ラトビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: ラトビア 世界遺産

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

ラトビア共和国は、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の一つで1991年にソビエト連邦より独立した。首都は世界遺産『リガ歴史地区』にもなっているリガで、公用語はラトビア語だがロシア語も一般に使われている。通貨は2014年からユーロとなった。物価は近隣の国よりは少し安く、治安は比較的良いと言われている。

世界文化遺産

リガ歴史地区

アールヌーボー建築物の宝庫と言われるラトビアの首都
英名:Historic Centre of Riga
1997年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

ラトビアの首都リガは「バルト海の真珠」と言われる美しい港町で、旧市街は当時の街並みや建物が多く残っており、新市街には20世紀初頭に建てられたアール・ヌーボー建築が300軒以上も残っている。この街は1200年にブレーメン司教アルベルトによって聖堂や兵舎が築かれ、後にハンザ同盟に加わり、13~15世紀にはバルト海交易の中心地として大いに繁栄した。街にはあの有名な『ブレーメンの音楽隊』の銅像が至るところで見る事が出来る。

見所は新市街に残るアール・ヌーボー建築と旧市街のハンザ同盟時代の町並みや『リガ大聖堂』、『聖ヨハネ聖堂』、『聖ペテロ教会堂』など。

リガの街はブレーメンの姉妹都市と言う事で、昔読んだ絵本、ブレーメンの音楽隊の像が沢山ある。ブレーメンの音楽隊を読んだのは、あまりにも昔の事なので、ほとんど物語の内容は、忘れてしまっているのでもう一度、読みたいと思う。

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群

世界10か国に跨る世界遺産
2005年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)(vi)

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群

世界10カ国をまたぐ珍しい世界遺産『シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群』

北極海に面する北端のハンメルフェスト(ノルウェー)から黒海に近い南端のスタラ・ネクラシウカ(ウクライナ)までの2,800kmに設置された265か所の測量点のうち10か国に跨る34か所が世界遺産に登録された。その北端と南端には測量事業の完成を祝って建てられた記念碑がある。『ノルウェー』、『スウェーデン』、『フィンランド』、『ロシア』、『エストニア』、『ラトビア』、『リトアニア』、『ベラルーシ』、『モルドバ』、『ウクライナ』に跨る。

公開日: : 最終更新日:2015/10/05 ラトビア 世界遺産

関連記事

ガンガーの降下

世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

マハーバリプラムの世界遺産、アルジュナの苦行 この巨大な岩壁彫刻は7世紀に作られ、1300

記事を読む

マカオ歴史市街地区

マカオ歴史市街地区 世界遺産、全30カ所のリスト

マカオ歴史市街地区は約400年掛けて出来た中国文化と西洋文化との融合で、町中至る所に中世の雰

記事を読む

ンバンザ=コンゴ、旧コンゴ王国の跡 | アンゴラの世界遺産

アンゴラの世界遺産『ンバンザ=コンゴ、旧コンゴ王国の跡』

アンゴラの世界遺産 2017年にポーランド・クラクフで行われた世界遺産委員会で『ンバン

記事を読む

平等院、古都京都の文化財

十円玉の建物や一万円札の鳳凰で有名な平等院 | 世界遺産『古都京都の文化財』その1

最初の二日で奈良の世界遺産『古都奈良の文化財』と『法隆寺地域の仏教建造物』をまわり京都奈良の

記事を読む

古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産

古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産

2016年12月26日〜29日 カンペチェから魔法使いのピラミッドで有名なウシュマル遺

記事を読む

ナイジェリアの世界遺産、一覧

ナイジェリアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

出典:jbdodane ナイジェリア連邦共和国の首都はアブジャで最大の都市はラゴス。公用語

記事を読む

若宮神社付近に生えていた大木

奈良の世界遺産『古都奈良の文化財』と『法隆寺地域の仏教建造物』

奈良にある世界遺産 古都奈良に登録されている世界遺産は『法隆寺地域の仏教建造物』を1件と数

記事を読む

アフガニスタンの世界遺産、一覧

アフガニスタンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

アフガニスタン・イスラム共和国の首都はカーブルで、公用語はパシュトー語、ダリー語。通貨はアフ

記事を読む

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 英名:Church of the Ascension, Kol

記事を読む

セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群

セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群 | ロシアの世界遺産

セルギエフ・ポサードはモスクワから鈍行列車で約1時間30分。モスクワからの日帰り観光も出来る

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑