バングラデシュの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

公開日: 世界遺産

バングラデシュの世界遺産、一覧

バングラデシュ人民共和国の首都はダッカで1971年にパキスタンから独立したイスラム教徒主体の国。バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」と言う意味。都市国家以外では世界で最も人口密度が高い国なので、あの人でごった返したインドよりも密集している。通貨はタカで物価は安い。

バングラディッシュと言えば一昔前のバックパッカーにはおなじみの悪名高いボロ飛行機、ビーマンバングラディッシュ航空を思い浮かべる人も多いと思う。最近、LCCに押されて見ないなと思っていたらなんと2006年に廃線となっていたらしい。懐かしき格安航空券ビーマン・バングラディッシュ、現在も運行をしているようなのでどこかの国で乗る羽目になるかもしれない。

世界文化遺産

バゲルハットのモスク都市

伝説に彩られたカーン将軍の威光
1985年、世界文化遺産に登録 / (iv)

15世紀前半にこの地を開拓した王、カン・ジャハンが造営したモスク群で50にも及ぶ建造物が、クルナ州バゲルハット県にある。そのほとんどはカン・ジャハン様式でつくられている。見所は1459年に建立されたベンガル語で「60のドームを持つモスク」を意味するシャイト・ゴンブス・モスクは、ムガル帝国期以前のモスクでバングラデシュ最大規模。

パハルプールの仏教寺院遺跡群

インド亜大陸最大の仏教寺院の遺跡
1985年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)(vi)
パハルプールの仏教寺院遺跡群

ラジシャヒ管区にある8世紀半ばから9世紀にかけて建設された仏教寺院遺跡群で、当時この地域は仏教が栄えていた。かつては177の僧院、72の台座、中座、仏舎利塔が存在し、1000人もの僧を収容することが出来る仏教寺院であったが、現在はレンガ造りの基礎と周壁のみ残っている。これらの建築様式はミャンマーのパガン遺跡インドネシアのボロブドゥル寺院遺跡群カンボジアのアンコール遺跡に多大な影響を与えたと考えられている。


インド亜大陸最大の仏教寺院の遺跡と言うだけあって東南アジア三大遺跡のルーツとも言える仏教寺院遺跡。バングラディッシュで一番行ってみたい世界遺産。

世界自然遺産

シュンドルボン

世界最大のマングローブ天然林
1997年、世界自然遺産に登録 / (ix)(x)
シュンドルボン

クルナ管区南部にまたがっているマングローブの群生地帯で、240種類以上の鳥類とシカ、ワニ、サル、ベンガルトラなどが棲息している野生の宝庫。シュンドルボンとはベンガル語で「美しい森」と言う意味。


ボートでのツアーがあるがベンガルトラに襲われる危険があるので、観光客にはライフルを持ったガードマンに付き添って貰う必要がある。なんとワイルドな冒険だ。

公開日: : 世界遺産

関連記事

法隆寺地域の仏教建造物

世界最古の木造建築、法隆寺、法起寺 | 奈良の世界遺産『法隆寺地域の仏教建造物』

古都奈良には沢山の世界遺産がある。古都奈良の文化財として登録されている『東大寺(正倉院を含む

記事を読む

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 | ルネサンス様式の街並みがそのまま残る世界遺産

テルチ歴史地区 Historic Centre of Telč 1992年、世界文化遺

記事を読む

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

パオアイにあるサン・オウガスチン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式の教会』の一つ

ホテルの朝食の絶望的な不味さに挫折して朝食はコーヒーと目玉焼きのみとなった。フィリピンの食事

記事を読む

ネパールの世界遺産、一覧

ネパールの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

ブッダ出生の地にして登山家達の聖地でもあるネパール。人々の性格は温和でインドからネパールに行

記事を読む

スロベニアの世界遺産、一覧

スロベニアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

スロベニアの世界遺産は全部で3件で、スロベニア独自の世界遺産は『シュコツィアン洞窟群』のみに

記事を読む

世界遺産

世界遺産が多い国ランキング2019年 全167ヶ国

2018年6月24日~7月4日 バーレーンのマナマで開催された第42回世界遺産委員会で登録

記事を読む

リトアニアの世界遺産

リトアニアの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

リトアニア共和国は、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の一つで最も南に位置する。

記事を読む

シエンフエゴスの歴史地区 | キューバの世界遺産

シエンフエゴスの歴史地区 | キューバの世界遺産

2017年1月16日〜17日 トリニダからシエンフエゴスまでは、宿で呼んでもらったタク

記事を読む

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

写真の文字は『働けば自由になる』と書いてあるが自由になる事は決して無かったそうだ。 俺

記事を読む

スフィンクス

エジプトの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

エジプトと言えば何と言ってもピラミッド。世界遺産条約が作られるきっかけとなった物件『アブ・シ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑