チュニジアの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

公開日: 世界遺産

チュニジアの世界遺産、一覧

チュニジア共和国は北アフリカ、アルジェリアとリビアの間にあり、地中海を挟んでイタリアの南に位置する。アフリカの中では比較的治安が良いとされ世界遺産も8件あるので旅のルートに組み込もうと考えていたのだが2015年3月に首都チュニスの博物館でテロ事件が起こり21人が殺害された。テロ事件は運が悪いだけで巻き込まれてしまうので渡航するかどうするかかなり悩んでしまう。

また、世界遺産にもなっているカルタゴ遺跡などは、ポエニ戦争の舞台となった場所で詳しくは俺の好きな歴史漫画『アド・アストラ』を読んでから旅行に行くと、よりチュニジアを楽しめると思う。

世界文化遺産

チュニス旧市街

7世紀に始まったアラブ・イスラム様式で建てられた都市
1979年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(v)

チュニスは、チュニジア共和国の首都でアフリカ有数の世界都市。世界遺産となったチュニス旧市街は、メディナと呼ばれる旧市街の事で7世紀に始まったアラブ・イスラム様式の都市計画が現在もそのまま残っている。

カルタゴ遺跡

ポエニ戦争の後に建てられたローマ遺跡
1979年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(vi)

チュニス県カルタゴ市にある古代都市国家の歴史的な遺跡で、現在は観光地となっている。紀元前264年、ローマ軍がカルタゴ軍を攻撃したことでポエニ戦争が始まった。ポエニ戦争でのスキピオとハンニバルの戦いを描いた歴史漫画『アド・アストラ』の舞台にもなる。紀元前149年から始まる第三次ポエニ戦争にてカルタゴは滅亡させられた。現在カルタゴに残る遺跡は、その後、ローマがつくったもの。

カルタゴを建設するディド(カルタゴ帝国の興隆)

画像は「カルタゴを建設するディド(カルタゴ帝国の興隆)」(ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー画)。ディドは、ギリシア神話・ローマ神話に登場する、カルタゴを建国したと言われている伝説上の女王。

エル・ジェムの円形闘技場

アフリカで最も印象的なローマ遺跡
1979年、世界文化遺産に登録 / (iv)(vi)

かつてローマ帝国の属州として繁栄したエル・ジェムに残るローマのコロッセオに匹敵する巨大な円形闘技場で、ユネスコの世界遺産に登録されている。その保存状態の良さからアフリカで最も印象的なローマ遺跡とも言われている。チュニジアでもっとも行きたい世界遺産のひとつ。

ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡

古代カルタゴの最良の遺跡
1985、1986年、世界文化遺産に登録 / (iii)

ケルクアンはカルタゴ(フェニキア人)の都市で、第一次ポエニ戦争で放棄されローマ人によって再建されなかった為に古代カルタゴ(紀元前4世紀〜紀元前3世紀)の最良の遺跡として残った。

スース旧市街

9世紀頃の街並が今なお残る歴史的な旧市街
1988年、世界文化遺産に登録 / (iii)(iv)(v)

スース(スーサ)は、チュニジア第三の美しい都市で、旧市街(メディナ)が世界遺産に登録されている。この街は紀元前9世紀頃にフェニキア人によってつくられた。スース旧市街が建設されたのは北アフリカにイスラム勢力が進出してきた9世紀頃で、今もその当時の姿を残している。主な観光名所は『グランド・モスク』、『リバト』、『スース考古学博物館』、『ポール・エル・カンタウイ』など。また、ヨーロッパからのビーチリゾートしても有名。

カイルアン

イスラム世界での第3の聖都
1988年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)(iii)(v)(vi)

カイルアン(ケルアン)は670年頃に建設が始まり、9世紀〜10世紀頃にはアグラブ朝の首都として栄えたイスラム教の聖都で、北アフリカにおける第一のアラブ拠点となった。名前の由来はアラビア語のkairuwân、ペルシア語でのKâravânに由来し、意味は『キャンプ、キャラバン、休憩場所』などの意味。

ドゥッガ/トゥッガ

アフリカで最も大きいローマ帝国時代の遺跡
1997年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)

チュニジア北部にある保存状態の良いローマ時代の遺跡で、トゥッガは「牧場」の意味。見所は『ベルベル人の廟』、『キャピトル』、『ユノ・カエレスティス神殿』、『ドゥッガの古代劇場』など。広さは約65haもあり、アフリカ最大のローマ帝国時代の遺跡となっている。

世界自然遺産

イシュケル国立公園

手つかずの自然が残る大規模な湿地帯
1980年、世界自然遺産に登録 / (x)
イシュケル国立公園は、チュニジア北部にあるイシュケル湖とその周辺に広がる湿地帯で、フサイン朝の狩猟地だった為に手つかずの自然が残されている。あひるやガチョウ、コウノトリなどの野鳥が観察できるポイントが人気の観光地となっている。

公開日: : 世界遺産

関連記事

海岸寺院

世界遺産の町、マハーバリプラムの海岸寺院

南インドで最初の石造寺院と言われる海岸寺院 8世紀になるとインドの建築様式が石窟寺院か

記事を読む

アルメニアの世界遺産、一覧

アルメニアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

アルメニア共和国は1991年にソビエト連邦から独立した小さな国でトルコの西、イランの北に位置

記事を読む

ベトナムの世界遺産

ベトナムの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

2014年、6月に『チャン・アンの景観美関連遺産群』が複合遺産として世界遺産に登録。

記事を読む

カンボジアの世界遺産

カンボジアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

カンボジアには10数年前に一度、行った事がある。当時、バンコクから『アンコール遺跡群』のある

記事を読む

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

モンテ・アルバンへの行き方 12月11日 オアハカのソロカ周辺からモンテ・アルバ

記事を読む

平等院、古都京都の文化財

十円玉の建物や一万円札の鳳凰で有名な平等院 | 世界遺産『古都京都の文化財』その1

最初の二日で奈良の世界遺産『古都奈良の文化財』と『法隆寺地域の仏教建造物』をまわり京都奈良の

記事を読む

インドの世界遺産

インドにある世界遺産一覧 全35カ所のリスト

インドは世界遺産の宝庫で世界遺産の多いい国ランキング、第6位。まぁこの国はデカイからね。

記事を読む

南ラグーンのロックアイランド群 | パラオの世界遺産

パラオの世界遺産 | 南ラグーンのロックアイランド群

出典:LuxTonnerre 写真はロックアイランド群のミルキーウェイ パラオ共和国

記事を読む

テトゥアン旧市街(旧名ティタウィン) | モロッコの世界遺産

テトゥアン旧市街(旧名ティタウィン) | モロッコの世界遺産

2015年12月23日 俺たちは青い町シャウエンから白い町と言われる世界遺産『テトゥア

記事を読む

ハンガリーの世界遺産、一覧

ハンガリーの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

ハンガリーの首都ブダペストは「ドナウの真珠」と称えられた美しい街で、一番の見所となっている。

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑