リトミシュル城 | チェコの世界遺産

公開日: チェコ 世界遺産

リトミシュル城 | チェコの世界遺産

11月10日

オーストリアからチェコのブルノに戻った俺たちはブルノを起点に3つの世界遺産『リトミシュル城』、『ゼレナー・ホラのネポムークの聖ヨハネ巡礼教会』、『ブルノのツゲンドハット邸』を目指す事にした。

チェコマップ

リトミシュル城

英名:Litomysl Castle (Litomyšl Castle)
1999年、世界文化遺産に登録

リトミシュル城

リトミシュルは10世紀〜11世紀にかけてできた町で、1568年から14年掛けて建設されたルネサンス様式のリトミシュル城とロマンティックな庭園があり、壁面を装飾する8000点ものズグラッフィート画の図柄はすべて異なる。また、映画『アマデウス』の撮影に使われたシャンデリアがあり、チェコの作曲家スメタナ生誕地としても知られている。

リトミシュルへのアクセスはブルノ駅、南側のバスターミナルの19番からバスで約2時間、料金はひとり90コルナ。日帰りだと往復で約4時間のバス旅となる。

リトミシュル城

このお城の何が素晴らしいって女神や草花など約8千の異なる絵柄で壁一面に装飾されたズグラッフィート画。

リトミシュル城

絵柄を見ているだけでも面白く、なんとも可愛らしいお城だった。おなじお城の世界遺産でもポーランドにある無骨な騎士のお城『マルボルクのドイツ騎士団の城』とは全く違った雰囲気で面白かった。

リトミシュル城

最近は厳ついのばかり見ていたから、かわいい絵柄にほっこりとする。

リトミシュル城

このネッサンス調のズグラッフィート画で埋め尽くされている外装はほぼ当時のままだそうだ。

リトミシュル城

やっぱり世界遺産はドーンと一件、これが世界遺産だ!と言う建物の方がわかりやすくて好きだ。城の中には18世紀のバロック劇場が当時のまま残されているそうだがオフシーズンのため、当然なかには入れなかった。でも、この外壁が見られただけで十分に満足。

リトミシュル

リトミシュル城の柵もオシャレ。

リトミシュル城

お城のすぐ横にそびえる立派な教会。

リトミシュル

お城のすぐ脇にある色彩豊かな町人住宅の町並みも素敵だった。

リトミシュル

ちょっと天気があれだったけれどもルネッサンス風の旧市街もなかなか立派でポーランドのザモシチ旧市街を思い出す。

リトミシュル城

いちいちオシャレな壁。

リトミシュル城

旧市街にあった壁に絵が描かれているこの建物も素敵だった。

天気はあまりよくなかったけれども気温はそんなに低くなく、過ごしやすい一日だった。たまにはこう言うかわいらしいお城もいいものだ。

チェコの世界遺産、一覧

公開日: : 最終更新日:2015/11/20 チェコ 世界遺産

関連記事

リガ歴史地区 | ラトビアの世界遺産

ラトビアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ラトビア共和国は、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)の一つで1991年にソビエト

記事を読む

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

2016年1月4日〜6日 世界遺産『アイット-ベン-ハドゥの集落』の見学を終えた足でワ

記事を読む

カザフスタンの世界遺産、一覧

カザフスタンの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

カザフスタン共和国の首都はアスタナで、最大都市はアルマトイ。公用語はカザフ語とロシア語だがロ

記事を読む

ヨルダンの世界遺産、一覧

ヨルダンの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

ヨルダン・ハシェミット王国の世界遺産は全部で4件、中でもペトラ遺跡は西アジア三大遺跡のひとつ

記事を読む

スペインの世界遺産、一覧

スペインの世界遺産、一覧 全45カ所のリスト

スペインは2016年、世界遺産の多いい国ランキング弟3位の世界遺産大国で圧倒的な数の文化遺産

記事を読む

アメリカにある世界遺産一覧

アメリカの世界遺産、一覧 全23カ所のリスト

2015年、6月に『サン・アントニオ・ミッションズ』が新たに文化遺産として登録され23件にな

記事を読む

クリシュナのバターボール

クリシュナのバターボール | マハーバリプラムの世界遺産

クリシュナのバターボールは、インド南部タミル・ナードゥ州カーンチプラム県にある世界遺産で、一

記事を読む

カレル橋

チェコの世界遺産、一覧 全12カ所のリスト

チェコ共和国には千年の歴史を誇る世界遺産『プラハ歴史地区』をはじめとする12カ所の世界遺産が

記事を読む

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区) | リトアニアの世界遺産

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区) | リトアニアの世界遺産

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区) Kernavė Archaeological

記事を読む

アンコールワット

カンボジアの世界遺産アンコールワット

約10年前、タイからカンボジア、ベトナム、ラオスとまわるメコンの旅に出た際にカンボジアのアン

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑