アントニ・ガウディの作品群 | スペインの世界遺産

公開日: スペイン 世界遺産

まるでSF映画!想像を遥かに超えたサグラダ・ファミリア

漫画『ギャラリーフェイク』にアントニ・ガウディ(1852年 – 1926年)の話があって、バルセロナに行ったら是非ガウディ巡りをしようと思っていた。実際にサグラダ・ファミリアを見たら見事なまでにガウディにどっぷりとハマってしまった。どれを見てもぶっ飛んでいて素晴らしいの一言。

おかげでバルセロナ滞在中はかなりガウディかぶれとなって『アントニ・ガウディの作品群』を楽しむ事が出来た。俺が今までに見た、人が作った建造物の中ではぶっちぎりで一番すごかった。

アントニ・ガウディの作品群

Works of Antoni Gaudí
1984年、世界文化遺産に登録 2005年に拡大

ガウディのグエル公園

スペインでもっとも有名な世界遺産のひとつで、『グエル公園』、『グエル邸』、『カサ・ミラ』、『カサ・ビセンス』、『サグラダ・ファミリアのご生誕のファサードと地下聖堂』、『カサ・バトリョ』、『コロニア・グエル教会地下聖堂』などが世界遺産として登録されている。

ガウディは26歳の時にパリの博覧会に出品したのをきっかけにグエル氏と出会い、グエル邸やグエル公園の設計・建築を依頼され建設した。これを機に有名になりバルセロナ中の富豪から設計の依頼が来るようになった。

サグラダ・ファミリアのご生誕のファサードと地下聖堂(Sagrada Família)

まずはなんと言ってもガウディの代表作で、未だに建設が続いているサグラダ・ファミリア。

アントニ・ガウディの作品群

この教会はすごいなんてもんじゃなくて、俺が今まで見た教会の中でぶっちぎりでNo1だった。詳しくは前に書いたサグラダ・ファミリアの記事を見て欲しい。

まるでSF映画!想像を遥かに超えたサグラダ・ファミリアの内部 | ガウディに魅せられて

グエル公園(Park Guell)

次の俺たちが目指しのたのはメルヘンチックな公園、グエル公園。この公園はディズニーシーにあるマーメードラグーンのモデルになったとも言われている。

アントニ・ガウディの代表作のひとつ『グエル公園』

詳しくは前に書いたグエル公園の記事を見て欲しい。

アントニ・ガウディの代表作のひとつ『グエル公園』

カサ・バトリョ(Casa Batlló)

そして次に訪れたのがこのカサ・バトリョ。ガウディの建築物は入場料が高くてけっこうキツいけれどもどれもこれも値段に見合うだけの価値があって素晴らしい!俺たちは本当に大満足。

カサ・バトリョ

詳しくは前に書いたカサ・バトリョの記事を見て欲しい。

カサ・バトリョ | アントニ・ガウディが建てた凄い家

グエル邸(Palau Güell)

ガウディの最大の理解者であり、友人であり、パトロンであった実業家エウセビ・グエル氏の豪邸。

グエル邸(Palau Güell)

ガウディ初期の傑作と言われている。入場料は12ユーロ、俺たちはこの立派な入り口だけ見て、中には入らなかった。ガウディ建築は入るのにイチイチ金が掛かりすぎるのがマジでキツい。

カサ・ビセンス(CASA VICENS)

ガウディ初期の作品で、レンガやタイル工場の社長であったマヌエル・ビセンス氏の豪邸。

カサ・ビセンス(CASA VICENS)

せっかく迷いながらもGoogleMapを見ながら歩いて行ったのにマジで超ウルトラ残念な事に工事中・・・
まぁそう言う事もかるかと。

カサ・ミラ(Casa Milà)

バルセロナのグラシア通り (Passeig de Gràcia) にある建築物で、1906年〜1910年にかけて実業家のペレ・ミラ氏の邸宅として建設された。

カサ・ミラ(Casa Milà)

外観の波打つ曲線は地中海をイメージして作られたと言われている。入場料は20.5ユーロもする。ガウディ建築は片っ端から見て回りたかったが入場料のあまりの高さにひるんで三カ所しか入場する事が出来なかった。次回、観光でバルセロナに行く際にはぜひとも行きたいと思う。

コロニア・グエル教会地下聖堂(Cripta de la Colonia Guell)

時間の都合上、ここだけ少し離れた場所にあった為に行くことが出来なかった。入場料は7ユーロ。

コロニア・グエルはパトロンのグエルから依頼されて作られた労働者の為のコロニー(共同体)で、広域な土地に、教会、学校、医療機関などの必要な施設を全て造ろうと試みた。しかし、ガウディ途中からサグラダ・ファミリアの仕事に没頭する事となり、コロニア・グエル教会は地下までしか作られる事はなかった。

次回、バルセロナに行った際には必ず行きたいと思っている場所。

バルセロナに行く前に読んで欲しい漫画

俺がガウディに興味を持つようになったのは大好きな漫画『ギャラリーフェイク』の影響で、彩色豊かな建築をするガウディは実は彩色音痴で、彩色は弟子のジュゼップ・マリア・ジュジョール・ジベールが担当していたと言うお話。

ギャラリーフェイク9巻の第6話、ガウディズ・ゴーストは面白いのでおすすめ。特にバルセロナに行く人は、行く前にこの話だけでも読んで欲しいと思う。

スペインの世界遺産、一覧

公開日: : スペイン 世界遺産

関連記事

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧

コンゴ民主共和国(旧ザイール)の世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

コンゴ民主共和国は1997年に国名をザイール共和国からコンゴ民主共和国に変更した。首都はキン

記事を読む

ハバナ旧市街とその要塞群 | キューバの世界遺産

ハバナ旧市街とその要塞群 | キューバの世界遺産

2017年1月8日〜9日 重たい腰を上げてカンクンからやってきたのは、チェ・ゲバラとク

記事を読む

ベルギーの世界遺産、一覧

ベルギーの世界遺産、一覧 全11カ所のリスト

ベルギー王国と言えば、世界遺産が11件もある国なのにベルギーワッフル位しか思いつかない己の貧

記事を読む

国立西洋美術館 | 世界遺産『ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-』

国立西洋美術館 | 世界遺産『ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-』

2016年8月16日 時はさかのぼり、前回、一時帰国した際の事だ。ちょうど富岡製糸場に

記事を読む

メキシコシティ歴史地区とソチミルコ

メキシコシティ歴史地区とソチミルコ | テンプロ・マヨール博物館

2016年9月1日 人口2000万以上!アメリカ大陸最大の都市メキシコシティー。この人口は

記事を読む

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

5月3日 オーストラリア、レンタカーの旅もいよいよ終盤戦、遂にオーストラリア最大の都市

記事を読む

石庭で有名な龍安寺 | 世界遺産『古都京都の文化財』

石庭で有名な龍安寺 | 世界遺産『古都京都の文化財』その12

小雨が降る中、金閣寺から龍安寺へ。龍安寺は仁和寺と金閣寺の間にあるので距離にして1.5キロ位

記事を読む

ジャランジャクサ

プランバナン寺院群(インドネシアの世界遺産)| Young Age Vol.33

2001年7月25日 早朝、ジョグジャカルタに着いた俺は、人力車に乗ってウィスマカジャ

記事を読む

アラブ首長国連邦(UAE)の世界遺産

アラブ首長国連邦(UAE)の世界遺産

アラブ首長国連邦は、1971年にアブダビ、ドバイ、シャールジャ、アジュマーン、ウンム・アル=

記事を読む

デンマークの世界遺産、一覧

デンマークの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

デンマーク王国はドイツの北に位置し、ヴァイキングとして有名なノルマン人が8世紀〜11世紀にか

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑