デリーの安宿で食中毒 | インド旅行記06

公開日: インド

デリーの安宿で食中毒

以前、『初インド、チェンナイで受けたインドの洗礼』と言う記事を書いたが、あれはインドの洗礼でも何でも無く実は、ただのインドの日常だった。

俺がインドで受けた本物の洗礼と言えば食中毒。これには本気でまいった。ほんの一週間かそこいらで体重は5キロか6キロほど落ちた。これは脂肪が落ちて痩せたと言うレベルではなく筋肉まで削げ落ちる痩せ方だった。

デリーの安宿

当初、地球の歩き方に載っている『レッカ・ゲストハウス』(Rekha Guest House)と言う安宿に泊まろうと思っていたのだがデリーのメインバザールは道が混んでいて、タクシーではこれ以上無理だ、ここからはリキシャーで行ってくれと言われ、メインバザールの途中でタクシーを下ろされてしまった。そのため、目的の宿を探す事が面倒になり、近くにあった安宿で値段を聞くと一泊300Rsだと言われたのでそのまま、その安宿に泊まる事にした。

当初泊まるはずだったゲストハウス
レッカ・ゲストハウス (Rekha Guest House)
シングル Rs250(400円ちょっと)、ダブルRs300〜(500円ちょっとから)
TEL 23585165

デリーの夜

インドの食事

インドに来た当初の食事は腹を壊したりする事ににビビって控えめにしていたのだが案外、何を食べてもぴんぴんしていたのでデリーに着く頃にはその辺に売っている物でも躊躇せずに食べられる様になっていた。

もともと俺は胃腸がわりと丈夫な方で何処の国でも屋台の飯を食って屋台で売っている生フルーツを食って店で出される水も飲んだりしていたのだが特に問題は無かった。

そんな訳で俺はメインバザールからちょっと外れた場所にある安宿の目の前にあった屋台で売っていた、得体の知れないハッシュポテトみたいな物を食べる事にした。火を通してあるし大丈夫だろうと言う認識で、あまりうまくは無いがまずくも無い、油で揚げたハッシュポテトみたいな食べ物を安宿で食べる事にした。

するとどうした事だろう?一時間くらいすると何だか様子がおかしい、胃がむかむかして何だか体調が悪い。嫌な予感がしてトイレに行って全て吐き出す事にした。旅先で気持ちが悪くなったらなるべく早く吐き出した方がダメージは少ない。しかし、時は既に遅し。毒が完全にまわってしまっている、それから俺は数時間、嘔吐と下痢で身動きが取れなかった。

これは完全に食中毒だよ、ふざけやがって
毒を盛られた・・・
下痢に至っては完全に水。俺の今までの人生であんなに酷い食中毒にはあった事が無い。

そう言えばあの屋台、俺が買ったのが最後だったな。完全に余物だった、ちくしょう不注意だった。もう二度と屋台で余ってそうな物は食わない。

デリーの夜の街

デリーの安宿から逃げ出す

吐き気が酷くて最初は便器に嘔吐していたのだが途中、間に合わなくて何度か手前にある洗面台に吐いてしまった。それが間違いだった(仕方が無かったのだが)。便器に吐いた物は流せば済むのだが洗面台はなかなか流れなくて水を出しっぱなしにしておいた。
そうしたら洗面台の流しが詰まってゲロが溢れてきてトイレとシャワーと洗面台のある一室が地獄絵図になってしまった。もはやトイレに行く事が出来ない。

俺はこの安宿から逃げ出す事にした。弱った体に鞭を打ち、気合いでガンジス川の始まりの地『ハリドワール』行きの電車のチケットを取りに行った。

なんとか電車のチケットを取って宿に帰りトイレは絞めっぱなしにしてもう一泊だけ耐え抜いて、ゲロまみれのトイレをそのままに宿をチェックアウトした。
流石に良心が傷んだので掃除する人の事を考え、ベッドの上にかなり多めのチップを置いて宿を出る事にした。

結局、この事が原因で残りのインド旅行はずっと体調が悪くてフラフラして過ごす事になる。62キロ位あった体重は帰国後に計ったら、なんとたったの54キロしか無かった。もともと痩せていたので8キロの減量は脂肪では追いつかず明らかに筋肉が削げ落ちる状態となり体重が落ちる度にバックパックが重く感じられる様になって行った。

このデリーの安宿で、真のインドの洗礼を受けるハメになった。

つづく

インド旅行記シリーズ一覧

公開日: : 最終更新日:2014/06/18 インド

関連記事

ハルドワールで沐浴

奇麗なガンジス川で沐浴したければ絶対にここ!聖地ハルドワール | インド旅行記07

ガンジス川の上流で神の門と呼ばれる聖地ハルドワール ヒマラヤ山岳地帯と平野部の境目にあ

記事を読む

ラクシュミーナーラーヤン寺院

微妙なセンスのオブジェがたまらないお寺、ラクシュミーナーラーヤン寺院 | インド旅行記05

デリーの安宿街、メインバザールからオートリキシャーですぐ近くにあるお寺、ラクシュミーナーラー

記事を読む

インドで食べた牛肉のステーキ

インドで神聖なる牛のステーキを食らう何とも言え無ぬ背徳感 | インド旅行記11

ハルドワールからバスで7時間以上もかけてなんとかデリーに戻ってきた俺は無性に肉が食いたくて地

記事を読む

デリー

世紀末都市デリーの治安 | インド旅行記04

南インドはなかなか居心地が良く、もう少しまわりたかったのだが時間が無くなって来てしまったので

記事を読む

サドゥのヨガ

『サドゥ』インドで出会った自由に生きる仙人 | インド旅行記18

インドにサドゥと言われる謎に満ちた苦行者達が沢山いる。サドゥの強烈な存在感に惹かれ話しかけて

記事を読む

インドのグラフティアート

インドのグラフティーアート、宗教的壁画 | インド旅行記16

上の段の絵は左の青い神は破壊神シヴァ、真中のゾウ顔の神はシヴァとパールバディの子ガネーシャ、

記事を読む

チェンナイの町

初インド、チェンナイで受けたインドの洗礼 | インド旅行記01

インドと言えば俺が若い頃に読んで、強烈に影響を受けた、沢木耕太郎氏の首都デリーからロンドンま

記事を読む

リシュケシュのガンジス川の河原

インドの巡礼者たちが目指す聖地、リシュケシュの美しい風景 | インド旅行記09

デリーで食中毒にあっていらい、体重は毎日減っていき食事もほとんど取る事は出来ずにほぼ断食状態

記事を読む

ハルドワールのシヴァ像

ハルドワール、マンサー・デーヴィー寺院 | インド旅行記10

ヨガの聖地リシュケシュですっかり衰弱してしまった俺はハルドワールに戻ってきた。 ヒンド

記事を読む

バラナシ

インド旅行記 | 冒険の記録

2012年の年末に約1ヶ月かけてまわったインド旅行記。 インドと言えば旅人の憧れの地で

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑