パオアイのサン・オウガスチン教会の隣にある草木が生い茂る廃墟の写真

公開日: フィリピン

パオアイのサン・オウガスチン教会の隣にある草木が生い茂る廃墟の写真

パオアイのサン・オウガスチン教会もかなり見所のある世界遺産で楽しかったがすぐ隣にある廃墟もかなり楽しかった。この廃屋は何だったのかわからないが恐らくサン・オウガスチン教会と同世代に造られた遺跡なのではないかと思われる。

廃墟の入り口

これが遺跡の入り口。入り口は結構、普通なのだけれども中に入ると凄い。

年代を感じさせる壁

壁は珊瑚や貝とレンガで造られておりかなりの年代を感じさせてくれる。

パオアイのサン・オウガスチン教会の隣にある草木が生い茂る廃墟の写真

廃屋にはいい感じに草木が生い茂りトゥームレーダーに出てきそうな雰囲気を醸し出している。この雰囲気かなり好きだわ。

トゥームレーダーに出てきそうな雰囲気

建物にはコケが生い茂りラピュタ感が満載のこの廃墟は小さいけれども探検するには十分な満足感を与えてくれた。

ラピュタ感もある遺跡

素晴らしい!こう言うところに来たかったんだ。規模はかなり小さいけれども放置されっぱなしの廃屋はアンコールワットのような貫禄が出ている。

いい感じの廃墟

俺は草x廃屋の組み合わせにロマンを感じる人だからテンションが上がりまくる。いい感じにラピュッてるぜ。

パオアイにある廃墟の写真

この廃墟はフィリピン人にもいい感じのスポットらしく、俺たちが行った日はフィリピン人のEXILEみたいなダンスグループがアクション的なPVの撮影に来ていた。

廃墟でPVの撮影をしていた

この撮影グループの人たちはとても親切で、見学していても何も言ってこないしフレンドリーにアー ユー ジャパニーズ?みたいな感じで話しかけてきてくれた。このグループの名前を聞いたのだけれどもフィリピン語でしかも長かったので残念ながら覚えるどころか聞き取る事すら諦めてしまった。

フィリピン人のイケメングループが一生懸命、カッコいいアクションを決めながら撮影を薦めていた。PVに使いたくなるほどの立地である事は間違いない。

廃墟を探検

俺たちは邪魔にならないように廃墟を探検した。

パオアイにある廃屋

サン・オウガスチン教会の正面が逆光だった為に昼過ぎまで時間をつぶさなければならなかった俺たちはこの遺跡で十分に時間を使って楽しむ事が出来た。

サン・オウガスチン教会の記事
パオアイにあるサン・オウガスチン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式の教会』の一つ

公開日: : フィリピン

関連記事

プエルトガレラの夕日

プエルトガレラでの生活

プエルトガレラの生活はとてもまったりとしていて、毎日夕日を眺めている。昼間はけっこう暑いが夜

記事を読む

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

パオアイにあるサン・オウガスチン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式の教会』の一つ

ホテルの朝食の絶望的な不味さに挫折して朝食はコーヒーと目玉焼きのみとなった。フィリピンの食事

記事を読む

フィリピンのめちゃくちゃ可愛い子犬

フィリピンの可愛すぎる子犬と子猫の写真 | プエルトガレラ

土曜日、フィリピンに入国してから既に三週間が過ぎ去ってしまった。留学生活も残すところ後、一週

記事を読む

フィリピンで4週間、マンツーマンで英語の発音を勉強した結果

フィリピンで4週間、マンツーマンで英語の発音を勉強した結果

もう、フィリピンから帰国して大分経つけれども、4週間ほどマンツーマンで英語の発音を特訓してき

記事を読む

プエルト・プリンセサ地底河川国立公園

世界遺産『プエルト・プリンセサ地底河川国立公園』

8月5日 俺たちはツアーに参加してプエルト・プリンセサ地底河川国立公園を目指す事にした

記事を読む

夜の世界遺産『ビガン歴史都市』の写真

夜の世界遺産『ビガン歴史都市』の写真

Historic Town of Vigan ちょっと時間が経ってしまったけれども世界

記事を読む

フィリピン留学〜2回目〜 | まりこの感想

フィリピン留学〜2回目〜 | まりこの感想

2回目のプエルトガレラ留学へ 常々、英語は勉強しなきゃと思っている私ですが、勉

記事を読む

ビガン歴史都市 | 16世紀のスペイン統治時代の街並みが今も残る世界遺産

ビガン歴史都市 | 16世紀のスペイン統治時代の街並みが今も残る世界遺産

ビガン歴史都市 英名:Historic Town of Vigan 第二次世界大戦の

記事を読む

プエルトガレラの学校からの眺め

プエルトガレラからマニラ経由でラオアグ(ラワグ)まで移動

今朝はとても天気が良く、庭から眺める海の色が美しい青色に輝いていた。この風景も見納めになると

記事を読む

フィリピン人の生活と家畜と常識

犬食べる?フィリピン人の生活と家畜とペットと常識

アイビー12歳。 彼女は学校から帰ってきたらペットの山羊『ミー』の世話をするのが日課だった

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑