エリトリアの世界遺産『アフリカの近代都市アスマラ』

公開日: 世界遺産

エリトリアの世界遺産『アフリカの近代都市アスマラ』出典:Sailko

エリトリアの世界遺産

エリトリアの世界遺産は2017年に登録された『アフリカの近代都市アスマラ』の1件だけで、2017年にポーランド・クラクフで行われた世界遺産委員会で世界遺産に登録が決定されるとエリトリアの代表団は抱き合って大喜びしたそうだ。

エリトリアはアフリカの角と呼ばれるアフリカ大陸北東部にあり、長い間、隣国のエチオピアと戦争状態にあった。首都はアスマラで、公用語はティグリニャ語、アラビア語、通貨はナクファ (ERN)。宗教はイスラム教スンナ派、キリスト教(正教会、カトリック、プロテスタント)、アンナ教などの4つのみで他の宗教は全て非合法化されている。

文化はお隣の国、エチオピアと同じようにコーヒー・セレモニーがあったり主食がインジェラだったりと似ているところが多い。

治安に関しては特にエチオピアと隣接している区域は危険で近寄らない方がいい。また、首都アスマラ市などでは治安が保たれていて、アスマラだけは外務省の危険情報でレベル1と低レベルの危険度になっている。また、物価は高め。

しかし、アスマラにはアスマラ国際空港があり、海外からのアクセスも簡単なので世界遺産のある首都アスマラだけサラッとよるには危険はあまりないだろうと思う。

アフリカの近代都市アスマラ

英名:Asmara: a Modernist City of Africa

2017年にユネスコの世界遺産に登録された。

アスマラ(Asmara)は、標高約2300mに位置するエリトリアの首都でモダニズム建築のならぶ街並みが世界遺産に登録されている。標高が高くマラリアの媒介になる蚊が居ないことからイタリア領エリトリアの首都となった。1920年〜1930年代にイタリアの建築家達によりアール・デコ建築や未来派建築などが建設された。

アフリカの伝統的な家並みやヨーロッパ風の街並みが残り、これがアフリカにおけるモダニズム建築と都市計画を示すものとしてユネスコに評価された。

アクセスはカイロやドバイ、ドーハ、イスタンブールなどから飛行機でアスマラ国際空港に直行するのが無難。空港から都市まではタクシーで行くことになる。国内の治安はともかく、首都アスマラの治安は保たれているので世界遺産だけハントする分には問題なさそうだ。

公開日: : 最終更新日:2019/03/26 世界遺産

関連記事

ブラジルの世界遺産一覧

ブラジルの世界遺産、一覧 全19カ所のリスト

2016年、オリンピックの開催で盛り上がるブラジルにある世界遺産は全部で19カ所、世界遺産国

記事を読む

イラクの世界遺産、一覧

イラクの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

イラク共和国は2003年にフセイン政権が崩壊して以来、混沌としており現在も内戦中でとても旅行

記事を読む

ノルウェーの世界遺産、一覧

ノルウェーの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

ノルウェー王国は北欧のスカンディナヴィア半島西岸にあり、海岸線に多くのフィヨルドが発達する。

記事を読む

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

古代都市パレンケと国立公園 | メキシコの世界遺産

12月23日 オコシンゴでトニナ遺跡を見た後、俺たちはユネスコの世界遺産『古代都市パレ

記事を読む

スイスの世界遺産、一覧

スイスの世界遺産、一覧 全11カ所のリスト

スイス連邦は、九州と同じ位の大きさの国なのに11カ所もの世界遺産がある、世界遺産ハンターとし

記事を読む

ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森 | ポーランドとべラルーシの国境にまたがる世界遺産

ビャウォヴィエジャの森 英名:Forest of Bialowieza 1979年、世界

記事を読む

アルバニアの世界遺産、一覧

アルバニアの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

アルバニア共和国はギリシャの北にあり、アドリア海に面しておりビーチは地中海の中でも特に美しい

記事を読む

アイルランドの世界遺産、一覧

アイルランドの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

アイルランド共和国は、アイルランド島にある国で、北東にある北アイルランドはイギリスの一部とな

記事を読む

銀閣寺

銀閣寺(慈照寺)の美しい庭園 | 世界遺産『古都京都の文化財』その9

清水寺から銀閣寺までは途中で坂本龍馬のお墓、霊山護国神社に寄ったり、知恩院の国宝、三門を見た

記事を読む

ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 | ボリビアの世界遺産

ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 | ボリビアの世界遺産とオーパーツの謎

2017年2月12日 プーノからコパカバーナ経由でボリビアの首都ラパスに入ったのだがボ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑