微妙なセンスのオブジェがたまらないお寺、ラクシュミーナーラーヤン寺院 | インド旅行記05

公開日: インド

ラクシュミーナーラーヤン寺院

デリーの安宿街、メインバザールからオートリキシャーですぐ近くにあるお寺、ラクシュミーナーラーヤン寺院。またの名をビルラ・マンディル。

このお寺はヒンドゥー教寺院でヴィシュヌ神の化身ナラヤンと、その妻、美と幸運と繁栄の神ラクシュミーを祭っている。1938年以来、インド有数の大財閥であるビルラ財団によって管理運営されている。

レゴで作ったような奇抜な見た目のお寺で、内部のオブジェも日本人には無い独特のセンスで作られている。

デリーのメインバザールで暇を持て余していた俺は、朝のチャイを楽しみながらチャイ屋の親父さんと雑談しながらどっか面白いとこ無い?と聞いたところ、それならラクシュミーナーラーヤン寺院に行けとすすめてくれた。当時、俺は寺などに興味が無かったのだが、暇だったのでチャイを飲み終わったら早速、行ってみる事にした。

ラクシュミーナーラーヤン寺院

ラクシュミーナーラーヤン寺院の像

何の像だかさっぱりわからないが最初はオブジェに違和感を感じなかった。

ラクシュミーナーラーヤン寺院のオブジェ

このライオン辺りから日本人には無いセンスを感じ始める。

ラクシュミーナーラーヤン寺院のオブジェ

これはサイかな?インド人の憩いの場になっている。

牛のオブジェ

インドでは牛は神聖な動物なので、さすがに良い表情をしている。
目とかがたまらない。

ラクシュミーナーラーヤン寺院のオブジェ

なんじゃこれ?ゴジラのキョンシーかと思ったがおそらく熊。
すごく良い表情をしている。このお寺で俺の一番のお気に入り。

ラクシュミーナーラーヤン寺院

普通のお寺みたいなオブジェもちゃんとある。

ラクシュミーナーラーヤン寺院のオブジェ

これはキングコブラ、日本では味わえないようなセンスのオブジェばかり。
この微妙な感じ、異国に来たって感じだぜ。

いやらしい顔のゾウ

ゾウの目とか口とか、なんだかすごく、いやらしい顔に見えてしまうのは俺の心がいやらしいせいなのでしょうか?
いや、日本のギャグ漫画だったらこのゾウは絶対にいやらしいはず。

ラクシュミーナーラーヤン寺院

ちゃんと普通のオブジェもある。

ラクシュミーナーラーヤン寺院、ゾウのオブジェ

このゾウはなかなかかっこ良かった。

ラクシュミーナーラーヤン寺院のリス

敷地内には可愛いリスが沢山いて心が癒される。
インド人は動物にすごく寛容な気がする、街中は牛だらけだし街によってはサルも沢山居る。日本人は動物に厳しく街に動物が居たら速攻で駆逐されてしまうので野良猫くらいしか居ない気がする。

インドで見た実用車

これは古き良き日本の実用車っぽい。自転車好きにはたまらない。

ほんの暇つぶしに行ってみたラクシュミーナーラーヤン寺院だったのだが思わぬセンスのオブジェが沢山あってすごく面白かった。
微妙と言えば微妙なのだけれども、どのオブジェも本当にいい表情をしていて、なおかつそれがお寺にあると言うのがまた良い。日本人からは生まれないような異国のセンスのオブジェに触れる事が出来て本当に良かった。もし、メインバザールで暇をする事があれば是非、寄ってみてほしいと思う。

結局、俺がデリーで観光したのは合計で一週間以上も滞在して、このラクシュミーナーラーヤン寺院のみだった。(もっと見所が沢山あったはずなのに・・・)

その理由は次回につづく

インド旅行記シリーズ一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2014/06/18 インド

関連記事

バラナシの治安と安宿

バラナシの安宿と治安 | インド旅行記17

バラナシ(バラーナスまたはベナレス)の裏路地は迷路のように入り組んでいる。初めてバラナシに来

記事を読む

インドのキングコブラ

インドで出会った動物たちの写真 | インド旅行記15

念願のキングコブラマスターに会う インドと言えば少年の頃よりピーヒョロロ、ピーヒョロロと笛

記事を読む

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

世界遺産の町、マハーバリプラムの石窟寺院

写真はパンチャパーンダパ・マンダパ窟の壁画 インドの中世建築の原初の形、石窟寺院 マハー

記事を読む

ファイブラタ

ファイブ・ラタ | マハーバリプラムの世界遺産

インドにある寺院の原型と言われる「パンチャ・ラタ」(5つのラタ) 五つの寺院に見えるが、実は、

記事を読む

ハルドワールのシヴァ像

ハルドワール、マンサー・デーヴィー寺院 | インド旅行記10

ヨガの聖地リシュケシュですっかり衰弱してしまった俺はハルドワールに戻ってきた。 ヒンド

記事を読む

ハルドワールで沐浴

奇麗なガンジス川で沐浴したければ絶対にここ!聖地ハルドワール | インド旅行記07

ガンジス川の上流で神の門と呼ばれる聖地ハルドワール ヒマラヤ山岳地帯と平野部の境目にあ

記事を読む

ガンジス川の対岸

ガンジス川の対岸、不浄の地はゴミだらけだった | インド旅行記14

バラナシのガンジス川対岸は不浄の地とされていて人が住めない為に何一つ無い広い砂浜が広がってい

記事を読む

チェンナイの町

初インド、チェンナイで受けたインドの洗礼 | インド旅行記01

インドと言えば俺が若い頃に読んで、強烈に影響を受けた、沢木耕太郎氏の首都デリーからロンドンま

記事を読む

バラナシのガンジス川

死体がぷかぷかと浮いていると噂されるバラナシのガンジス川 | インド旅行記12

聖地バラナシ、地球の歩き方に寄るとバナーラス(ヴァーラーナスィー)、英語表記はBanaras

記事を読む

インドの世界遺産

インドにある世界遺産一覧 全35カ所のリスト

インドは世界遺産の宝庫で世界遺産の多いい国ランキング、第6位。 物価の安い国なので、いつか

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑