日本にいると価値観が洗脳されていく

公開日: 旅のコラム

日本にいるとクソみたいな価値観に洗脳されていく

これは、長旅から帰国した直後に感じた事なんだけど、
「日本にいると、自分の価値観がおかしくなる」って思ったんだ。

毎日、毎日、物凄い量の情報が、シャワーのように浴びせられる。
TVからは、ひたすら物を買え!金持ち素晴らしい!悪い奴をぶっ叩け!
恋愛、仕事、勉強、健康、お金、とコンプレックスを刺激する。
人と違うことをするな、普通が一番。知らず知らずに受け取るメッセージ。

電車に乗ればクソみたいなゴシップ記事にダイエットの広告、英語に転職と、情報の波が押し寄せる。毎日、毎日、そんなものに囲まれていたら、知らないうちに誰かに都合の良い価値観を勝手に刷り込まれてしまう。

キャッチーなコピーで人の心を煽りたてる。
物欲やコンプレックスを刺激する。

旅をしているときは、物欲なんてほとんどなかったのに、デパートや電気屋さんに行くと急に欲しいものだらけになってしまう。あれも欲しい、これも欲しい、あれ?本当にそんな物が欲しかったっけ?

物を買って得られる満足感なんてほとんどは一瞬。
そのお金を作るために人生を削る。

なんか馬鹿らしく無い?

東京にいるとお金を使う事が最高の幸せだと勘違いさせられそうになる。
そんな物、目の前になければ欲しいとも思わないはずなのに。

最近は、TVも全く見ないし、電車もあまり乗らないので平気だが、日本の洗脳はマジでやばい。
知らないうちに、色々な価値観を勝手に植えつけられている。

もちろん、海外はそんな事が無いとか言いたい訳じゃ無い。でも、海外にいると大抵の言語は理解できないし、日本語以外で唯一、理解できる英語にしたって広告が勝手に脳に染み込んでくるほど達者な訳じゃ無い。だから旅をしていた時は、思考がめちゃくちゃシンプルだったんだ。

しかし、日本語は別だ。情報がダイレクトに脳にやってくる。久しぶりに日本に帰ってきたとき、あまりにも情報が多すぎて気持ち悪さを感じたくらいだ。これは、ずっと日本にいると当たり前すぎて全然気にならない。

ネットを見ていても言論統制でもされているんじゃ無いか?って言うくらいに一方的な意見が目立つ。まるでワイドショーのように誰かぶっ叩いていい奴を見つけて、偉そうなコメンテーターたちが袋叩きにするその様だ。

きっと、みんな、頭がおかしくなっているんだ。
俺もふと気がつくと、頭がおかしくなっている。

知らず、知らずのうちに刷り込まれているからこそ恐ろしい。
でも、いったん気がついちゃえば自分で意識的にリセットできるようになる。

情報を意識的にシャットアウトする時間を作った方がいい。
何も無いど田舎に行くとか、キャンプに行くとか、海外旅行に行くとか。
できれば数日、可能なら数週間。

キャンプとかしている時に感じる物欲なんてキャンプ用品くらいな物でしょ?
クソみたいな洗脳から目覚めると、本当に必要なものだけしか残らない。

たまに価値観をリセットしないとシンプルに生きられない、資本家どもに踊らされる。
俺は、他人が作ったクソみたいな価値観に従って生きる必要なんて無いと思うんだよね。

マザー・テレサの名言にこんなものがある。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

俺はこれにこう付け加えたい
(入ってくる)
情報に気をつけなさい、それはいつか思考になるから。

俺はいつでもシンプルな自分の欲求に従って生きていたい。
たまに欲塗れになっちゃうけれども、俺にとってもっとも大切な事は『楽しい時間』、これに尽きるぜ!

公開日: : 最終更新日:2019/01/29 旅のコラム

関連記事

2018年正月

一万円で自分の限界を超える | 2018年、感謝の気持ち

2018年、明けましておめでとうございます。 三年ぶりに日本で過ごす年越し。 そば食

記事を読む

お金の使いは人生そのもの | 旅立ちドバイ編

お金の使いは人生そのもの | 旅立ちドバイ編

8月31日 東京 朝起きるとまだ八月だと言うのに肌寒く、セミがまだ頑張って鳴いてはいる

記事を読む

偶然の一致に導かれて | 聖なる予言の旅

偶然の一致に導かれて | 聖なる予言の旅

2017年1月23日 南米、ペルーにある聖なる谷ピサックにて 日本で精神世界だの

記事を読む

ハマル族

人の悪いところばかりを見て、あら探しをしても何もいい事は無い

ブルジャンプが終わり、ハマル族の村を後にしようとした時に、帰りの足が無い欧米人を乗せてくれな

記事を読む

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

自由の町、サンクリストバルにて移住と言う選択肢を考える

俺は、サンクリストバル・デ・ラスカサスと言う町が好きだ。 自由な空気が流れ、オシャレな

記事を読む

ワルザザード

あなたは、物乞いにお金をあげますか?

アイット-ベン-ハドゥに行った後、俺たちはワルザザードに戻り、次なる世界遺産マラケシュを目指

記事を読む

キューバのクラシックカー

頑張るのをやめる | 2017年の目標

遅くなってしまったけれども、新年、明けましておめでとうございます。 去年の一年間は、本

記事を読む

旅のコラム

幸せのハードルは低い方が良い

幸せのハードルは低い方が良い いつも水シャワーの安宿に泊まっており、たまにお湯のシャワ

記事を読む

ウユニ塩湖のデイ・ツアー

色々と諦めた方が人生は輝きだす

日本に帰ってきてから早、一ヶ月。 毎日、何処に行くのか考えて、バスに乗って、知らない街

記事を読む

人生に極上の時間を | レンタカーでオーストラリア大陸縦断の旅

人生に極上の時間を | レンタカーでオーストラリア大陸縦断の旅

人生に極上の時間を 去年の六月に仕事を辞めて、世界中を旅してまわる事にした。それ以来、

記事を読む

トラックバック用URL

Comment

  1. 世田谷ライダーハウス より:

    ハーレーは自由とアメリカの象徴である乗り物を所有しているという以外は必要最低限の価値観レベルにとどまるが
    『自由で楽しい』の定義の中には
    大概の物はなんでも買えるっていう
    経済的自由も入るんじゃない?
    他人の作ったクソみたいな価値観に洗脳され
    従ってる連中が大多数だから
    こんにちそこそこの日本での生活なんじゃね?

    • 世界遺産ハンター より:

      >『自由で楽しい』の定義の中には
      >大概の物はなんでも買えるっていう
      >経済的自由も入るんじゃない?

      そうだよねー
      マジでお金は大切!

      俺的には、旅しててお金に困らなければとりあえず幸せかな
      持ってるにこした事ないけど

世田谷ライダーハウス にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑