フィジーの世界遺産 | レブカの歴史的港町

公開日: フィジー 世界遺産

セイクリッド・ハート教会(Sacred Heart Church)

フィジー共和国はオセアニアにあるイギリス連邦加盟国で首都はビティレブ島のスバ。公用語は英語、フィジー語、ヒンドゥスターニー語で住民は、フィジー系が約半数、インド系移民が約40%以上。宗教はキリスト教が半数以上でインド系移民が多いいために ヒンドゥー教も約40%。通貨はフィジー・ドル (FJD)で物価も高くは無い。世界一周の際にはこの楽園に必ず寄ろう思っている。

また、フィジーと言えば英語の語学留学が盛んでかなり安い料金で留学生活を楽しむ事が出来る。ただし、生徒はほぼ日本人なので日本人同士で和気あいあいとなる事が多い。奇麗な海、フレンドリーな島の人、安い授業料などがとても魅力的なので最初の留学先としてはおすすめかもしれない。過去に俺も物価の安い国に留学しようと考えてた際にフィジーは最終候補まで残った。(結局マンツーマンのレッスンが魅力的でフィリピンに留学した。)

————–

2016年5月、実際に訪れたフィジーの物価は高く、食事は一回約500円、宿泊費は安くてもダブルの部屋で3500円程度となっており、金銭的にキツかった。(宿泊費はここ数年で大分値上げしたらしい)

交通費は意外と安くてローカールバスは大体1ドル前後、長距離バスも10ドルくらいと良心的な価格だった。
(1フィジードル55円程度)

世界文化遺産

レブカ歴史的港町

英名:Levuka Historical Port Town
コロニアル建築が見られる街並みの歴史地区
2013年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

オバラウ島の港町レブカの沿岸部に残るコロニアル建築が見られる街並みの歴史地区がフィジーで初めてUNESCOの世界遺産に登録さた。主な見所は『セイクリッド・ハート教会』、『ビーチ・ストリート』、『レブカ・タウン・カウンシル(木造の旧町議会)』、フィジー最古のホテル『ロイヤル・ホテル』、フィジー初の公立学校『レブカ・パブリック・スクール』など。
この街は19世紀はじめ、アメリカ人やヨーロッパ人の交易拠点として欧米の商人や宣教師らによって開拓されたフィジーで最初の植民首都となった。1874年にフィジーが英国植民地となった時にここで調印式が行われ約8年間、フィジーの首都として栄えた。

水没の危機にある島 ツバル(世界遺産では無い)


フィジーに行った際には是非行ってみたいと思っている島がある。それは水没の危機にある島 ツバル。世界遺産では無いが水没してしまったら行く事が出来ないので行く機会があったら是非行ってみたいと思っている。

公開日: : 最終更新日:2016/08/01 フィジー 世界遺産

関連記事

ファイブラタ

ファイブ・ラタ | マハーバリプラムの世界遺産

インドにある寺院の原型と言われる「パンチャ・ラタ」(5つのラタ) 五つの寺院に見えるが、実は、

記事を読む

日光の社寺

日帰り出来る世界遺産『日光の社寺』

『日光の社寺』新宿から片道1660円で日帰り出来る世界遺産 栃木県にある世界的に有名な

記事を読む

マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン | ジョージタウン編

マラッカ海峡の歴史的都市群、マラッカとジョージタウン | ジョージタウン編

6月17〜18日 2日も掛けて辿り着いた世界遺産『レンゴン渓谷の考古遺産』で、衝撃的な

記事を読む

モンテネグロの世界遺産、一覧

モンテネグロの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

モンテネグロはユーゴスラビア、セルビア・モンテネグロを経て2006年6月3日に独立した。首都

記事を読む

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

バルト三国はそれぞれ旧市街があり世界遺産に登録されている。エストニアのタリン、ラトビアのリガ

記事を読む

マナアイランドへの行き方

マナアイランドへの行き方

マナアイランドへの行き方 6月5日 俺たちはナンディからマナ島へのフェリーチケッ

記事を読む

マラウイの世界遺産、一覧

マラウイの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

マラウイ共和国の首都はリロングウェで公用語は、チェワ語と英語。宗教は国民の約8割がキリスト教

記事を読む

アンティグア・バーブーダの世界遺産

アンティグア・バーブーダの世界遺産『アンティグアの造船所と関連考古遺跡群』

アンティグア・バーブーダの世界遺産 まず、アンティグア・バーブーダって何処だよ?って思

記事を読む

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

11月23日 俺たちは前日に、カラクムル遺跡を目指してベリーズからチェトゥマル経由でス

記事を読む

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945) | ポーランドの世界遺産

写真の文字は『働けば自由になる』と書いてあるが自由になる事は決して無かったそうだ。 俺

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑