クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

公開日: ポーランド 世界遺産

クラクフ歴史地区 | ポーランドの世界遺産

クラクフ歴史地区

Historic Centre of Kraków
1978年、世界文化遺産に登録

クラクフ歴史地区

ポーランド南部、マウォポルスカ県にあるクラクフ歴史地区は、1978年に世界遺産第1号として登録されたファースト12のひとつで、17世紀初頭までポーランド王国の首都だった最も歴史ある都市の一つで、ヨーロッパで最も美しい都市のひとつも言われている。

クラクフは第二次世界大戦の時にナチスドイツの司令部が置かれた為に戦火を逃れ、旧市街には中世の頃の街並がそのまま残っている。

バルバカン(要塞)

クラクフは数週間ぶりの快晴でどんよりとしていた俺たちの心もスカッと晴れる。俺たちが求めていたのはこう言う青空だ。

バルバカン

バルバカンは15世紀に造られたドラクエに出てきそうな円形の砦で、今ではヨーロッパに数カ所しか残っていないと言う、なかでもこのクラクフにあるバルカンは現存する最大規模となっておりクラクフの見所となっている。

バルバカン

やっぱり空が晴れるだけで気分が全然違う。ポーランドに入ってからこんなに天気の調子がいいのは初めてだ。

バルバカンの夜景

バルバカンは俺たちが泊まった宿から近かった為に気軽に夜景を撮る事が出来た。旧市街を観光する時は多少高くても宿が旧市街に近い方が楽しめる。

クラクフ旧市街

バルカンからフロリアンスカ門を抜けて旧市街に入ると活気のあるオシャレな街並みの間に聖マリア教会が見えて来る。

クラクフ歴史地区

フロリアンスカ通りから見える聖マリア教会。

クラクフ旧市街

旧市街の中心地、聖マリア教会と中央広場。聖マリア教会は13世紀にゴシック様式で建設され、その一部はポーランドの国宝にもなっている。

聖マリア教会と青空に残る飛行機雲

聖マリア教会と青空に残る飛行機雲。天気がよくて気分が良いと言うのもあるがここクラクフ旧市街はオシャレで活気があって他のポーランドの街とは明らかに違う。ポーランドで何処が良かった?と聞かれたら俺は間違いなくクラクフをおすすめする。

クラクフ歴史地区の夜景

中央広場の夜景。

中央広場簿夜景

最近のポーランドは夕方5時くらいには日が暮れるので気軽に夜景を撮る事が出来る。中央広場の真ん中にある建物は織物会館で中に入るとお土産物屋さんになっている。

織物会館の中

お土産物屋さん

クラクフ歴史地区

この首が切れていてなんだか不吉な銅像はイゴール・ミトライ作の『エロス』と言う作品。どの辺にエロスを感じるのかちょっとわからないが有名な物らしく写真を撮っている人が沢山いた。もっともインパクトのある作品だから俺たちみたいに何だこれ?とただおもしろがって写真を撮っていただけかもしれないが。

クラクフ歴史地区

中央広場からヴァヴェル城を歩いて目指す。旧市街内は歩いているだけで凄く雰囲気の良い場所が沢山あるので徒歩がオススメ。

ヴァヴェル城付近

ヴァヴェル城へ向かう途中、川の向こうにバルーンが飛んでいる。カメラの望遠レンズで覗き込むと人が乗っているっぽいので俺たちも行ってみる事にした。

クラクフで乗ったバルーン

バルーンの料金はひとり42PLN(約1500円)、思ったより高くないので俺たちも乗ってみる事にした。

ヴァヴェル城

バルーンから見下ろすヴァヴェル城。

バルーンから見下ろすクラクフ歴史地区

思ったよりクラクフ旧市街は見下ろせなかったけれども高いところからクラクフを一望出来たので結構満足した。

俺たちはここに来るまでの間に沢山の旧市街を見て来たがその中でもクラクフ歴史地区は一番か二番目に素敵な場所だった。天気さえ良ければ秋のヨーロッパは最高だ。空気が澄んでいるので太陽の光がよく通り、街がキラキラと輝いて見える。

ポーランドの世界遺産、一覧

公開日: : 最終更新日:2015/10/29 ポーランド 世界遺産

関連記事

インドネシアの世界遺産

インドネシアの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

インドネシアは2001年に一度、行った事がある。初めてのバックパック旅行でタイからマレーシア

記事を読む

セーシェルの世界遺産、一覧

セーシェルの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

セーシェル共和国は、インド洋に浮かぶ115の島々からなる国家で、イギリス連邦加盟国。首都はヴ

記事を読む

コロンビアの世界遺産、一覧

コロンビアの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

コロンビア共和国の首都はボゴタで、公用語はスペイン語。現地の白人であれば英語も通じる事が多い

記事を読む

世界遺産

2017年に新しく追加された世界遺産、21件

ポーランドのクラクフで開催された2017年の世界遺産委員会で登録された新たな世界遺産、文化遺

記事を読む

13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産『サン・ジミニャーノ歴史地区』

『サン・ジミニャーノ歴史地区』13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産

サン・ジミニャーノ歴史地区 Historic Centre of San Gimignan

記事を読む

モンゴルの世界遺産一覧

モンゴルの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

モンゴル国にある世界遺産は全部で3件、あのチンギス・ハーン(チンギス・カン)がモンゴルの遊牧

記事を読む

イラクの世界遺産、一覧

イラクの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

イラク共和国は2003年にフセイン政権が崩壊して以来、混沌としており現在も内戦中でとても旅行

記事を読む

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

平泉の世界遺産『平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群』

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 英名:Hiraizumi - Te

記事を読む

アンコールワット

カンボジアの世界遺産アンコールワット

約10年前、タイからカンボジア、ベトナム、ラオスとまわるメコンの旅に出た際にカンボジアのアン

記事を読む

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

2016年1月10日 俺たちはカサブランカから遂に最後の世界遺産があるラバトへ日帰り観

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑