エリトリアの世界遺産『アフリカの近代都市アスマラ』

公開日: 世界遺産

エリトリアの世界遺産『アフリカの近代都市アスマラ』出典:Sailko

エリトリアの世界遺産

エリトリアの世界遺産は2017年に登録された『アフリカの近代都市アスマラ』の1件だけで、2017年にポーランド・クラクフで行われた世界遺産委員会で世界遺産に登録が決定されるとエリトリアの代表団は抱き合って大喜びしたそうだ。

エリトリアはアフリカの角と呼ばれるアフリカ大陸北東部にあり、長い間、隣国のエチオピアと戦争状態にあった。首都はアスマラで、公用語はティグリニャ語、アラビア語、通貨はナクファ (ERN)。宗教はイスラム教スンナ派、キリスト教(正教会、カトリック、プロテスタント)、アンナ教などの4つのみで他の宗教は全て非合法化されている。

文化はお隣の国、エチオピアと同じようにコーヒー・セレモニーがあったり主食がインジェラだったりと似ているところが多い。

治安に関しては特にエチオピアと隣接している区域は危険で近寄らない方がいい。また、首都アスマラ市などでは治安が保たれていて、アスマラだけは外務省の危険情報でレベル1と低レベルの危険度になっている。また、物価は高め。

しかし、アスマラにはアスマラ国際空港があり、海外からのアクセスも簡単なので世界遺産のある首都アスマラだけサラッとよるには危険はあまりないだろうと思う。

アフリカの近代都市アスマラ

英名:Asmara: a Modernist City of Africa

2017年にユネスコの世界遺産に登録された。

アスマラ(Asmara)は、標高約2300mに位置するエリトリアの首都でモダニズム建築のならぶ街並みが世界遺産に登録されている。標高が高くマラリアの媒介になる蚊が居ないことからイタリア領エリトリアの首都となった。1920年〜1930年代にイタリアの建築家達によりアール・デコ建築や未来派建築などが建設された。

アフリカの伝統的な家並みやヨーロッパ風の街並みが残り、これがアフリカにおけるモダニズム建築と都市計画を示すものとしてユネスコに評価された。

アクセスはカイロやドバイ、ドーハ、イスタンブールなどから飛行機でアスマラ国際空港に直行するのが無難。空港から都市まではタクシーで行くことになる。国内の治安はともかく、首都アスマラの治安は保たれているので世界遺産だけハントする分には問題なさそうだ。

公開日: : 最終更新日:2019/03/26 世界遺産

関連記事

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

5月3日 オーストラリア、レンタカーの旅もいよいよ終盤戦、遂にオーストラリア最大の都市

記事を読む

映画ロード・オブ・ザ・リングのロケ地にもなった世界遺産『トンガリロ国立公園』

映画ロード・オブ・ザ・リングのロケ地にもなった世界遺産『トンガリロ国立公園』

2016年5月14日 世界遺産ハンター的にはニュージーランド観光のメインともなる世界遺

記事を読む

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 | ポーランドの世界遺産

ザモシチ旧市街 英名:Old City of Zamość 1992年、世界文化遺産に登

記事を読む

コスタリカの世界遺産、一覧

コスタリカの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

コスタリカ共和国の首都はサンホセで通貨はコスタリカ・コロン (CRC)、公用語はスペイン語で

記事を読む

カレル橋

チェコの世界遺産、一覧 全12カ所のリスト

チェコ共和国には千年の歴史を誇る世界遺産『プラハ歴史地区』をはじめとする12カ所の世界遺産が

記事を読む

パプアニューギニアの世界遺産

パプアニューギニアの世界遺産

パプアニューギニア独立国は元々あったパプアとニューギニアが合併してできた国でイギリス連邦加盟

記事を読む

アンコールワット

カンボジアの世界遺産アンコールワット

約10年前、タイからカンボジア、ベトナム、ラオスとまわるメコンの旅に出た際にカンボジアのアン

記事を読む

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

1960年代、ナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると

記事を読む

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

5月3日 世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』の構成資産である、コッカトゥー島、ハイド

記事を読む

マラッカの街並

マレーシアの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

マレーシアには2回ほどいった事がある。一昨年にもマレーシアのボルネオ島に行っているが残念なが

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑