屋根のない博物館『フィレンツェ歴史地区』| イタリアの世界遺産

公開日: イタリア 世界遺産

屋根のない博物館『フィレンツェ歴史地区』| イタリアの世界遺産

12月5日〜12月10日まで滞在

俺たちは水の都ヴェネツィアから電車に乗って約2時間、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅(フィレンツェSMN)にやってきた。料金はItaloでひとり39ユーロ、後から知ったのだが前もってネット上で予約しておくと最大で半額くらいになる。

Italoのウェブサイトから予約する事が出来る。
http://www.italotreno.it/

フィレンツェ歴史地区

Historic Centre of Florence
1982年、世界文化遺産に登録

フィレンツェ歴史地区

フィレンツェは屋根のない博物館とも言われるほど素敵な街で、歴史的な町並みが残っている。中でも『サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂』は最高で、今まで見たどの教会よりも凄かった。

主な建造物は『サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂』、『ヴェッキオ宮殿』、『ウフィツィ美術館』、『ピッティ宮殿』、『ボーボリ庭園』、『サンタ・マリア・ノヴェッラ教会』、『サンタ・クローチェ聖堂』。15世紀にはルネサンスの文化的な中心地となり、なかでも13世紀から16世紀にかけての歴史的建造物はフィレンツェ歴史地区として大切に保存されている。

ちなみにフィレンツェ(Firenze)はイタリア語で、英語だとフローレンス(Florence)、知らないとGoogle Mapなどで紛らわしい思いをする事になる。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅のすぐ近くにある教会で14世紀後半に完成したゴシック様式の聖堂で初期ルネサンス様式で描かれたフレスコ画が有名。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

また、この教会はレオナルド・ダ・ビンチが3年間暮らしモナリザの製作を行った場所として有名。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

次に向かったのはフィレンツェ最大の見所、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。イタリアのゴシック建築、初期ルネサンス建築を代表する建物でフィレンツェのシンボルになっている。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

1296年から140年以上も掛けて建設された。石積み建築のドームとしては今でも世界最大を誇る。この建物は初めて見た瞬間から凄くて、デカい!美しい!装飾が凄い!など色々と凄すぎて圧倒される事、間違い無し。俺が今まで見た教会の中でダントツで一番凄かった。

プラハ城にある『聖ヴィート大聖堂』が今までの一番だったけれどもこのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂はそれ以上の衝撃だった。

入場料はひとり15ユーロと少しお高いがドォオモにも鐘楼にも登る事が出来るので内覧する価値はある。俺たちはお値段以上の満足感を得る事が出来た。ただし、休日の場合はディズニーランド級に並ぶ事になるので平日に行くことをおすすめする。

ドォウモ

特にドゥオモが有名で映画『冷静と情熱のあいだ』の舞台にもなった。相当むかしに見た映画だから、内容はほぼ覚えていないけれども確かこのドゥオモで再会の約束をしていた気がする。

フィレンツェのアップルストア

途中に通りかかったアップルストア

フィレンツェのアップルストア

はんぱじゃねぇ・・・
何だかすげー門にくっついている。

ヴェッキオ宮殿

14世紀はじめに建築され、メディチ家もピッティ宮殿へ移るまでここに住んでいた。

ヴェッキオ宮殿

宮殿前のシニョリーア広場にミケランジェロのダビデ像が置かれていたが、現在はレプリカが置かれている。

ダビデ像のレプリカ

ダビデ像のレプリカ

ウフィツィ美術館

ヨーロッパ最古の近代式美術館で元々はメディチ家の収集した美術品を保管する場所だった。

ウフィツィ美術館

あの有名なサンドロ・ボッティチェッリの作の『ヴィーナスの誕生』が飾られている。

ヴィーナスの誕生

この絵、昔からイラストレーターとか使っていた人ならすぐにピンとくるよね、あれです、あれ。
実物を見たかったけれども結構なお金が掛かるし、美術館に行くと一日潰れてしまうので泣く泣くパス。

俺たちが行った時は何かのイベントだったのか分からないが映画などで使われたクラシックカーや100年以上も前のハーレー・ダビッドソンなどが外に展示されていた。おかげで入場しなくてもとても楽しめた。

映画『イージーライダー』で使われたバイク

映画『イージーライダー』で使われたバイク(もしかしたらレプリカかもしれない、詳細はイタリア語が読めないので分からなかった。)

サンタ・クローチェ聖堂

建築家アルノルフォ・ディ・カンビオの設計で14世紀後半に完成したゴシック様式の聖堂で、ミケランジェロやガリレオなどの著名なイタリア人のお墓が多数ある。

サンタ・クローチェ聖堂

え!?まだ、こんな凄い教会あるの???
フィレンツェ凄すぎ・・・
もう教会はお腹いっぱいですと言う感じだった。

フィレンツェ歴史地区

ピッティ宮殿へ向かう途中にあった夕暮れの川がとても美しかった。

ピッティ宮殿

ルカ・ピッティがブルネレスキに依頼して建築したこの宮殿は16世紀半ばにメディチ家が購入し、約400年に渡りメディチ家が収集した膨大な数の絵画や宝飾品のコレクションある。

ピッティ宮殿

現在は美術館となっているが入場はひとり7ユーロ。こう言うの払っていたら破産してしまうので外から見るだけにしておいた。

フィレンツェで記念撮影

そして最後に記念撮影、パシャリ。
世界遺産『フィレンツェ歴史地区』ハント完了。

フィレンツェは今まで行った都市の中では1番素晴らしい場所だった。ヴェネツィアも相当ヤバかったし、イタリアは世界一の世界遺産大国だけあって本当に凄い。今までまわったヨーロッパの国の中では一番すごい国だと思う。

フィレンツェで泊まった安宿

クアドラ キー レジデンス(Quadra Key Residence)

一泊40ユーロ前後で泊まれるのでやや安い。スタッフの人がとても親切だったのでオススメ。
ただ、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅までけっこう遠いのでバスに乗る必要あり。アクセスは22番のバスが便利でフィレンツェ駅からは30番、35番のバスでも帰ってこれる。

イタリアの世界遺産、一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : 最終更新日:2017/08/05 イタリア 世界遺産

関連記事

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

12月8日〜9日 俺たちは、メキシコシティから日帰りで行く事も出来る世界遺産『プエブラ

記事を読む

エルミタージュ美術館 | 世界遺産『サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群』

エルミタージュ美術館 | 世界遺産『サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群』

ロシアでもっとも行きたかった場所の1つがエルミタージュ美術館で、俺の大好きな漫画『ギャラリー

記事を読む

醍醐寺 世界遺産

醍醐寺(だいごじ)| 世界遺産『古都京都の文化財』その3

宇治市にある平等院と宇治上神社を見た後に醍醐寺へやってきた。京都では初日の内に京都駅から離れ

記事を読む

東大寺、奈良の大仏

奈良の大仏で有名な東大寺(とうだいじ)| 世界遺産『古都奈良の文化財』その3

元興寺を後にして東大寺を目指すのだが歩くには少し遠いいし何より時間が惜しい。元興寺のすぐ近く

記事を読む

国立西洋美術館 | 世界遺産『ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-』

国立西洋美術館 | 世界遺産『ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-』

2016年8月16日 時はさかのぼり、前回、一時帰国した際の事だ。ちょうど富岡製糸場に

記事を読む

チェスキー・クルムロフ歴史地区 | チェコの世界遺産

チェスキー・クルムロフ歴史地区 | チェコの世界遺産

11月16日 俺たちはチェコでもっとも有名な観光地のひとつ世界遺産『チェスキー・クルム

記事を読む

まるでSF映画!想像を遥かに超えたサグラダ・ファミリア

アントニ・ガウディの作品群 | スペインの世界遺産

漫画『ギャラリーフェイク』にアントニ・ガウディ(1852年 – 1926年)の話があって、バ

記事を読む

ローマの夜景

イタリアの物価と治安 | 14泊15日の総費用は約14万3千円(内飛行機代が1万5千円)

2015年12月1日〜12月15日 ドイツでのあまりの寒さから逃げるように俺たちはヴェ

記事を読む

春日大社(かすがたいしゃ)| 世界遺産『古都奈良の文化財』

春日大社(かすがたいしゃ)| 世界遺産『古都奈良の文化財』その4

東大寺が思ったよりも広く時間が掛かってしまった為に春日大社に向かった頃には既に夕方だった。夕

記事を読む

バングラデシュの世界遺産、一覧

バングラデシュの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

バングラデシュ人民共和国の首都はダッカで1971年にパキスタンから独立したイスラム教徒主体の

記事を読む

トラックバック用URL

Comment

  1. Honey より:

    It’s great to read something that’s both enjoyable and provides prgaamtisdc solutions.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑