異国の地を旅するという事 | Young Age Vol.20

公開日: シンガポール ヤングエイジ

マーライオン

写真は2016年に撮影したシンガポールのマーライオン

異国の地を旅するという事

2001年7月17日

旅は順調だった。
タイの首都バンコクに降り立ち南の楽園バリを目指し、俺は陸路で気の向くままに寄り道をしながら南下していた。

最高だった。
楽しくて仕方がない。

クアラルンプールで何日か遊んだ後、Macyと別れ俺は一人、シンガポール行きのバスに乗り込んだ。

ここからの道のりに何も不安はなかった。

バスによる国境越えも二度目だ。
特に不安はない。
案の定何の問題もなくシンガポールへ入国出来た。

しかし

体の調子がおかしい。
気分がえらく悪い。
目が回り、額から嫌な汗が流れ落ちる。
これはまずい・・・

シンガポールは町並みが綺麗だ、だがそれどころではない。
町並みを見て気分転換など出来るほどの余裕はなくなっていた。
次第に俺はバスの中でうずくまっていった。
もうフラフラだった。
何がなんだかわからない。

運転手がバスを止めシンガポールに着いたと告げる。
旅行者達がぞろぞろと降り始める。
ここは何処だ?
シンガポールなのはわかる。
だが何処なんだ?

アジアの国々では往々にしてバスから降りたあと、自分で場所を確認してそこから自力で宿を探さなきゃならない。とにかく降りなきゃしょうがない。

立ち上がった。
ヤバイ、思った以上に具合が悪い。
まともに歩けない。

何とかバスから降りた。
俺は二歩か三歩、歩いてその場にゲロをぶちまけた。

ヤバイ!!
この国はシンガポール。
確かゴミ捨ては罰金や鞭打ちの刑だ!!
鞭打ちだけは勘弁・・・

俺は半泣きでその場にある自分のゲロをかたづけた。
それがよくなかった。
俺は自分のゲロに酔ってせっかくかたづけた場所にもう一回吐いた。
泣きそうだった。

うぅ、、、
鞭打ちは勘弁・・・
すでに俺は若干パニックになっていた。

冷静に考えれば先進国のシンガポールで具合が悪くてゲロ吐いたからって鞭打ちにはされないだろう。

ただ俺は突然の具合の悪さからかなり弱気になっていた。
だから何故か鞭打ちの刑が恐ろしかった。
今にして思えば馬鹿な話しだ。

いったいここは何処なんだ!?
とにかく寝たかった。
これがシンガポールでなければそこらへんのホテルに泊まっただろう。
しかし、よりによって先進国のシンガポール。
この国でそんなことすれば平気で一万や二万なくなるだろう。
一日で治ればいいが下手な所に泊まって動けなくなってしまったら旅の資金は底を尽き、俺の旅は途中で終わる。
それだけは避けたかった。

俺はその場に横たわり解決作を思案した。
しかし、体調が悪いというのはなんと辛いことだろう。
頭がとにかく働かない、英語もさっぱり聞き取れない。
とにかく地図を開き現在位置を確認した。

ダメだ
さっぱりわからない・・・

近くの人に聞いた。
わからない。
もはや体力の限界だった。

ちょうどその時、俺が横たわっていた所の前の店?ホテル?の定員らしき人がタクシーを捕まえてくれた。
親切でしてくれたのか迷惑だから追い払われたのかわからない。
ただ助かった。ホントに助かった。
ものすごく他人の親切がありがたかった。
もう成行きに任せタクシーに乗った。
ありがたいことにタクシーはちゃんと安宿に連れて行ってくれた。

シンガポールは東京に似た感じの町だ。
他のアジアの国々とは違った感じのする町だ。
人々は東京ほどでないにしろ他人に無関心。

何処か分からぬ異国の地に放り出され右も左も分からず旅をする。
それがどういうことなのか初めてわかった気がした。

あとがき

俺は旅に出てからと言うもの、約一ヶ月の間、ずーっとハイテンションだった。
楽しくて楽しくて仕方がないと言う感じだ。

アドレナリンがドバドバ出まくりの最高にハイってやつだ。

気がつかないうちに疲労が溜まっていたのだろう
そんな時に、高速の休憩所で食べたぶっかけ飯があたったのだ。

この時はマジで辛かった。
右も左もわからない遠い異国の地で動けなくなる。
今だったらiPhoneでGoogle Mapを開けば現在地がわかる。
しかし、2001年当時は心許ない紙の地図があるだけだ。
自分が何処にいるのかすらわからない。

それがどれだけ心細いことか身に染みた。

シンガポールは物価が高い。
タクシーで連れて行ってもらった安宿のドミトリーですら23シンガポールドルもした。(1700円位)

これを機に、楽しいだけじゃない旅のハードな一面を知る事になる。

世界遺産ハンター Young Age の記事一覧

公開日: : 最終更新日:2018/11/16 シンガポール ヤングエイジ

関連記事

ジャランジャクサ

プランバナン寺院群(インドネシアの世界遺産)| Young Age Vol.33

2001年7月25日 早朝、ジョグジャカルタに着いた俺は、人力車に乗ってウィスマカジャ

記事を読む

マーライオン

インドネシアのバタムアイランドへ | Young Age Vol.23

写真は2016年に撮影したセントーサ島にある最大サイズのマーライオン 2001年 ま

記事を読む

船の上

STAR LIGHT on the SHIP | Young Age Vol.28

船の上から眺める星空 2001年7月22日 いつだかピースボートで世界一周の旅に

記事を読む

ジョジョの奇妙な冒険、シンガポール編を旅する | ジョジョの聖地巡礼

ジョジョの奇妙な冒険、シンガポール編を旅する | ジョジョの聖地巡礼

昔々 スマトラという国の王子が 新しい領土を求めて 航海に出た時 白いたてがみの獅子

記事を読む

youngage13

ダイビングの島コ・タオ | Young Age Vol.13

写真は2016年パンガン島にて 2001年7月3日 タオ島はダイビングの島だった

記事を読む

ヤングエイジ

世界遺産ハンター Young Age 序章

2001年6月 Wi-Fiと情報が世界を多い尽くすより、少し前の時代。 人々は、有線でイ

記事を読む

逃げ出した先の楽園

逃げ出した先の楽園 | Young Age Vol.07

1998年 ベルセルク16巻でガッツは言いました。 逃げ出した先に 楽園なんてあり

記事を読む

ミドルエイジ

ダイビングのライセンスを取りにタオ島に行く その2

2008年 日本ではmixiが流行り、フェイスブックがまだ流行っていない時代。 コンパク

記事を読む

ロストパラダイス

ロストパラダイス | Young Age Vol.08

2001年6月26日 サムイ島は、のんびりとした空気が流れる楽園だった。 俺の記憶の

記事を読む

旅すると人生変わる?

旅すると人生変わる? | Young Age 最終回

今まで世界遺産ハンター Young Age 全37回を読んでくれて本当にありがとう! 今回

記事を読む

トラックバック用URL

Comment

  1. TABEENA 宮崎 より:

    世界遺産ハンターさん

    初めまして。突然のメール失礼します。
    私はTABEENA(タビーナ)という旅行・お出かけ記録アプリを運営している宮崎と申します。

    以前から世界遺産ハンターさんのブログを楽しく拝見しておりますが、ぜひ世界遺産ハンターさんに私どものサービスも一度ご利用頂けたらと思いメールを書かせて頂きます。

    勝手ながらタビーナについて少しご紹介させて頂きますと、タビーナは旅やお出かけ先での思い出を、写真だけでなくマップ機能などを活用することで、「いつどこでどんな写真を撮ったか」といったコトを簡単に記録できることから、旅やお出かけ先での体験一つ一つを、より長く色褪せにくい形で整理しておくことができます。

    今回メールさせて頂いたのは、私どものアプリ内でこの度「みつける」というカテゴリーを設け日々皆様からの写真を様々観点で紹介しております。普段ブログで綺麗な世界遺産の写真を投稿されている世界遺産ハンターさんを、ぜひタビーナ会員の方々に向けてご紹介させて頂けないかと思い、失礼を承知でメールを差し上げました。またサービス内のプロフィールにてブログURLを貼ることも出来ますので、世界遺産ハンターさんのブログへの訴求へのお力添えもできるかと考えております。

    どうか私どもに、世界遺産ハンターさんのこれまでの旅の思い出を整理するお手伝いをすると共に、普段から旅やお出かけに積極的なタビーナ会員の方々に向けて、世界遺産ハンターさんの写真や感想などを紹介する機会を頂けないでしょうか。

    お手すきのとき、ぜひ一度タビーナのアプリを覗いてみて頂けると幸いです。

    ▼ App Storeページ
    https://itunes.apple.com/jp/app/tabeena-tabina-luno-xie-zhenwo/id661035948?mt=8

    もし少しでもご興味を持って頂けるようであれば、ぜひ実際に写真を何枚か投稿してみて頂けると幸いです。

    以上、何卒ご検討の程宜しくお願い致します。
    長くなりましたが最後まで読んで頂きありがとうございました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑