アゼルバイジャンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

アゼルバイジャンの世界遺産、一覧

アゼルバイジャン共和国は、1991年にソビエト連邦から独立した国で、北にロシア、南にイラン、西にアルメニア、東にカスピ海があり、コーカサス地方、または東ヨーロッパに属する。言語はアゼルバイジャン語だが日常的にロシア語も使用されている。宗教は人口の9割以上がイスラム教徒で主にシーア派。治安はあまり良くないようなのでかなり慎重に行動したい。上の写真はゴブスタン国立公園。

通貨はアゼルバイジャンニューマナト(AZN)で現在のレートで1マナト=151円。物価はそれほど高くないようだが安宿は高く、首都バクーはドミトリーでUS20ドル程度(かなり高い、アメリカや日本並み)掛かるそうだ。

アゼルバイジャンニューマナト(AZN)と日本円の換算
http://www.xe.com/ja/currencyconverter/convert/?Amount=1&From=AZN&To=JPY

世界文化遺産

城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔

歴史的建造物が数多く残っている古都
2000年、世界文化遺産に登録 / (iv)
『城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔』は首都バクーにある歴史的建造物で、アゼルバイジャンで初めて登録された世界遺産。主な見所は見張りの塔として使われた『乙女の塔』や、バクー城壁地区にある『メフメト・モスク』、『12世紀のメドレセ』、『ハッジ・ガーイブのハンマーム』、『ゾロアスター教寺院』、『カースム・ベクの隊商宿』、『カースム・ベクのモスク』、『ムルターニー人(インド商人)の隊商宿』、『ブハラ人(中央アジア商人)の隊商宿』、『17世紀のハンマーム跡』で、シルヴァン・シャー宮殿には『シルヴァン・シャー廟』、『セイッド・イェフヤー・バクーヴィー廟』、『ケイグバードのモスク』などがある。バクーとはペルシア語で「風の吹く町」という意味。

ゴブスタンのロック・アートと文化的景観

旧石器時代からの歴史が刻まれた岩石画
2007年、世界文化遺産に登録 / (iii)

地殻変動や浸食作用が峡谷をつくった半砂漠地帯、ゴブスタンにある旧石器時代からの約4万年の歴史が描かれたロックアート。人物、野生動物、葦舟などが描かれた約6000の岩石画が発見されている。コブスタンは、アゼルバイジャンで一番人気のある国立保護区で、この地にある古代の彫刻物群や泥火山を守るために、国定史跡もなっている。
アクセスは首都バクーから約60km。

公開日: : 最終更新日:2019/04/04 世界遺産

関連記事

ドイツにある世界遺産一覧

ドイツの世界遺産、一覧 全44カ所のリスト

2019年、世界遺産の多いい国ランキングで弟4位の世界遺産大国ドイツ。イタリア、スペイン

記事を読む

フェス旧市街(Medina of Fez)| モロッコの世界遺産

世界一の迷宮都市、フェス旧市街(Medina of Fez)| モロッコの世界遺産

2015年12月19日〜21日 今から半年以上も前の話になる。もはや、日記ではなく回想

記事を読む

ベナンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ベナンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ベナン共和国 英名:Republic of Benin 西アフリカにある共和制国家で

記事を読む

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

2016年1月10日 俺たちはカサブランカから遂に最後の世界遺産があるラバトへ日帰り観

記事を読む

セルビアの世界遺産、一覧

セルビアの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

セルビア共和国は、旧ユーゴスラビアの中央にあり、政治的に中心となる国だった。世界遺産は全部で

記事を読む

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

12月29日 ウシュマル遺跡の観光を終えた俺たちは、メキシコで一番美しいとされるピラミ

記事を読む

2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』の衝撃的な結末

2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』の衝撃的な結末

レンゴン渓谷の考古遺産は2012年に登録されたばかりの新しい世界遺産で、"マレーシア政府観光

記事を読む

リビアの世界遺産、一覧

リビアの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

リビアと言えば2011年リビア内戦(アラブの春)でカダフィ政権が倒れ、無政府状態となっている

記事を読む

ネパールの世界遺産、一覧

ネパールの世界遺産、一覧 全4カ所のリスト

ブッダ出生の地にして登山家達の聖地でもあるネパール。人々の性格は温和でインドからネパールに行

記事を読む

中央アフリカの世界遺産、一覧

中央アフリカの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

中央アフリカ共和国の首都はバンギ、公用語はフランス語で国語はサンゴ語。通貨はCFAフラン (

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑