無かったそうだ。 俺

記事を読む

バラナシのガンジス川

死体がぷかぷかと浮いていると噂されるバラナシのガンジス川 | インド旅行記12

聖地バラナシ、地球の歩き方に寄るとバナーラス(ヴァーラーナスィー)、英語表記はBanaras

記事を読む

モンテネグロの世界遺産、一覧

モンテネグロの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

モンテネグロはユーゴスラビア、セルビア・モンテネグロを経て2006年6月3日に独立した。首都

記事を読む

パオアイのサン・オウガスチン教会の正面

フィリピンの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

2014年、6月に『ハミギタン山岳地域野生動物保護区』が世界遺産として登録。 フィリピ

記事を読む

『アクスムの考古遺跡群』とオベリスク | エチオピアの世界遺産

『アクスムの考古遺跡群』とオベリスク | エチオピアの世界遺産

メケレからアクスムまでのバス 2月6日 ダナキル砂漠ツアーのあとにマリちゃんが体

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑