インドに行く前に読んでおきたい本『マハーバーラタ』(上)

公開日: 読書&映画

マハーバーラタ

マハーバーラタは古代インドの宗教的、哲学的、神話的叙事詩でヒンドゥー教の聖典のうちでも重視されるものの1つ。インドを旅する際にこの本を読んでおけば色々な建造物を見ながら『あ、これ知ってる!』と言う気分を味わう事が出来るようになるので観光が楽しくなる事間違い無し。

神話的叙事詩と言うと難解でつまらなそうだがこの本はかなり読みやすく小説を読むように読む事が出来るのでおすすめ。登場人物の名前がかなり憶えにくくて少し苦労したがここに出てくる登場人物はかなり重要な人が多いいので憶えておくと旅をした時の楽しみが倍増する。

C・ラージャーゴーパーラーチャリ (著), 奈良 毅 (翻訳), 田中 嫺玉 (翻訳)

マハーバーラタ (中) (レグルス文庫)

マハーバーラタ (下) (レグルス文庫)

マハーバーラタのあらすじ

マハーバーラタはヴャーサと言う賢者が智慧の神ガネーシャに書き取ってもらったと言う事になっている。

物語はパーンドゥ家とクル家の王子たちによるバーラタ王朝内の争いを軸に数多くの神々や英雄たちの物語が交差していく。普通に『三国志面白い!』みたいな感覚で読めるのでインドについて勉強するにはもってこいの本だった。

マハーバーラタ(上)

この本は物語が始まる前の前書きが多いい、第一章が始まるのが31ページからとなっている。正直、31ページまではかなり退屈なので斜め読みでも良いかもしれない。

第一章はパーンドゥ家とクル家の先祖の話から始まる。この後、子孫として生まれてくるパーンドゥとドリタラーシュトラ(クル家)の息子たちが戦争を始める事になる。

主要な登場人物

パーンドゥ王の王子達
ユディシュティラ
パーンドゥ家の長男で徳の高い人物、三国志で例えるならば劉備。

ビーマ
怪力の持ち主で最強の武人、三国志で例えるならば張飛。

アルジュナ
力のビーマ、技のアルジュナとも言われた武人でかなり徳の高い人物、三国志に例えるならば関羽。

ナクラとサハデーヴァ
ユディシュティラ達と異母兄弟で上巻では存在が薄い。中巻、下巻で活躍するのか?

パーンドゥ王妃
クンティー
カルナ、ユディシュティラ、ビーマ、アルジュナの母で太陽神スーリヤとの契約によりその息子たちは特別な力を持っている。

五人の王子の妻
ドラウパディー
パンチャーラ国の王ドルパダの娘で五人の王子の共通の妻。

パーンドゥ家の盟友
クリシュナ
パーンドゥ家の盟友、ヤドゥ族の長ヴァスディーヴァの息子でビーマやアルジュナに匹敵する力を持つ。三国志で例えるなら超雲。
クリシュナはヒンドゥー教におけるヴィシュヌ神の第8の化身でビシュヌに匹敵するほどの人気があるとても重要な人物。

クル家の盲目王
ドゥリタラーシュトラ
元々は徳の高い人物だが息子のドゥルヨーダナを溺愛するが為に道を踏み外す。

クル家の王子
ドゥルヨーダナ
深い嫉妬によりユディシュティラ達と対立する。この本では諸悪の根源で完全に悪者扱い。

カルナ
パーンドゥ王妃クンティーの息子でユディシュティラたちの長兄だが生まれてすぐに捨てられてしまった為にその事を知らない。太陽神スーリヤの血を引いているので最強の武人、三国志で例えるならば呂布。皮肉な事にドゥルヨーダナに仕えていてドゥルヨーダナを崇拝している。

マハーバリプラムの世界遺産

マハーバリプラムの世界遺産はマハーバーラタとかなり関係をしている。

ファイブラタ

ファイブ・ラタの五つのラタは『マハーバーラタ』の主要な登場人物の名にちなんで、ドラウパディー・ラタ、アルジュナ・ラタ、ビーマ・ラタ、ナクラ・サハーデーヴァ・ラタ、ダルマラージャ・ラタと命名されている。

ファイブ・ラタ | マハーバリプラムの世界遺産

アルジュナの苦行

「アルジュナの苦行」はパーンドゥ家の王子アルジュナはシヴァ神の加護を得るべく、構図の中央で神話上の神々や動物たちに取り巻かれながら、一本足で立ちつづける苦行をしているというもの。

世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

クリシュナのバターボール

バターボールをナイフで切ったような形の岩でクリシュナがバターボールを大好物だった事に由来してクリシュナのバターボールと呼ばれるようになった。

クリシュナのバターボール | マハーバリプラムの世界遺産

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2015/01/25 読書&映画

関連記事

旧約聖書を知っていますか

ヨーロッパに行く前に読んでおきたい本『旧約聖書を知っていますか』阿刀田高(著)

旧約聖書を知っていますか 旅に出る前に基本的な宗教の基礎知識を勉強しておきたいと思って『池

記事を読む

偶然の一致に導かれて | 聖なる予言の旅

偶然の一致に導かれて | 聖なる予言の旅

2017年1月23日 南米、ペルーにある聖なる谷ピサックにて 日本で精神世界だの

記事を読む

攻殻機動隊 GHOST IN THE SHEL

実写版「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」の感想

今更ながら実写版の攻殻機動隊を見てきた。後で見に行こうと思っていたら上映している映画館がみる

記事を読む

漫画『火の鳥』を読むと日本の世界遺産をより深く楽しめる

漫画『火の鳥』を読むと日本の世界遺産をより深く楽しめる

火の鳥を読むと世界遺産の勉強にもなる 俺は世界遺産をまわっている時に、もっと知識があればも

記事を読む

短期間で英語を実践する為の本『レバレッジ英語勉強法』本田直之著

短期間で英語を実践する為の本『レバレッジ英語勉強法』本田直之著

フィリピンに留学する前に飛行機で読もうと思って買った本で、英語を実践で使えるようになる為の考

記事を読む

ノーザンライツ

フロンティア時代のアラスカの話『ノーザンライツ』星野 道夫 (著)

今年の四月にカナダへオーロラを観に行き、カナダの雄大な自然に触れアラスカやカナダにまた行きた

記事を読む

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 長崎裕麻 著

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論 長崎裕麻 著

フィジーに行く前にぜひとも読んで欲しい本『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常

記事を読む

『戦場のピアニスト』第二次世界大戦中のユダヤ系ポーランド人の実録

『戦場のピアニスト』第二次世界大戦中のユダヤ系ポーランド人の実録

戦場のピアニストのあらすじ 舞台は1930年代後半、ポーランドの首都ワルシャワ。ピアニ

記事を読む

池上彰の宗教がわかれば世界が見える

旅に出る前に読んでおきたい宗教の基礎知識『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』

池上彰の宗教がわかれば世界が見える (文春新書) 旅に出る前に基本的な宗教の基礎知識を

記事を読む

イントゥ・ザ・ワイルド

究極の自由を求め、放浪しながらアラスカを目指す映画『イントゥ・ザ・ワイルド』

究極の自由を求め、放浪しながらアラスカを目指した青年の実話。旅人として心にガッツンガッツン突

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。
よかったら応援お願いします。

PAGE TOP ↑