リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産

公開日: ペルー 世界遺産

リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産

2017年2月25日〜28日

パラカスから12:00のバスに乗って16:15に中南米の旅、最後の目的地リマへとた辿り着いた。もう帰国日も近いし、バスはペルー最高級のバス『クルスデルソル』を選択。やっぱり高いだけあって乗り心地は良い。料金は65ソル(約2300円)

リマは、ペルー最大の都市だけあってメチャクチャ大きい。バスから眺めるリマ市外は、少し荒廃した感じがして、治安もあまり良さそうではなかった。俺たちは大都市があまり好きではない、都市内を移動するのも大変だし、何より、中南米の大都市は、基本的に治安が悪い。何処の国に行っても大体そうだが、田舎は比較的安全で、都会に行けば行くほど食いっぱぐれた人が多くなって治安が悪くなる。

リマのバスターミナルから目的の安宿、桜子まではタクシーを利用した。料金は、30ソル(約1000円)。

中南米を旅していて思うのは、日本に居た時に想像していた中南米よりも治安が良いと言う事。そして、俺たちみたいな旅人が街を歩いて感じるよりも実際は治安が悪いと言う事。旅が長くなれば色々な事に慣れてくる、もちろん危険にもだんだんと鈍感になってくる。

ひったくりや窃盗だけでなく、実際に拳銃やナイフで脅された人、バス強盗にあった人、バス事故に巻き込まれた人、殺されてしまった人、俺たちは、何人ものそう言う経験をした人たちに会っている。

俺たちが今まで危険な目に遭わなかったのは、必要時に必要なだけビビっていたからと言うのもあるけれども、究極的にはただ運が良かっただけ。

リマ歴史地区 Historic Centre of Guimarães

コンキスタドールの築いた街
1988、1991年、世界文化遺産に登録 / (iv)

リマ歴史地区 Historic Centre of Guimarães

1535年に、インカ帝国を征服したスペイン人のフランシスコ・ピサロを筆頭とするコンキスタドーレスが「王たちの都」を創設したのが始まりで、16世紀〜17世紀には南米植民地支配の拠点となった。

リマ歴史地区 Historic Centre of Guimarães

リマは、ペルー共和国の首都で人口約800万人もおり、政治、文化、金融、商業、工業の中心地となっている。気候は砂漠っぽい感じなので大都市なのに何処と無くマッドマックス感が出ており、治安もあまり良く無い。(旧市街は観光地なので比較的治安はよく、街並もキレイ)

ペルーは、クスコアレキパなどの山岳地は、気候もよく、緑が多く、街も綺麗で、治安も比較的良く、雰囲気も良いのだがナスカイカ(ワカチナ砂漠)ピスコ(パラカス)、リマなどの海岸沿いは砂漠気候でゴミも多いので荒廃した北斗の拳的な世界観になってしまう。

リマ歴史地区 Historic Centre of Guimarães

ユネスコの世界遺産に登録されている旧市街自体は綺麗なのだけれども、リマの都市自体は雰囲気があまりよくなかった。実際に俺たちが泊まっている宿のオーナーから街中でカメラぶら下げて歩かない方が良いとか携帯とか気軽に出さない方が良いなど、リマでの基本的な心構えをレクチャーされた。特にペルーでは、二月、三月は色々と物入りになる季節らしくひったくりや強盗が増えるそうだ。

リマ歴史地区 Historic Centre of Guimarães

リマ歴史地区だけは世界遺産ハンターとして観光したけれども、その他の場所には一切行くことは無かった。俺たちは旅に疲れちゃったのかな?それともリマに興味が無いだけ?

リマ歴史地区 Historic Centre of Guimarães

どちらにせよ、いったん、帰国するにはいいタイミングだと思った。まだまだ行った事の無い場所や行きたい場所は沢山あったけれどもダラダラとまぁまぁ面白いと思うだけの旅を長く続けても仕方が無い。どうせ旅をするならばリフレッシュしてすげー!めちゃちゃ楽しいぜ!最高!って旅をしたい。

リマ歴史地区 Historic Centre of Guimarães

リマのセントロ(旧市街)は、かつては、『王たちの街』と呼ばれた場所で、このアルマス広場を中心にユネスコの世界遺産に登録されている。

リマ歴史地区 Historic Centre of Guimarães

立派なヨーロッパ式の建物が建っていて凄く見栄えはするが、もう、俺たちは、しばらく旧市街は全く楽しめない体質になってしまった。特に世界遺産巡りをしていると相当な数の旧市街に行くことになる。

リマ歴史地区 Historic Centre of Guimarães

うん、凄いね
それで?
てかヨーロッパに行けば腐るほどあるでしょ?
みたいなひねくれ者にどんどんなっていく自分が嫌だ。

でも、世界遺産だからハントしないといけないしみたいな葛藤がめちゃくちゃあるし・・・

リマ歴史地区 Historic Centre of Guimarães

右端に写ってる子が大将
彼がね、握ってくれたの!カツオの寿司を!

寿司パーティーとサボテンパーティ

カツオの寿司

管理人の信さんがカツオを買ってきてくれて大将が握ってくれたの!
まさか日本に帰る前に、こんなすげーごちそうにありつけるとは思っても居なかった。やはりたまには泊まるべきだよね日本人宿。

で、一緒に泊まっていた若者も居たのだけれども彼らはこの寿司を食べないって言うんだよね、だから俺たちいっぱい食べちゃった。寿司パーティーだよ?食べないの?って聞いたら自分たちは今日、サボテンパーティーですって言う訳。ここペルーじゃ、幻覚性のサボテン『サンペドロ』がシャーマンショップとかで普通に買えるらしくてこの日は、そのサボテンを食べる為に朝から何も食べていないんだって。

サボテンパーティーも結構楽しそうなのだけれども量にして肉じゃが一皿分くらいの茹でたサボテンを食べなきゃいけないみたいなんだよね。俺もちょっとだけ味見させてもらったけれどもゲロマズね、ポジティブに例えるなら不味いゴーヤ。まーとにかく苦いし、スプーン一杯のスープを口に入れただけで吐き出したかったんだけど、彼らはそれ、一人一皿、すっげーシブい顔して30分位掛けて食っていた。もちろん、ゲロマズのスープもきちんと飲み干していた。

俺らが寿司めちゃうま!うひゃー!なにこの鰹の刺身、脂がのりすぎていてハマチみたいじゃね?とか言って楽しく過ごしているのに、後ろの若者はマジでシブい顔して黙々とサボテン食ってるの、まるで罰ゲームね。

俺もサンペドロとか食べてみたいと思ったけれどもあれ見たら、ちょっと食べきれる自信無いな。しかも、あんだけ苦労して全部平らげたのに、全然効かなかったんだって。しっかり腹は下したみたいだけど。

ペルーじゃ、幻覚性のサボテン『サンペドロ』はシャーマンの儀式などに使うので普通に買えるんだって。金払えばシャーマンと一緒にトリップ出来るコースなんかもあるらしいよ。

あの大量のクソマズイ、サボテンを完食出来るなら。

公開日: : ペルー 世界遺産

関連記事

ヴロツワフの百周年記念ホール | ポーランドの世界遺産

ヴロツワフの百周年記念ホール | ポーランドの世界遺産

11月24日 ヴロツワフの百周年記念ホール Centennial Hall in W

記事を読む

クラクフ歴史地区

ポーランドの世界遺産、一覧 全14カ所のリスト

ポーランド共和国はドイツとウクライナの間にある国で、世界遺産の数は14件と多い。中でもアウシ

記事を読む

ノヴゴロドの文化財とその周辺地区 | ロシアの世界遺産

ノヴゴロドの文化財とその周辺地区 | ロシアの世界遺産

Historic Monuments of Novgorod and Surrounding

記事を読む

偶然の一致に導かれて | 聖なる予言の旅

偶然の一致に導かれて | 聖なる予言の旅

2017年1月23日 南米、ペルーにある聖なる谷ピサックにて 日本で精神世界だの

記事を読む

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

マヤの人類滅亡説の元となった碑文がある『キリグア遺跡公園』 | グアテマラの世界遺産

グアテマラ東端部、イサバル県のモタグア川中流域にある古典期に繁栄したマヤ遺跡、キリグア(Qu

記事を読む

セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群

セルギエフ・ポサドのトロイツェ・セルギー大修道院の建造物群 | ロシアの世界遺産

セルギエフ・ポサードはモスクワから鈍行列車で約1時間30分。モスクワからの日帰り観光も出来る

記事を読む

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

古代都市チチェン・イッツァ | 年2回、羽を持つ蛇のククルカンの降臨するピラミッド

12月29日 ウシュマル遺跡の観光を終えた俺たちは、メキシコで一番美しいとされるピラミ

記事を読む

ガーナの世界遺産、一覧

ガーナの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ガーナ共和国は西アフリカにあるイギリス連邦加盟国で公用語は英語、首都はアクラ。ダイヤモンド、

記事を読む

誰もいないマニアックな遺跡 PUMAMARKA | オリャンタイタンボ

誰もいないマニアックな遺跡 PUMAMARKA | オリャンタイタンボ

2017年2月1日 前日にスタンド・バイ・ミー・コースでマチュ・ピチュからオリャンタイ

記事を読む

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 | モスクワにある世界遺産

コローメンスコエの昇天教会 英名:Church of the Ascension, Kol

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑