ガーナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

ガーナの世界遺産、一覧

ガーナ共和国は西アフリカにあるイギリス連邦加盟国で公用語は英語、首都はアクラ。ダイヤモンド、金、カカオ豆の産地としても有名で西アフリカの中では比較的治安が良いと言われている。本来なら行ってみたいアフリカの国のひとつに入るのだが、近年は近隣諸国でエボラ出血熱が流行っており、今は行かない方が無難との判断で今回の旅では諦めるが一応、世界遺産だけ調べておく。伝染病だけはどうにも回避出来る自信が無い、特にエボラ出血熱の凶悪性は半端じゃないので西アフリカには近づかないようにしたいと思う。

個人的にはロッテのガーナチョコ、サッカーが強い、アフリカの国、程度の知識しか無い。

世界文化遺産

ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群

英名:Forts and Castles, Volta, Greater Accra, Central and Western Regions
15世紀末〜18世紀初頭に建造された要塞群
1979年、世界文化遺産に登録 / (vi)

イギリスやオランダをはじめとする西洋諸国がかつて建造したガーナにある近世の要塞群で、その内のヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州に残る15世紀末〜18世紀初頭に建造された11件が対象となったユネスコの世界遺産。

セントラル州『喜望要塞』、『ペイシエンス要塞』、『アムステルダム要塞』、『ケープ・コースト城』、『セント・ジャゴ要塞』、『エルミナ城』、『イングリッシュ要塞』

ウェスタン州『サン・セバスティアン要塞』、『バテンシュタイン要塞』、『メタル・クロス要塞』、『セント・アントニー要塞』

アシャンティの伝統的建築物群

英名:Asante Traditional Buildings
アシャンティ王国の伝統文化を伝える貴重な建造物群
1980年、世界文化遺産に登録 / (v)

アシャンティの伝統的建築物群は、クマシ近郊のアシャンティ州内にあるアシャンティ王国の伝統文化を伝える貴重な建造物群でユネスコの世界遺産に登録されている。20世紀初頭までのイギリスとの戦争でオリジナルのほとんどは壊されてしまい、現在あるのは20世紀以降に造られたもの。

公開日: : 世界遺産

関連記事

毛越寺

毛越寺の写真 | 平泉の世界遺産

達谷窟毘沙門堂から緩い下り坂を電力が切れそうな電動自転車で快適に下り毛越寺とへやってきた。雨

記事を読む

フェス旧市街(Medina of Fez)| モロッコの世界遺産

世界一の迷宮都市、フェス旧市街(Medina of Fez)| モロッコの世界遺産

2015年12月19日〜21日 今から半年以上も前の話になる。もはや、日記ではなく回想

記事を読む

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 英名:Church of the Ascension, Kol

記事を読む

クリシュナのバターボール

クリシュナのバターボール | マハーバリプラムの世界遺産

クリシュナのバターボールは、インド南部タミル・ナードゥ州カーンチプラム県にある世界遺産で、一

記事を読む

モスクワのクレムリンと赤の広場 | ロシアの世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場 | ロシアの世界遺産

モスクワのクレムリンと赤の広場 英名:Kremlin and Red Square, Mo

記事を読む

宇治上神社

日本最古の神社建築、宇治上神社 | 世界遺産『古都京都の文化財』その2

宇治上神社は平等院より宇治川を渡って徒歩で大体10分ちょっと。 平等院を出ると

記事を読む

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 | ポーランドの世界遺産

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園 Kalw

記事を読む

スリナムの世界遺産、一覧

スリナムの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

スリナム共和国はブラジルの北にある国で首都は世界遺産もあるパラマリボ。1975年にオランダよ

記事を読む

マチュ・ピチュ(machu picchu)

マチュ・ピチュ(machu picchu)| ペルーの世界遺産

2017年1月30日 俺たちは約1週間にわたる聖なる谷の旅の末に、ペルーを代表する世界

記事を読む

ハイチの世界遺産

ハイチの世界遺産

ハイチ共和国は1804年にラテンアメリカで初の独立をとげ、世界初の黒人による共和制国家を誕生

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑