アメリカの世界遺産、一覧 全23カ所のリスト

公開日: アメリカ 世界遺産

アメリカにある世界遺産一覧

2015年、6月に『サン・アントニオ・ミッションズ』が新たに文化遺産として登録され23件になり世界遺産の多いい国ランキング弟10位となった世界遺産大国アメリカ。文化遺産よりも自然遺産の方が多いいと言うスケールの大きな大自然の国なので楽しみだ。物価の高い国なので出来ればカナダ、アメリカと車を買ってキャンプをしながら自由気ままに大陸縦断の旅をしてみたい。





平成21年1月から、アメリカ合衆国への入国制度が変更され、観光、ビジネスなど90日以内の短期滞在でアメリカに訪れる場合、事前に電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」の認証を受けることが必要となった。これはトランジットの場合でも必要になるのでアメリカに行く場合は気をつけたい。

世界自然遺産

イエローストーン国立公園

七色に光る池がある世界最初の国立公園
1978年、世界自然遺産に登録

アメリカ独立の後にトーマス・ジェファーソン大統領が未開の地を調査する目的で軍人達を集めルイス・クラーク探検隊を結成しインディアン以外で初めて発見された七色に光る池や水蒸気が吹き上がったりするとても神秘的な土地。俺がアメリカでもっとも行ってみたい世界遺産の1つ。

1872年に世界初の国立公園として設立されたこの公園は、約9000kmもの広さを誇り、渓谷や草原、そして、モーニング・グローリー池と呼ばれる青色をした温泉が有名である。今も地下でマグマが活発で、地表の裂け目から出たマグマが公園の中心に巨大なカルデラを作った。

詳しくは
JTBのアメリカ国立公園特集:イエローストーン国立公園

クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセク

ツンドラ地帯の森林や氷河が入り組む場所で南極、北極に次ぐ大氷河地帯
1979年、世界自然遺産に登録 1992年、1994年に拡張

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群の場所

アメリカ合衆国とカナダにある世界遺産でカナダのユーコン準州とブリティッシュ・コロンビア州、アメリカのアラスカ州にまたがっている世界遺産で1979年アラスカのランゲル=セント・エライアス国立公園、カナダのクルアニ国立公園が世界自然遺産に登録、1992年にアメリカのグレイシャー・ベイ国立公園、1994年にカナダのタッチェンシニ・アルセク州立自然公園が登録され、この4つの公園をあわせて『アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群』として1994年に世界自然遺産に登録された。

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群についての記事
アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群のひとつクルアニ国立公園 | カナダの世界遺産

グランド・キャニオン国立公園

アリゾナ州北西部に位置する広大な峡谷
1979年、世界自然遺産に登録
グランド・キャニオン国立公園
グランドキャニオンには20年近く前に一度訪れた事がある。漫画ドラゴンボールで悟空がベジータ達と戦った場所、そのままの世界で圧倒される、ドラゴンボール好きならばテンションが上がる事は間違いない。また、アメリカ合衆国の最も古い国立公園の1つで、アリゾナ州北部にある。この峡谷は、コロラド川の浸食作用によって削り出された地形で、先カンブリア時代からペルム紀までの地層を見ることが出来きる。

エヴァーグレーズ国立公園

米国内最大の亜熱帯原生地帯
1979年、世界自然遺産に登録
英名:Everglades National Park

珍種類や絶滅の危機に瀕している野生動物が多く生息しており、世界でも珍しい「生命の保護」を目的とした国立公園として、世界遺産に登録されている。全米最大の湿原地域で、マングローブが群生する浅瀬の水域の1/5にあたる約5700キロ平方メートルがユネスコの世界遺産に登録されている。平均的な水深は約30cm程度で水源はオキーチョビー湖から南フロリダ湾に向かって緩やかに流れている。カニや小魚、ワニ、鳥類などの生息地になっており1000種類以上の植物と800種類以上の動物、400種類以上の鳥類が確認されている。

主な見所は『アンヒンガトレイル』、『フラミンゴ・ビジターセンター』、『シャーク・バレー・ビジター・センター』。なおマイアミから車で約30分で行けるシャーク・バレー・ビジター・センターには巨大なワニがうろうろしているらしいので気をつけたい。動画ではワニがいる公園でカヌーに乗っているけれども、俺はこんなにワニがいる所にカヌーで行きたくない・・・

行き方
マイアミビーチ、またはマイアミからレンタカー。公共の乗り物は無いのでレンタカーかツアーに参加する事になる。

レッドウッド国立公園

カリフォルニアの雄大な自然
1980年、世界自然遺産に登録
カリフォルニアとオレゴンの州境にある雄大な大自然の公園で樹齢1000年以上、高さ100mに達するものもあるレッドウッドの巨木が立ち並ぶ、まるで『進撃の巨人』の巨大樹の森の様な所。入園は無料。ハイキングしながらエルクやハゲタカなどの野生動物に合えるかもしれない。ここのトレイルはかなり楽しみだ。また、同じカリフォルニア州にある『ヨセミテ国立公園』と合わせて行きたい。

公式サイト(英語)
http://www.nps.gov/redw/index.htm

マンモス・ケーブ国立公園

ケンタッキー州中央部にある世界でもっとも長い洞窟群
英名:Mammoth Cave National Park
1981年、世界自然遺産に登録

マンモス・ケーブ国立公園は、古生代ミシシッピ紀(前期石炭紀)の厚い石灰岩層中に形成されている世界でもっとも長い洞窟群で、異なる洞窟部分へ行く13のツアー(ツアー時間は洞窟によって30分~6時間半)がある。洞窟内部では、写真やビデオ撮影は許可されているが三脚、一脚、などの使用は禁止(危険防止の為)されている。

洞窟の長さは591キロメートル(367マイル)以上となっているが毎年、新たな通路や他洞窟との接続箇所が発見されつづけ、少しずつその長さが延びている。また、洞窟内にはケンタッキー・ケーブ・シュリンプという体色が白く、眼のないエビが生息しているが絶滅危惧種となっている。

グランドアベニュー(大通り)、フローズンナイアガラ(凍れるナイヤガラ)、ファットマンズミザリー(太っちょの関門)などの有名ポイントを巡るツアーや、洞窟ガイドと一緒にライトを持って進む冒険的なツアーなどがある。

洞窟の探検がかなり楽しみな世界遺産だ。

オリンピック国立公園

ワシントン州、オリンピック半島にある国立公園
1981年、世界自然遺産に登録

見所は温帯雨林の世界遺産ホー・レインフォレストで1時間位で簡単にまわれるトレイルがある。アメリカはトレイルの宝庫なので全部まわったら一体どの位の時間が掛かってしまうのかわからない。

グレート・スモーキー山脈国立公園

1,368 kmものハイキングコースがある世界遺産
1983年、世界自然遺産に登録

112.65 kmあるアパラチア自然歩道のを含め、公園内には1,368 kmものハイキングコースがある。流石はトレッキング大国アメリカ、スケールがでかい。

ヨセミテ国立公園

ロッククライマー憧れの地、ヨセミテ国立公園
1984年、世界自然遺産に登録
ヨセミテ国立公園
新しいMac OSの名前にも使われているヨセミテ。ロッククライマー憧れの地で自分の大好きな山岳冒険家の山野井泰史さんも若かりし頃に日本屈指のフリークライマー、平山ユージさんと入り浸ったと言う国立公園。カリフォルニア州にあるので『レッドウッド国立公園』と合わせて行ってみたい。

ハワイ火山国立公園

ハワイ島、南に広がる火山地帯を中心とした国立公園
1987年、世界自然遺産に登録

世界一活発な火山活動が、最も安全に観察できる場所と言われるハワイ火山国立公園。火の女神ペレが住むと言われているキラウェア火山は1924年に火山礫で1人のカメラマンの方が死亡して以来、噴火による死者は出ていない安全に火山を見られる場所として有名。オーロラ爆発を見た今となってはもっとも見たい自然現象、火山の噴火が見られる貴重な場所なのでかなり楽しみだ。

オーロラ爆発を見た際の記事
オーロラ爆発(写真あり) | オーロラ撮影2日目

ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園

国境を跨いだ世界唯一の国際公園
1995年、世界自然遺産に登録

アメリカのグレイシャー国立公園とカナダアルバータ州にあるウォータートン・レイク国立公園は、国境を跨いだ世界唯一の国際公園でグレイシャー・ベイ国立公園は世界遺産『アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群』にも含まれる。

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群についての記事
アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群のひとつクルアニ国立公園 | カナダの世界遺産

カールズバッド洞窟群国立公園

全米最深の洞窟レチュギア・ケイブがある国立公園
1995年、世界自然遺産に登録

ニューメキシコ州エディ郡にあるカールズバッド洞窟は世界有数の大きさの地下室と無数の二次生成物を持ち、自由に天然の入口から入り内部の部屋をハイキングする事が出来る。また、パーク・レンジャーが案内する様々なツアーを利用することも出来る。

世界文化遺産

メサ・ヴェルデ国立公園

コロラド州にある古代文化が残した岩窟住宅の跡
1978年、世界文化遺産に登録

コロラド州、ニューメキシコ州、アリゾナ州、ユタ州の四つの州境、フォー・コーナーズに位置する国立公園で、先プエブロ文化(ナバホの名でアナサジ)を担った部族が西暦600~1,300年頃に断崖をくりぬいてこの集落群を作ったと考えられている。また、南西部のネイティブアメリカンの24の部族は、古くはこのメサヴェルデに属していたと言われている。

詳しくは
http://www.discoveramerica.jp/usa/experiences/c/colorado/mesa-verde-national-park.aspx

独立記念館

ペンシルベニア州、フィラデルフィアにあるアメリカ独立宣言が行われた建物
1979年、世界文化遺産に登録
1749年、ペンシルベニア州の議事堂として建設され1776年7月4日にイギリス植民地下にあった13州の代表者がこの建物に集り、トーマス・ジェファーソンが起草したアメリカ独立宣言が署名された。以来、独立記念館と呼ばれるようになった。
また、この場所で1787年にアメリカ合衆国憲法が制定された。

カホキア墳丘群州立史跡

イリノイ州、セントルイス郊外にあるアメリカ先住民の集落遺跡
1982年、世界文化遺産に登録
ミシシッピ川が氾濫した時に、偶然発見されたアメリカ先住民の集落遺跡で、先史時代に築かれたものでは最大とされるモンクス・マウンドは、2段の階段状で長さ304m、幅213m、高さ30mの大きさ。底面積の大きさだけならエジプトのピラミッドやテオティワカンの「太陽のピラミッド」を上回る。

プエルト・リコのラ・フォルタレサとサン・ファン国定史跡

サン・フアン市街地を防衛するための要塞ラ・フォルタレサ
1983年、世界文化遺産に登録
1508年にスペイン人、フアン・ポンセ・デ・レオンが入植し「豊かな港」を意味する「プエルト・リコ」と呼んだ。聖ヨハネにちなんだサン・フアン市は1521年に建設。主な建造物は『サンフアン国定史跡』、『サン・フェリペ・デル・モッロ砦』、『サン・クリストバール砦』、『サンタ・カタリナ宮殿』、『アユンタミエント』、『サン・ホセ教会』、『カサ・ブランカ』、『テアトロ・タピア』、『バジャハ博物館』、『ラ・プリンセサ牢獄』、『サンタ・マリア・マドガレーナ・デ・パシス』、『サン・フアン大聖堂』。

自由の女神像

ニューヨーク港内、リバティ島にあるアメリカのシンボル
Statue of Liberty
1984年、世界文化遺産に登録

アメリカのシンボルとして有名な自由の女神像の正式名称は『世界を照らす自由 (Liberty Enlightening the World) 』でアメリカ合衆国の独立100周年を記念して、独立運動を支援したフランス人の募金によって贈呈され1886年に完成した。ニューヨーク港入り口のリバティ島に建っている。発案者は、フランスの法学者、政治家であるエドゥアール・ラブライエで、自由と民主主義を尊ぶ国家を作り上げようという思いが込められた。彫刻の制作は、フレデリック・バルトルディで、当時の技術では風の強い沿岸に大きな像を建てるのは難しいとされていたが、この難題をエッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェルが解決し、19世紀における鉄鋼技術の最高峰の作品となった。

像の頭の部分までの高さ33.86メートル(111.1フィート)、台座からトーチ(たいまつ)までの高さ46.05メートル(151.1フィート)、台座の高さは47メートル(153フィート)、台座部分も含めると93メートル(305.1フィート)、総重量は225トン。女神像の頭部にある王冠の突起は、7つの大陸と7つの海に広がる自由を表現し、左手には、1776年7月4日の独立宣言書を抱え、右手には希望を意味するたいまつを掲げている。踏みつけている鎖は、奴隷制の象徴で、自由の国、アメリカのシンボルとして今でも国民愛され続けている。ある意味、世界一有名な像のうちの一つだ。





チャコ文化

アメリカ南西部地方で最もプエブロ文化の遺跡が濃密に集中している地域
1987年、世界文化遺産に登録
ニューメキシコ州北西、アルバカーキとファーミングトンの間にある険しい渓谷にチャコ国立歴史公園はある。紀元後900年〜1150年にかけてプエブロ文化の中心地チャコ・キャニオンの人々は15か所の遺跡を築いた。主な遺跡は『プエブロ・ボニート』、『プエブロ・デル・アロヨ』、『シェトロ・ケートル』、『キン・クレッツオ』、『プエブロ・アルト』、『ツィン・クレツィン』、『ヌエボ・アルト』、『カサ・チキータ』、『ペニャスコ・ブランコ』、『フンゴ・パヴィ』、『キン・ナハスバス』、『ウナ・ヴィーダ』。

また、アルバカーキと言えば俺の大好きなアメリカのドラマ『ブレイキング・バッド』舞台なので楽しみだ。ドラマのロケは主にニューメキシコ州アルバカーキで行われたそうだ。このドラマを見ればニューメキシコ州アルバカーキがどのようなところか想像がつく、かなり長いけど。

シャーロッツビルのモンティセロとバージニア大学

優れた建築家でもあったアメリカ独立宣言書の起草者トマス・ジェファソンが建てた建築物
1987年、世界文化遺産に登録
優れた建築家でもあったアメリカ独立宣言書の起草者で、第3代アメリカ合衆国大統領のトマス・ジェファソンが故郷であるバージニア州シャーロッツビルに建てた自邸モンティセロとバージニア大学が画期的で美しい建築物として世界遺産に登録された。

タオス・プエブロ

ネイティブアメリカン、プエブロ部族の古代の集落跡
1992年、世界文化遺産に登録

ニューメキシコ州にある1000年以上定住された、ネイティブアメリカン、プエブロ部族の古代の集落タオス・プエブロ(Taos Pueblo)、またはプエブロ・デ・タオス(Pueblo de Taos)の赤褐色のアドビ煉瓦の団地跡。北部ティワ語でタオスは、「我々の村」と言う意味。

ポヴァティ・ポイントの記念碑的土塁群

ルイジアナ州にあるアメリカ先住民の遺跡
2014年、世界文化遺産に登録
八角形土塁で紀元前1500年〜前700年にかけて狩猟採集民族が居住や祭礼の場として使用していたと考えられている。2014年6月に世界遺産登録されたばかりでまだ、あまり日本語の情報が見当たらない。

サン・アントニオ・ミッションズ

San Antonio Missions
2015年、世界文化遺産に登録
18世紀にフランシスコ会によってアメリカ先住民にキリスト教を広めるために築かれたキリスト教伝道所群でテキサス州、サン・アントニオ川流域にある5件の伝道所跡(開拓時代のミッション施設)と1件の関連遺跡が世界遺産として登録された。構成資産は建築物・考古遺跡・農場・住居・教会・穀物倉・水利システムなどで構成されている。

スペイン人のカトリック文化と先住民の文化(コアウィルテカ文化)の融合した教会などが見られる。これらの施設は19世紀に閉鎖されるまで使われていた。4つの砦『コンセプシオン伝道所 (Mission Concepción)、サン・ホセ伝道所 (Mission San José)、サン・フアン伝道所 (Mission San Juan)、エスパーダ伝道所 (Mission Espada)』を巡るのはハイキングやサイクリングでも可能(13km)または、ビバカルチャーバス (VIVA Culture bus) の路線を利用する事も可能。中でもミッション コンセプチオンの教会はもっとも保存状態がよく、もっとも美しいと言われている。毎日開催されている無料のガイドツアーで、スペイン植民地時代の生活について学ぶ事も出来る。また、サン・フアン伝道所の真東にあるエスパーダ水道橋 (The Espada Aqueduct) も国立公園に含まれる。

複合遺産

パパハナウモクアケア

ハワイ諸島の北西約250kmに分布する全長約1900kmにもおよぶ世界最大級の海洋保護区
2010年、世界複合遺産に登録
パパハナウモクアケアは、1900キロ以上もある世界最大の広さの海洋保護区の一つで、母なる神パパハナウモクと父なる神ワケアを組み合わせたハワイ語の造語と言われている。ちなみに日本列島は端から端までで約3000キロメートル。また、アオウミガメの産卵地でもある。残念ながら関係者以外の立ち入りが厳しく規制されていているので一般人が行く事は出来ない。

ニホアとマクマナマナの二つの島には、考古学的にとても重要な西洋化以前の定住跡が残っている。ハワイの先住民たちは、この一帯を生命発祥の地で、死後に魂が帰る場所としていた。

公開日: : 最終更新日:2017/11/08 アメリカ 世界遺産

関連記事

レソト王国の世界遺産『マロティ‐ドラケンスバーグ公園』

レソトの世界遺産 レソト王国にある世界遺産は、2013年に複合遺産として登録された『マロテ

記事を読む

平等院、古都京都の文化財

十円玉の建物や一万円札の鳳凰で有名な平等院 | 世界遺産『古都京都の文化財』その1

最初の二日で奈良の世界遺産『古都奈良の文化財』と『法隆寺地域の仏教建造物』をまわり京都奈良の

記事を読む

夜のオペラハウス

オーストラリアの世界遺産、一覧 全19カ所のリスト

オーストラリアの世界遺産は本当に凄い!そのほとんどが自然遺産か複合遺産で俺好みの世界遺産が沢

記事を読む

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

7月28日(火) この日はビガンから世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

記事を読む

オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 | メキシコの世界遺産

オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 | メキシコの世界遺産

12月12日 俺たちは、オアハカから行けるもうひとつの世界遺産『オアハカ中部渓谷ヤグル

記事を読む

チュニジアの世界遺産、一覧

チュニジアの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

チュニジア共和国は北アフリカ、アルジェリアとリビアの間にあり、地中海を挟んでイタリアの南に位

記事を読む

ベネズエラの世界遺産、一覧

ベネズエラの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ベネズエラ・ボリバル共和国の首都は世界遺産にもなっているカラカスで、公用語はスペイン語、宗教

記事を読む

2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』の衝撃的な結末

2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』の衝撃的な結末

レンゴン渓谷の考古遺産は2012年に登録されたばかりの新しい世界遺産で、"マレーシア政府観光

記事を読む

マルタの世界遺産、一覧

マルタの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

マルタ共和国は、地中海に位置する小さな島国で、首都は世界遺産にもなっているバレッタ、 公用

記事を読む

スペインの世界遺産、一覧

スペインの世界遺産、一覧 全45カ所のリスト

スペインは2016年、世界遺産の多いい国ランキング弟3位の世界遺産大国で圧倒的な数の文化遺産

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑