メキシコ国立人類学博物館 | 先古典期

メキシコ国立人類学博物館 | 先古典期

メキシコの遺跡で発掘された重要な石像や壁画が集まる『メキシコ国立人類学博物館』、そのあまりのスケールに全部見るなら2日〜3日掛かると言われている。俺たちは気合いで5時間〜6時間位掛けて回ったが、流石に全部をじっくりと見る事は出来なかった。

前回の記事
メキシコ国立人類学博物館 | 人類学入門

先古典期

先古典期は、紀元前1500年前〜後250年くらいまでの事で、後に出てくるテオティワカン文明以前にあった文明。これらの発掘物を見るとアメリカ大陸で最初に生まれた文明と言われるオルメカ文明以外にもしっかりとした文明があった事がわかる。

先古典期 メキシコ国立人類学博物館

このカメだかスッポンにしか見えない壷はアルマジロの水差しだそうだ。とても紀元前1500ごろに作られたとは思えないほどしっかりとした作りで、とても芸術的。これが3500年も前の物だとはとても信じられない。

先古典期の土器

これは魚デザインの土器。とても何千年も前の品物とは思えない、遺跡とはまさにタイムカプセルだ。

先古典期 メキシコ国立人類学博物館

これらは日本で言うところの縄文時代の品物。

先古典期の土偶

出土品の人形もなかなかインパクトがあって面白い、ケツと太ももからボンっ!って太っているのはこちらの女性の特徴なのだろうか?現代のメキシコ人女性もケツから下の太り具合が半端じゃない。また、日本の遮光器土偶 (しゃこうきどぐう)にも見られる特徴だ。

先古典期の土偶

この出土品を見るとあれっ?と思うことがある。これは日本の日本の縄文時代の土偶に似ているのではないか?俺は超古代文明の香りがする中南米の古代文明が大好きだがよくよく考えてみると日本の遮光器土偶 (しゃこうきどぐう)もなかなかヤバい形状をしている。一説によると、あれは宇宙服だったのでは無いかと言う説まである。

人類(モンゴロイド)がユーラシア大陸から陸続きだったベーリング海峡を徒歩で渡り、アメリカ大陸に渡ったのが1万4千年〜1万3千年前ごろだと言われているので、日本の縄文時代の人々と同じルーツの人々が作ったものだからこんなにも似ているのかもしれない。

先古典期の土偶

こう言う土偶を見ると宇宙人?宇宙服?それともただのデザイン?
超古代文明はあったのか?または宇宙人がやってきたのか?それとも想像の産物?
と色々考えて楽しむ事が出来る。いつの日か解明されるのだろうか?

もし、解明されるのであれば俺の生きている内に頼むぜ

先古典期 メキシコ国立人類学博物館

この頃の頭蓋骨はもう完全に人間。

先古典期 メキシコ国立人類学博物館

これは石仮面で、トルティコ文化(前1400年〜前600年)に属す。結構ブロテスクな感じの物が多く、同世代でもっとも有名な文明、オルメカ文明とはまた違ったオリジナリティがある。

生と死を表すマスク

これは生と死を表すマスクだと言われている。

先古典期 メキシコ国立人類学博物館

これは何だろうね?ヨガですか?
意味が全く分からない。

先古典期 メキシコ国立人類学博物館

現代人の俺から見ると人形のデザインはめちゃくちゃ奇抜でオシャレ。こんな著作権切れでパクり放題のキャラクターを一杯見られるなんてマジで幸せすぎる。

人類学博物館だなんて大げさだなと思っていたがこの博物館はまさに人類の歴史をテーマにした壮大な博物館だった!しかもまだ、メインの展示物のところまで辿り着いていないのに俺のテンションはめちゃくちゃ上がっている!

メキシコ人類学博物館の記事一覧

人類学入門 | メキシコ国立人類学博物館
先古典期 | メキシコ国立人類学博物館
テオティワカン文明、トルテカ文明 | メキシコ国立人類学博物館
アステカ文明 | メキシコ国立人類学博物館
マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館
オルメカ文明 | メキシコ人類学博物館
オアハカ室 | メキシコ人類学博物館

公開日: : 最終更新日:2018/02/13 メキシコ

関連記事

光線銃を持つトゥーラの巨大戦士像 | 超古代文明の謎

12月6日 快適なメキシコシティでダラダラとした日々を過ごしていたが、このまま何処にも

記事を読む

チョルーラの巨大ピラミッド

チョルーラの巨大ピラミッド

チョルーラの巨大ピラミッド 12月9日 プエブラに来たからには、せっかくなのでチ

記事を読む

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

マヤ文明 | メキシコ国立人類学博物館

小学生の頃、ミステリー本を読みあさっていた俺の一番好きな文明は何と言っても古代マヤ文明。謎に

記事を読む

カンクンからキューバへ行くはずが急遽メキシコシティに

カンクンからキューバへ行くはずが急遽メキシコシティに

11月29日〜12月3日 グアテマラのアンティグアからユカタン半島を縦断する事、約一ヶ

記事を読む

トゥルム遺跡 | カリブ海に面したマヤ終焉の地

トゥルム遺跡 | カリブ海に面したマヤ終焉の地

トゥルム遺跡 トゥルム遺跡は、1200年頃から1542年まで栄えたマヤ文明、最後の都市

記事を読む

グラン・セノーテ(Gran Cenote) | 極上の透明度に差し込む光のカーテン

グラン・セノーテ(Gran Cenote) | 極上の透明度に差し込む光のカーテン

11月28日 俺たちは泊まっていた宿で自転車を借りて、もっとも美しいセノーテのひとつと

記事を読む

メキシコの世界遺産一覧

メキシコの世界遺産、一覧 全34カ所のリスト

中南米で最も世界遺産の多い国、メキシコ。 オルメカ文明、古代マヤ文明、アステカ文明、冒

記事を読む

ソチカルコの古代遺跡地帯 | メキシコの世界遺産

ソチカルコの古代遺跡地帯 | メキシコの世界遺産

9月10日 メキシコシティ近郊にある世界遺産の中で、古代都市テオティワカンの次に楽しみ

記事を読む

古代都市テオティワカン | メキシコの世界遺産

古代都市テオティワカン | メキシコの世界遺産

2016年9月7日 雨期のメキシコで俺たちは、ずっと晴れの日が来るのを待っていた。メキ

記事を読む

ベカン遺跡(Becán)

カラクムル近郊にあるマヤ遺跡、ベカン遺跡(Becán)とバラムク遺跡(Balamku)が意外と凄かった

話は少し前後して、11月22日 俺たちは、カラクムル遺跡を目指してベリーズからメキシコ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑