ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

公開日: フィリピン 世界遺産

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

7月28日(火)

この日はビガンから世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会を目指してサンタ・マリアへと向かった。

ビガンからサンタ・マリアまではミニバンで約1時間。料金は一人50ペソ。ハイエースの後部座席を4人がけの4列にカスタムしてあり16人ギュウギュウに詰め込まれて発車。通常は3人がけの3列なのでかなりキツい。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

英名:Church of La Nuestra Senora de la Asuncion

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

四件ある『フィリピンのバロック様式教会群』はこれでマニラのサン・オウガスチン教会パオアイのサン・オウガスチン教会についで三件目。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会

かなりマイナーな観光地らしく観光客は誰一人として居ない。世界遺産を独り占め出来てかなり嬉しい。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

この教会も地震のバロックと言うのに相応しくどっしりとした重厚な造りだが相変わらず屋根はトタン屋根。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

教会の裏にはなんだか興味を引かれる一本道があり、進んで行くとなんとジャングルと同化した俺好みの超カッコいい遺跡を発見!めちゃくちゃテンションが上がる。ラピュタ感がとまらない。

ラピュタ感が満載の遺跡

この遺跡をくぐり抜けるとなんと!

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

ジャングルに埋もれた超遺跡を発見!凄すぎる!ラピュタなんて目じゃない。超ラピュタ。入り口とか完全に草に覆われていたけれども冒険心を駆り立てる。この規模でこれだけ感動するのだからカンボジアのジャングルの中からアンコールワットを発見した冒険家や中南米のジャングルの中からマヤ遺跡やアステカ遺跡を発見した冒険家の感動を思うと物凄いロマンを感じずにはいられない。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会

入り口はこんな感じ。中は完全に木とか生えちゃっていてフィリピンは元々ジャングルなんだなと言う事を思い出させてくれる。


入って行くとこんな感じ。iPhoneで撮影。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会

中は完全にジャングル。どれくらい放置されているのだろうか?

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会

パオアイのサン・オウガスチン教会がめちゃくちゃ良かったから正直、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会はあんまり期待していなかったのだけれども良い意味で期待を裏切られた。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

こんなすげーところに誰も来ないなんてもったえない。でも人が沢山来たらこんなジャングルになっていないだろうから俺たちは相当ラッキーだった。

教会に戻ると欧米人夫婦が観光していたのでちょっと自慢したくて話しかけたら『君たちはもう教会の中に入ったのかい?』と尋ねられた。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会

教会の扉は閉まっており入れなかった。俺たちは鍵がかかっていて入れなかったと言うとスライドさせれば普通に入れると教えてくれた。よく見ると鍵は掛かっていない。おかげで内部は諦めていた俺たちも内覧をする事が出来た。

そしてかわりにあの奥の道を行くとすげーぜと教えてあげた。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会の内部

なかなか綺麗な内部。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会の内部

だれもいないのでゆっくりと内部を撮影する事が出来た。平日だったせいか本当に観光客が少なくてゆっくりと見てまわる事が出来た。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会の内部

教会内部は小鳥がさえずっておりよく見ると小鳥の巣まであった。

サンタ・マリアにあるアスンシオン教会

かなりマイナーな世界遺産っぽいが今回の世界遺産巡りで一番感動した。

フィリピンの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

公開日: : フィリピン 世界遺産

関連記事

プエルトガレラで英語の語学留学

プエルトガレラで英語の語学留学

現在、プエルトガレラと言う場所で英語留学をしている。ここはマンツーマンの個人レッスンが受けら

記事を読む

一般的なフィリピン人の収入と生活費

一般的なフィリピン人の収入と生活費

フィリピン来てあっという間に二週間が過ぎてしまった。 留学生活も残すところあとたったの

記事を読む

セイクリッド・ハート教会(Sacred Heart Church)

フィジーの世界遺産 | レブカの歴史的港町

フィジー共和国はオセアニアにあるイギリス連邦加盟国で首都はビティレブ島のスバ。公用語は英語、

記事を読む

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区) | リトアニアの世界遺産

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区) | リトアニアの世界遺産

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区) Kernavė Archaeological

記事を読む

ミャンマーの世界遺産

2014年、ピュー遺跡群がミャンマーで初めての世界遺産に登録

2014年6月、ピュー遺跡群がミャンマーで初めての世界遺産に登録された。ミャンマーは最近、タ

記事を読む

日光の社寺

日帰り出来る世界遺産『日光の社寺』

『日光の社寺』新宿から片道1660円で日帰り出来る世界遺産 栃木県にある世界的に有名な

記事を読む

モンゴルの世界遺産一覧

モンゴルの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

モンゴル国にある世界遺産は全部で3件、あのチンギス・ハーン(チンギス・カン)がモンゴルの遊牧

記事を読む

サン・アグスチン教会

マニラにある世界遺産サン・アグスチン教会 | フィリピンのバロック様式教会群

マニラ初日、エルミタにある安宿に着くなり荷物を置いて世界遺産『サン・アグスチン教会』のあるイ

記事を読む

キプロスの世界遺産、一覧

キプロスの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

キプロス共和国はトルコ、南の東地中海にあるキプロス島にあり、1974年以来、南北に分断されて

記事を読む

トルコの世界遺産 一覧

トルコの世界遺産、一覧 全13カ所のリスト

2014年、『ブルサとジュマルクズク:オスマン帝国発祥の地』と『ペルガモンとその重層的な文化

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑