インドネシアのバタムアイランドへ | Young Age Vol.23

マーライオン

写真は2016年に撮影したセントーサ島にある最大サイズのマーライオン

2001年
まだ、マリーナベイサンズも無く、シンガポール植物園がまだ、世界遺産に登録されていない時代。
マーライオンは、旅人の間でしょぼしょぼのガッカリ名所と言われていた。

2016年
シンガポール政府がマーライオンをしょぼいと気にしていたかどうかはわからないが、ジョジョの聖地として有名なセントーサ島に巨大なマーライオンが建っていた。

世界遺産ハンター Young Age の記事一覧

インドネシアのバタムアイランドへ

2001年7月18日

俺は世界が見てみたくて旅をしている。
そこに大した理由は無い。
今は南の島を巡る為にバリを目指して旅をしている。
その為に今ここにいる。

自分を取り戻した俺は、物価の高いシンガポールに連泊せずにビンタン島に向かうことにした。
宿をチェックアウトするときにビンタン島への行き方を聞くと

あの島はリゾート地だから高いよ
バタム島からもジャカルタへの船は出ている。
そっちの方が物価が安いからオススメだ。

どうやら安宿に泊まるような旅人はバタムアイランドへ行くらしい。
かなり行き当たりばったりだがインターネットが普及する以前の旅は、現地で情報収集するのが当たり前だった。

俺がチェックアウトをする時に入ってきた白人のおっさんが話しかけて来た。
何処から来たんだ?

クアラルンプールから来たんだ

じゃ、オススメの宿を教えてくれないか?

大してクアラルンプールに詳しいわけでもないがここの宿がよかったぜ
なんて知ったかぶりしながらマーシーと泊っていた宿を紹介した。

ついでに手持ちのマレーシアリンギットをシンガポールドルに両替してもらった。

インターネットが普及する以前の旅ではこんなやりとりが日常茶飯事だった。
そんな日常に憧れていた。

ふふふ
俺も旅なれてきたぜ

と、内心ほくそ笑んでもそんなそぶりは決して見せない
あくまでもCOOLにそつ無くこなす。

まだ、体調は回復していなかったが動けない事はない。
俺はバスに乗って港へと向かった。

バスの車窓からチラリとマーライオンが見えた。
体調不良もあり、シンガポールでは一切、観光していなかった。
バスからシンガポールで唯一知っている建造物が見られたのはせめてもの救いだった。

当時、シンガポールは物価の高さから別名バックパッカー殺しの街と呼ばれており、スルーする人が多かった。
俺もその一人だ。

それにしてもマーライオンはガキの頃に見たマーライオンと随分と印象が違う。
シンガポールには小学生の頃に、一度、来た事がある。
生まれて初めての海外旅行だった。

当時は自分の体も小さかったせいかマーライオンが随分と立派に見えたもんだ。
あらためて見るとなんか小さいな。

そんな事を考えているうちに港に着いた。

フェリーのチケットを買った。
イミグレーションを済ませ、フェリーに乗るとなんとバタムアイランドまではたったの45分。

ずいぶんと近いが今度は船での国境越えだ。

経験値が上がる。
テンションが上がる。

期待に胸を膨らませ、
いざ、インドネシアへ!

その時、俺はバタムアイランドがどんな場所なのか全く知らなかったんだ。

世界遺産ハンター Young Age の記事一覧

あとがき

バックパッカー殺しの街
クソ中2くせー名称だが、当時、俺が読んでいたバックパッカーとはみたいな本に書いてあったんだよね
俺もバカだからバックパッカー殺しの街は素早く抜けなきゃいけない!みたいなこと本気で思っちゃってさ

まぁ男は永遠の中2だから『バックパッカー殺しの街』って名称も今考えると悪く無いよね
本当は、ただ物価がちょっと高いだけなのに『バックパッカー殺しの街』なんて言われるとそれっぽい雰囲気出るじゃん。

マーライオンもバックパッカーの間ではガッカリ名所なんて言われてるとか書いてあるからショベーな
なんて当時の日記には書いてあるけれども改めて2016年に見たときにはそんなにショボくなかった。
かと言って凄いと思うような物でも無いけれども。

2001年にクアラルンプールに行った時は、すげー先進的な街で面白いって思ったけれども
2012年にクアラルンプールに行った時は、ただの海外の都市って感じで面白みに欠けた。

結局、人の感じ方なんていい加減なもので、その時の感情や一緒にいた人などによって全然変わっちゃうんだよね。

インターネットがまだ普及していない時代
当時は、安宿ですれ違う旅人どうしで安宿の情報とか交換していたんだよね。

どっから来たの?
どこ泊まっていたの?

また、シンガポールから船でジャカルタに行く方法だって地球の歩き方を隈なく見てもわからないし、そんなルートがあるのかどうかすらわからない。
情報だってわざわざクアラルンプールの紀伊国屋で立ち読みして調べたりしていた。
でも、なんとなく行けることだけわかっても、詳しくはわからないからシンガポールまで直接行って、宿屋の親父に聞いてみるなんて方法をとる。

なんていうか、昔の旅は今よりもドラクエ感が強かった。
ある意味、不便さが面白みでもあった。

今は違う、大抵のことはインターネットで調べられるし
宿なんてブッキングドットコムで予約して終わり。

すごく便利になった反面、旅の醍醐味が一つ失われた。
かと言って昔の方がよかったなんてこれっぽちも思わない。

GoogleMapもブッキングドットコムも最高さ
一度、使ったらもう、それがない時代の方が良かったなんて思うわけがない。

昔は良かった。
なんて、つまんねージジイの戯れ言は言わないぜ!

公開日: : 最終更新日:2018/11/16 インドネシア シンガポール ヤングエイジ

関連記事

ペナン島のウォールアート

マレーシアの首都クアラルンプールへ | Young Age Vol.16

ペナン島での日々 2001年7月11日 マレーシアに入国したはいいが、特に興味の

記事を読む

ジャランジャクサ

ジョグジャカルタを目指して | Young Age Vol.31

2001年7月24日 ジャカルタは快適な街だった。 物価は安いし、久しぶりに旅が楽し

記事を読む

ヤングエイジ

楽園の旅、最終章 | Young Age Vol.14

時は戻り、2008年から2001年へ 世界遺産ハンターヤングエイジ再開 2001

記事を読む

バリ島、クタ(デンパサール)

バリ島、クタ(デンパサール) | Young Age Vol.36

バリ島、それは旅に出る前の俺が思い描いた南の島of南の島 ハイビスカスが咲き乱れ、美しい海

記事を読む

船旅

いざ、船旅へ | Young Age Vol.27

いざ、船旅へ 2001年7月22日 朝7:30 眠たい目を擦り、出発の準備を整

記事を読む

ジャランジャクサ

プランバナン寺院群(インドネシアの世界遺産)| Young Age Vol.33

2001年7月25日 早朝、ジョグジャカルタに着いた俺は、人力車に乗ってウィスマカジャ

記事を読む

逃げ出した先の楽園

逃げ出した先の楽園 | Young Age Vol.07

1998年 ベルセルク16巻でガッツは言いました。 逃げ出した先に 楽園なんてあり

記事を読む

旅のイベント | Young Age Vol.03

旅のイベント | Young Age Vol.03

2001年6月22日 9.11が起きるほんの数ヶ月前 日本では第1次小泉内閣が発

記事を読む

バリ島『ウブド』

バリ島「ウブド」| Young Age Vol.37

2001年8月 毎日、毎日、絡まれるクタに嫌気がさした。 俺たちは癒しの楽園と言われ

記事を読む

船の上

STAR LIGHT on the SHIP | Young Age Vol.28

船の上から眺める星空 2001年7月22日 いつだかピースボートで世界一周の旅に

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑