シアン・カアン | メキシコで一番最初に登録された世界遺産

公開日: メキシコ 世界遺産

シアン・カアン | メキシコで一番最初に登録された世界遺産

11月26日

見所の多いトゥルムで一番最初に行ったのはもちろん、世界遺産であるシアン・カアン生物圏保護区。ここはツアーでないと行くのが大変そうだったので、トゥルムの旅行代理店でツアーに申し込んだ。料金はひとり130USドル、ちょっと値切ったけど119USドルとかなり高い。他の代理店も140ドルとか言っていたし、シアン・カン以外のツアーも大体100ドル越えしていたので、この辺のツアーは高いのかもしれない。

俺たちの申し込んだツアーの内容は、シアン・カアン生物圏保護区をボートトリップで、イルカとかウミガメを見たり、楽園のような場所でシュノーケルをすると言うもので、ガイドと昼飯付き。かなり広い生物圏保護区なので、他のツアーは内容が違ったりするのかもしれない。また、ボートトリップではなく四駆でビーチを走るツアーだと30ドルくらい安かった。

シアン・カンへの行き方は、カンクンやプラヤ・カルメン、トゥルムなどから出ているツアーに参加するのが一般的だが、レンタカーで四駆を借りて自力で行くことも出来るらしい。

シアン・カアン(Sian Ka’an)

1987年、自然遺産に登録

シアン・カアン(Sian Ka'an)

シアン・カアン生物圏保護区は、メキシコで一番最初に登録された世界遺産で、キンタナ・ロー州にある自然保護区。また、シアン・カアン(Sian Ka’an)とは、マヤ語で「天空の生まれた場所」と言う意味で生物圏保護区内には、マヤ文明の遺跡も残っている。

まったくマヤの人々はオシャレな名前をつけやがるぜ。

シアン・カアン(Sian Ka'an)

まずはボートトリップ。なかなか気持ちよいが、マングローブの海なので水は微妙。こんな所じゃシュノーケルしたくない。多分、シュノーケルのスポットは別だろう。

クロコダイル

マングローブの隙間からクロコダイルがコンニチワ!
やべぇ!マジもんの野生のクロコダイルだ。この海はマジで危険だな。

シアン・カアン(Sian Ka'an)

鳥さん、こんにちわ!
この日はレンズ選びをミスっていつも付けている18-30mmの明るいレンズしか持っていかなかった。鳥とかクロコダイルとかとるなら18-135mmのレンズも持っていくべきだったと後悔したがもう遅い。

シアン・カアン生物圏保護区

鳥の巣などがビニール袋だらけになってしまっているのはなんとも悲しい。この辺は自然保護区になっているのでゴミとか捨てないはずだが、やはり、近隣のビーチリゾートなどから流れてくるのだろうか?

マングローブの森

マングローブの森をボートで進む、まるでジャングルクルーズみたいで楽しかった。

シアン・カアン生物圏保護区 イルカ

お次はイルカさん、こんにちわ!
イルカを間近で見れて嬉しいと言えば嬉しいが、マングローブの海なので水がちょっと汚い。マリちゃんは喜んでいたけれども、やっぱり俺は、キレイな海でイルカと一緒に泳いでみたいぜ。

イルカを見た後は、ウミガメを探しに外海に出る。マングローブの海を抜けて外海に出ると流石はカリブ海、ターコイズに輝く海はマジで最高にきれいだった。

シアン・カアン生物圏保護区

ウミガメさん、こんにちわ!
まるで宝石のようにキラキラと輝く美しい海からウミガメさんが顔を出してくれた。このツアー、高いだけあって盛りだくさんの内容となっている。

シアン・カアン生物圏保護区

そして最後は、この極上のビーチでシュノーケル。ビーチと言っても島は保護されているので、上陸しちゃ行けないらしい。ただ、水の深さは腰くらいだし、下は白くてサラサラの極上のパウダーサンド。もう言う事は無い。

俺が今まで行ったビーチの中でもマジで1番かもしれない。もちろん、海のよさって場所によって、珊瑚だとか熱帯魚だとか色々あるけれども、俺はビーチとしては波も無く、めちゃくちゃ美しくて透通っていて、極上のパウダーサンドのこう言うビーチが大好き。

シアン・カアン生物圏保護区

いや〜もう、マジで最高だね!
変な生物は居ないし、まさしく、天然のプール。ガイドの人は楽園みたいな場所と言っていたが、まさにその通り!100点満点だね!

シアン・カアン生物圏保護区

取り合えず、泳ぐ!
ここは、マジで最高!!!

シアン・カアン生物圏保護区

陸に戻って、ランチ。この時点で3時近いので既におなかはペッコペコ。

イグアナ

その前に、イグアナさんにもコンニチワしておくか。
マジで、ヤバいくらいいっぱい居た。

ビュッフェ

ランチはビィッフェスタイルだったので食いまくってしまった。海が近いのでシーフードが美味い!

こんな感じで、朝8時に出発して、トゥルムに戻ってきたのが大体、夕方6時前。シアン・カアンのツアーの値段は、結構高かったけれども内容的には盛りだくさんだったし、俺的には、極上のビーチで泳げたので大満足。動物好きのまりちゃんもイルカやカメ、それに鳥とか一杯見られたので大満足だった。

この後、トゥルム遺跡や、グラン・セノーテに行ってきたのだけれどもトゥルムはマジで面白い!メキシコヤバいぜ!

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2016/12/11 メキシコ 世界遺産

関連記事

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

グアテマラ東端部、イサバル県のモタグア川中流域にある古典期に繁栄したマヤ遺跡、キリグア(Qu

記事を読む

中尊寺

荒木飛呂彦氏がポスターを描いた事で有名な『中尊寺』| 平泉の世界遺産

平安時代末期、奥州藤原氏が栄えた時代の寺院や遺跡群が残っている平泉で一番の見所は「ジョジョの

記事を読む

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 Kalw

記事を読む

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

世界遺産が出来るきっかけとなった文化遺産『アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群』

1960年代、ナイル川流域にアスワン・ハイ・ダムの建設計画が持ち上がり、このダムが完成すると

記事を読む

ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群

ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群 | ロシアの世界遺産

ウラジーミルとスーズダリの白い建造物群 White Monuments of Vladim

記事を読む

アフガニスタンの世界遺産、一覧

アフガニスタンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

アフガニスタン・イスラム共和国の首都はカーブルで、公用語はパシュトー語、ダリー語。通貨はアフ

記事を読む

リビアの世界遺産、一覧

リビアの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

リビアと言えば2011年リビア内戦(アラブの春)でカダフィ政権が倒れ、無政府状態となっている

記事を読む

マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市 | モロッコの世界遺産

マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市 | モロッコの世界遺産

2016年1月8日〜9日 エッサウィラからアル・ジャジーダまでは民営バスで80dh(約

記事を読む

世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミントン国立公園とスプリングブルック国立公園

世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』| ラミントン国立公園とスプリングブルック国立公園

4月27日〜4月29日 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』の内の三カ所、『スプ

記事を読む

マチュ・ピチュ(machu picchu)

ペルーの世界遺産、一覧 全12カ所のリスト

ペルーの世界遺産と言えば何と言ってもマチュ・ピチュとナスカの地上絵!それ以外にも古代文明の遺

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PAGE TOP ↑