世界一の迷宮都市、フェス旧市街(Medina of Fez)| モロッコの世界遺産

公開日: モロッコ 世界遺産

フェス旧市街(Medina of Fez)| モロッコの世界遺産

2015年12月19日〜21日

今から半年以上も前の話になる。もはや、日記ではなく回想記となってしまったがモロッコはとても思い出深い国だった。

三ヶ月にわたるヨーロッパ縦断の旅を終えてバルセロナからやってきたのはモロッコ最大級のメディナ(旧市街)がある要塞都市フェス(フェズ)。目的はもちろん世界遺産『フェス旧市街(Medina of Fez)』だった。

飛行機を降りると、初めて踏んだアフリカの大地に感動した、遂にアフリカ大陸までやってきた。思えばロシアからずいぶんと遠くまで来たもんだ。

気温はやや暑いが思っていたほどでは無い。
上着を脱いでTシャツになると丁度よい。

右も左もわからない初めてのアフリカ大陸で、空港からフェス市街までのボロいバスに乗ると急に旅をしている感覚を思い出した。あ、そうだった、旅ってこんな感じだった。俺たちにとってヨーロッパは快適過ぎた、この少しボロいバスの方が旅気分を味わえる。料金は4dh。

モロッコはアフリカの中ではかなり治安が良い方だ。そうは言っても俺たちにとっては初のアフリカ、それなりに構えてしまう。だが、その適度な緊張感がまた心地良い。

フェス旧市街(Medina of Fez)

1981年に世界文化遺産に登録 / (ii)(v)

フェス旧市街(Medina of Fez)

かつてはマリーン朝などのイスラム王朝が首都としたフェス(Fez、フェズ)は9世紀初頭に築かれたモロッコ最古のイスラム王都で、アラビア語ではファースまたはファスと呼ばれている。まるで巨大な迷路のようなメディナとよばれる旧市街地が世界遺産として登録されている。主な構成資産は『カラウィーン・モスク』、『カラウィーン大学(神学校)』、『ムーレイ・イドリス廟』、『サファリーン・マドラサ』、『アンダルース・モスク』、『タンネリ(皮なめし工房)』、『貸し鍋屋のスーク』、『ナジャリン・フォンドック(隊商宿)』など。

フェス旧市街(Medina of Fez)

アフリカ大陸と言ってもモロッコは完全にアラブ世界だ。俺たちの想像するブラックアフリカとは全く違う世界で、モロッコはアラビア世界の最西端に位置する国だ。

言語はアラビア語かフランス語、スペインに近いのでスペイン語を話す人もいる。英語もある程度は通じるので旅行にはさほど困らなかった。

フェス旧市街(Medina of Fez)

初めて入るメディナはまるで迷宮で、下手に迷うと出られなくなりそうだった。かろうじてGoogleMapのGPSで現在地だけはわかるのである程度、方向をつかむ事は出来る。

フェス旧市街(Medina of Fez)

旧市街の中は人々の生活圏になっており、様々な物が売られていたり、飲食店やお菓子屋さんなどが入り組んでいる。イスラム教ではお酒が禁止されているのでムスリムは甘いお菓子やシーシャと呼ばれる水タバコをたしなむ人が多い。

フェス旧市街(Medina of Fez)

モロッコは世界、三大ウザい国にランクインしているので、ウザったい奴に絡まれる事をある程度覚悟していたがそれほどウザい奴はいなかった。おそらく、観光地のごく一部のみにいるのだろう。俺の経験上、イスラム教の国の人は親切な人が多い印象を受ける。

もちろん、面倒くさい奴もいるのだけれども一般の人はかなり親切で良い人が多い。

モロッコのネコ

そして、モロッコは猫が多かった。
このあとしばらくモロッコを旅する事になるのだが何処に行ってもネコ、ネコ、ネコ。モロッコはネコネコ大国だった。

フェス旧市街(Medina of Fez)

ヨーロッパで散々旧市街巡りをして飽き飽きしていた俺たちだが、イスラム文化の旧市街は雰囲気ががらっと変わったので、とても新鮮で楽しかった。

モロッコの物流は今でもロバが主役

旧市街は道が細くて車が通れないので未だに物流はロバが主力だ。

モロッコ フェス

太陽の国スペインから海を渡っただけなのにモロッコはだいぶ荒廃とした土地だった。なんかドバイもそうだったけれどもアラブの人たちはかなり厳しい土地に住んでいる。色々な国に行くと日本は森に囲まれたとても美しい恵まれた国だと言う事が良くわかる。

モロッコ フェス

こう言うところに住むって色々と大変なのだろうな、こう言う土地だから生まれた文化や風習があるのだろうな。

でも、フェズは人が多くゴミゴミしていてあまり落ち着かなかった。

とりあえず世界遺産である旧市街は歩いたから次の目的地である青い街、シェフシャウエンに行ってゆっくりと過ごす事にした。

フェスで泊まったオススメのリヤド

俺たちがフェスで泊まったのはリヤド ブスタン(Riad Boustan) 。この宿は一泊11ユーロで朝食付き。

リヤド ブスタン(Riad Boustan)
リヤド ブスタン(Riad Boustan)

ここの朝食がマジで美味しくてビックリした。この時はモロッコで初めてだったので気がつかなかったけれども後から考えるとこの宿の値段は激安。しかも朝食のクオリティーはNo1だった。フェスに行くならマジでオススメ!

モロッコの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

公開日: : モロッコ 世界遺産

関連記事

ベリーズ珊瑚礁保護区とグレート・ブルー・ホール | ベリーズの世界遺産

ベリーズ珊瑚礁保護区とグレート・ブルー・ホール | ベリーズの世界遺産

Belize Barrier-Reef Reserve System 11月20日

記事を読む

台風の後の月

世界遺産の写真をハントする世界遺産ハンターを始めます

2014年、明けましておめでとうございます。 去年の今頃はインドの旅で疲れ果て体重が5

記事を読む

仁和寺、宿泊出来る世界遺産

宿泊出来る世界遺産『仁和寺』 | 世界遺産『古都京都の文化財』その10

京都・奈良の旅、最後の宿は宿泊出来る世界遺産『仁和寺』。今回の旅行で一番楽しみにしている宿泊

記事を読む

エリトリアの世界遺産『アフリカの近代都市アスマラ』

エリトリアの世界遺産『アフリカの近代都市アスマラ』

出典:Sailko エリトリアの世界遺産 エリトリアの世界遺産は2017年に登録された『

記事を読む

世界遺産

2017年に新しく追加された世界遺産、21件

ポーランドのクラクフで開催された2017年の世界遺産委員会で登録された新たな世界遺産、文化遺

記事を読む

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

世界遺産の町、マハーバリプラムの石窟寺院

写真はパンチャパーンダパ・マンダパ窟の壁画 インドの中世建築の原初の形、石窟寺院 マハー

記事を読む

グルジアの世界遺産、一覧

グルジアの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

グルジアは北にロシア、南にトルコとアルメニアがあり、1991年に旧ソ連より独立した。首都はト

記事を読む

マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市 | モロッコの世界遺産

マサガン(アル・ジャジーダ)のポルトガル都市 | モロッコの世界遺産

2016年1月8日〜9日 エッサウィラからアル・ジャジーダまでは民営バスで80dh(約

記事を読む

美しい青い町シェフシャウエン

『シャウエン』モロッコの美しい青い町(シェフシャウエン)

2015年12月21日〜25日 フェズからバスに乗って約4時間、モロッコ北部にあるリフ

記事を読む

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

世界最古の植物園『パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)』| イタリアの世界遺産

12月4日 ヴェネツィアから電車で約1時間で行ける世界最古の植物園、パドヴァの植物園(オル

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑