レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

公開日: フィジー 世界遺産

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカ歴史的港町

英名:Levuka Historical Port Town
2013年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iv)

2013年、日本では富士山が世界遺産として登録されて賑わっている時に、南太平洋の楽園フィジーでは、初めての世界遺産としてオバラウ島の港町レブカの沿岸部に残るコロニアル建築が見られる街並みがUNESCOの世界遺産に登録さた。

この街は19世紀はじめ、アメリカ人やヨーロッパ人の交易拠点として欧米の商人や宣教師らによって開拓され、フィジーで最初の植民首都となった。1874年にフィジーが英国植民地となった時にここで調印式が行われ約8年間、フィジーの首都として栄えた。

100年前の古い町並が今なお残り、タイムスリップしたような気分が味わえる。

実際に訪れたレブカの町は、ど田舎の島で、本当にココが首都だったの?と疑うくらい開発されていない島だった。アクセスも超大変で、島内の道路はほぼ舗装もされていないワイルドな砂利道。

のんびりとしたレブカ

本当に何も無く、のんびりとした島だった。
だが、それがいい。

超マニアックな世界遺産、レブカ歴史的港町。

アクセスするのもかなり大変なのでマイナー世界遺産好きにはたまらないレアな世界遺産だが、一般の観光客はきっと興味を示さないだろう。

レブカへの行き方

スバにてフェリーとバスのジョイントチケットを購入(ひとり29.4ドル)。このフェリーのチケット売り場が全然わからないのだがレブカ行きのバス乗り場を聞いたフィジアンがとても親切でチケット売り場まで連れて行ってくれた。(詳細な場所は冒険MAPで)

誰にでもめちゃくちゃ親切にしてくれるフィジアンの優しさが心にしみる。
もしフィジアンを一言で表すならばきっと『気は優しく力持ち』だろう。

スバから13:00発のバスに乗ってNatoviまで約2時間
15:30 Natoviからフェリーに乗ってオバラウ島へ約1時間
16:30 オバラウ島のフェリー乗り場からレブカまで約1時間
17:30 ようやくレブカに到着

レブカの安宿

俺たちが泊まったレブカの安宿は『New Mavida Lodge』
一泊65ドル〜(ドミトリーはひとり25ドル)。キッチンあり(ガスコンロと流し台のみ)
なかなか居心地は良かったがクレジットカードは使えないので注意。また、宿泊する場合は事前に予約をしておいた方がよい。

フィジー最古のホテル『ロイヤル・ホテル』

また、レブカの有名な宿と言えばフィジー最古のホテル『ロイヤル・ホテル』
レブカの見所のひとつにもなっているのでこっちに泊まってみるのもいいかもしれない。

レブカの見所

セイクリッド・ハート教会(Sacred Heart Church)

レブカの見所と言えば何と言っても石造の時計台を持つ『セイクリッド・ハート教会(Sacred Heart Church) 』で1866年に建造された。

セイクリッド・ハート教会(Sacred Heart Church)

セイクリッド・ハート教会(Sacred Heart Church)の内部。

100年前の町並が残るビーチ・ストリート

100年前の町並が残るビーチ・ストリートと言えば聞こえはいいが、ぶっちゃけただボロいだけ。100年前の町並が残っている事だって、おおらかなフィジアンの事だからただ、そのまま使っているだけだろうきっと。

フィジー初の公立学校『レブカ・パブリック・スクール』

フィジー初の公立学校『レブカ・パブリック・スクール』。

レブカ歴史的港町 | フィジーの世界遺産

レブカの町はかなり小さな町なので10分くらい歩けば一通り観光出来る。
ただし、レブカに着くのが17:30で、レブカを出発する船に乗るには翌朝4時発のバスなので2泊した方が無難。一泊だとアクセスするのが大変だった割に、本当に夜を過ごすだけになってしまう。

こんな感じでレブカの町を観光するとただの古い文化遺産で、面白くも何ともないが、下記の画像を見ると少しだけフィジーの見え方が変わってくる。

19世紀前半のレブカ

この画像は19世紀前半のレブカ。

当時は、南太平洋の楽園でフィジアンたちが独自の生活をしていたのだろうが、ある日グァーっとイギリス人がやって来て、サトウキビの植民地にしようとしたのだが、思いのほか南国気質のフィジアンは働かなくて、仕方が無いので当時、同じイギリスの植民地だったインドからインド人を大量に連れてきて働かせる事にした。(マジでイギリス人、やりたい放題・・・)

現在ではフィジーの人口の約半分がインド人だとか。

そんな時代の流れが始まったのがこのレブカからだと思うと何だか考えさせられてしまう。

これらのただボロいだけの何の面白みも無い文化遺産達は、当時、世界最強のイギリスが、フィジーと言う国を勝手に変えてしまった手始めの建物だったのだ。

公開日: : 最終更新日:2016/06/01 フィジー 世界遺産

関連記事

古都メクネス(Historic City of Meknes) | モロッコの世界遺産

古都メクネス(Historic City of Meknes) | モロッコの世界遺産

2015年12月25日〜28日 美しい青い町シャウエンをあとにした俺たちが向かったのは

記事を読む

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

12月29日 ウシュマル遺跡の観光を終えた俺たちは、メキシコで一番美しいとされるピラミ

記事を読む

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

カトリックの総本山『バチカン市国』 | バチカンの世界遺産

サンサンと降り注ぐ太陽の光がベルニーニ設計のサン・ピエトロ広場を強烈に照らし、なんとも神々し

記事を読む

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観 | チェコの世界遺産

レドニツェ-ヴァルティツェの文化的景観 | チェコの世界遺産

レドニツェ、ヴァルティツェへの行き方 11月4日 俺たちはオロモウツから電車に乗

記事を読む

バーレーンの世界遺産、一覧

バーレーンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

バーレーン王国の首都はマナーマで、公用語はアラビア語。通貨はバーレーン・ディナール (BHD

記事を読む

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

世界で最も建造年代が新しい世界遺産『シドニー・オペラハウス』

5月3日 世界遺産『オーストラリア囚人遺跡群』の構成資産である、コッカトゥー島、ハイド

記事を読む

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

7月28日(火) この日はビガンから世界遺産『フィリピンのバロック様式教会群』のひとつ

記事を読む

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 | メキシコの世界遺産

オアハカ歴史地区 | メキシコの世界遺産

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 Historic Centre of Oax

記事を読む

モーリタニアの世界遺産、一覧

モーリタニアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

モーリタニア・イスラム共和国の首都はヌアクショットで公用語はアラビア語、宗教はイスラム教。通

記事を読む

聖ヴァシーリー聖堂(聖ワシリイ大聖堂)

ロシアの世界遺産、一覧 全26カ所のリスト

2016年の世界遺産の多い国ランキングでは第9位の世界遺産大国ロシア。特に行ってみたいと思っ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑