世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

公開日: オーストラリア 世界遺産

世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』(シドニーにあるコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸)

5月3日

オーストラリア、レンタカーの旅もいよいよ終盤戦、遂にオーストラリア最大の都市、シドニーまでやってきた。ケアンズからシドニーまでの総走行距離はなんと3567km、ずいぶんと走ってきたもんだ。

シドニーからアクセス出来る世界遺産は全部で三つあり、ひとつはあの有名な『シドニー・オペラハウス』、郊外にある『グレーター・ブルー・マウンテンズ地域』で、もうひとつは『オーストラリア囚人遺跡群』、このうちコッカトゥー島、ハイド・パーク・バラックス、パラマッタの旧総督官邸は、シドニー市内にあるので今回はこの三つをハントする事にした。

オーストラリア囚人遺跡群(Australian Convict Sites)

2010年、世界文化遺産に登録 / (iv)(vi)

オーストラリア囚人遺跡群(Australian Convict Sites)

18世紀〜19世紀に大英帝国によって建てられた刑場遺跡で下記の11ヶ所に点在する。
『キングストンとアーサーズ・ヴェールの歴史地区(ノーフォーク島)』、『パラマッタの旧総督官邸(シドニー)』、『ハイド・パーク・バラックス(シドニー)』、『コッカトゥー島(シドニー湾内)』、『ブリッケンドンとウルマーズの不動産群(タスマニア州・ロングフォード)』、『ダーリントン保護観察所(タスマニア州・マリア島)』、『オールド・グレート・ノース・ロード(ニューサウスウェールズ州)』、『カスケーズ女子工場(タスマニア州・サウス・ホバート)』、『ポート・アーサー(タスマニア州・ポート・アーサー)』、『ソルトウォーター・リヴァーの炭鉱史跡(タスマニア州・タスマン半島)』、『フリーマントル刑務所(西オーストラリア州・フリーマントル)』。

コッカトゥー島(コカトゥー島)(Cockatoo Island)

とてもじゃないが全部は、まわりきる事の出来ない世界遺産、『オーストラリア囚人遺跡群』。中でも見応えのある場所はおそらく、このコカットゥー島。

オーストラリア囚人遺跡群(Australian Convict Sites)

刑務所や造船所として使われていたが、1991年に造船所が閉鎖され、廃墟となったオーストラリア版の軍艦島のような島。現在はアートギャラリー的な廃墟島となっており、なかなか楽しめる。しかも、嬉しい事に入場無料。

映画「ウルバリン」のロケ地としても使われたそうだ。

コッカトゥー島への行き方

ダーリング・ハーバー(Darling Harbour)から出ているフェリーで約10分。料金は往復で12.4ドル。入場料が無いのは嬉しいがシドニーは移動費がめちゃくちゃ高い、かといって車で移動したら駐車場代がめちゃくちゃ高い。

シドニーのフェリー

この日は天気が良くとても気持ち良かったので、観光客丸出しで記念撮影をパシャリ。気のいいオーストラリア人のおばちゃんが撮ってくれた。

せっかくなのでフェリーからオペラハウスが見えないかなと一生懸命、トライしたけれども橋が邪魔で、ほとんど見る事が出来なかった。

まあいいさ、コッカトゥー島の観光が終わったらオペラハウスに行くのだから。

コッカトゥー島へ上陸

コッカトゥー島へ上陸。

この日は何かのアートイベントをやっているようで、至る所にアートが施されていた。

コッカトゥー島(コカトゥー島)(Cockatoo Island)

俺は基本的に廃屋的な雰囲気が好きなのでアートとか別にいらんわとか思っていたけれども、思ったより写真映えする装飾が多くてテンションが上がる。

コッカトゥー島

何のアートだかさっぱりわからなかったけれども、めっちゃ楽しくて写真をパシャパシャと撮ってしまった。

意味はさっぱりわからないけれどもこう言うSFっぽい雰囲気は大好きだ。

コッカトゥー島

もちろん、展示されている重機にもグッとくる。

コッカトゥー島

大型スクリーンにはなぜかタイのアーティストが。バンコクの風景とドローンによる空撮に見とれてしまう。やっぱ俺もドローン欲しいな。

コッカトゥー島(コカトゥー島)(Cockatoo Island)

首無しの西洋彫刻の頭に、首無しの仏像を付けると言うアートなのか?

レトロな廃屋の雰囲気

レトロな廃屋の雰囲気と斬新なアートのコラボ。全く期待していなかったのに凄く楽しめた。

コッカトゥー島(コカトゥー島)(Cockatoo Island)

これはおそらく囚人達のベッド。黒い糸を張り巡らして蜘蛛の巣のようなアートに仕上げている。

コッカトゥー島(コカトゥー島)(Cockatoo Island)

この日は、本島に良くはれていて気持ちの良い天気だった。この良く手入れされた廃墟(観光地)は、フィンランドのヘルシンキにある世界遺産、スオメンリンナ島を思い出した。雰囲気はここと、とても良く似ている。長崎の軍艦島は、行った事無いけれども、きっとガチの廃墟なんだろうな。

廃屋アートギャラリー

廃屋を綺麗なギャラリーにしていてカッコいい。既に廃屋じゃないけれど。

廃屋アートギャラリー

倉庫とかを改造して、こう言う雰囲気のカフェとか作ったらカッコいいだろうななんて考えていた。

コッカトゥー島のテントサイト

この島にはテントサイトがあって、この島に宿泊する事が出来るそうだ。でも、けっこう高い料金だった。(一泊100ドルしないくらい)

ハイド・パーク・バラックス(HYDE PARK BARRACKS)

次にやってきたのはハイド・パーク・バラックス ミュージアム。これはオペラハウスの近くにあるのでオペラハウスに行くついでにちょっとだけ寄り道。レンガ造りの建築物で、現在は博物館として使用されている。

ハイド・パーク・バラックス(HYDE PARK BARRACKS)

1818年〜1819年にかけて建設された男性囚人のための宿舎。設計は囚人の建築家、フランシス・グリーンウェイによって行われた。

ハイド・パーク・バラックス(HYDE PARK BARRACKS)

まぁこんな事いってしまったら身もふたもないのだけれども、世界遺産だからよっただけで、別に興味はあんまりない。

この後、別件の世界遺産である『シドニー・オペラハウス』へと行くのだが、その話はまた次回。

パラマッタの旧総督官邸

ニューサウスウェールズ植民地初期の建築物群で、イギリス帝国の発展を象徴付ける建築物。オーストラリア国内の公共建築物としてはもっとも古い。

パラマッタの旧総督官邸

シドニー市内にあるし、せっかくなので寄ってみた。こう言う感じで11個もの場所が『オーストラリア囚人遺跡群』として世界遺産に登録されている。

俺のオススメは断然『コッカトゥー島』。見応えはあるし、面白い。

今回、ハントした世界遺産の場所は冒険MAPで確認出来る。

オーストラリアの世界遺産、一覧

公開日: : オーストラリア 世界遺産

関連記事

ウガンダの世界遺産、一覧

ウガンダの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ウガンダ共和国の首都はカンパラで、公用語は英語、スワヒリ語。通貨はウガンダ・シリング (UG

記事を読む

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群 | ポーランドの世界遺産

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群 | ポーランドの世界遺産

11月23日 チェコの世界遺産を制覇した俺たちは一旦、ポーランドのヴロツワフに戻り、世

記事を読む

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

ルイス・バラガン邸と仕事場 | メキシコの世界遺産

俺たちは今までに約100件もの世界遺産をハントして来た。そんな俺たちが今までにハントした中で

記事を読む

13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産『サン・ジミニャーノ歴史地区』

『サン・ジミニャーノ歴史地区』13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産

サン・ジミニャーノ歴史地区 Historic Centre of San Gimignan

記事を読む

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都 | モロッコの世界遺産

2016年1月10日 俺たちはカサブランカから遂に最後の世界遺産があるラバトへ日帰り観

記事を読む

ベナンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ベナンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ベナン共和国 英名:Republic of Benin 西アフリカにある共和制国家で

記事を読む

クトナー・ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市 | チェコの世界遺産

クトナー・ホラ:聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市 | チェコの世界遺産

クトナー・ホラへの行き方 11月20日 前日は雨が酷かったのでプラハの安宿でゆっ

記事を読む

パラグアイの世界遺産

パラグアイの世界遺産

パラグアイ共和国の首都はアスンシオンで、公用語はスペイン語、グアラニー語。宗教の選択は自由だ

記事を読む

リビアの世界遺産、一覧

リビアの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

リビアと言えば2011年リビア内戦(アラブの春)でカダフィ政権が倒れ、無政府状態となっている

記事を読む

フィレンツェ歴史地区

イタリアの世界遺産、一覧 全53カ所のリスト

2015年に『パレルモのアラブ=ノルマン様式建造物群およびチェファル大聖堂、モンレアーレ大聖

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑