スーダンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

スーダンの世界遺産、一覧

スーダン共和国の首都はハルツームで公用語はアラビア語と英語。通貨はスーダン・ポンド (SDG)で宗教はイスラム教のスンニ派が約70%、伝統宗教が約18%、キリスト教が約5%。
治安は日本の外務省よりスーダン全土に退避勧告が出ている。とてもじゃないが観光出来るような状況では無さそうだ。エジプト文明のピラミッドなどもあり行ってみたい国ではあるが今回の旅ではやめておこうと思う。

世界文化遺産

ゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群

英名:Gebel Barkal and the Sites of the Napatan Region
古代エジプト時代の遺跡群
2003年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)(iii)(iv)(vi)

紀元前1450年頃にエジプトのファラオ、トトメス3世がスーダン北部にある高さ98mの小山であるゲベル・バルカルまで領土を広げた際につくった都市ナパタ周辺にある遺跡がユネスコの世界遺産として登録されている。この遺跡では少なくとも13の神殿と3つの宮殿のほか墓所遺跡が発見されている。構成資産は『ゲベル・バルカル』、『エル=クッル』、『ヌリ』、『サナム』、『ズマ』。

メロイ島の古代遺跡群

英名:Archaeological Sites of the Island of Meroe
アフリカ最古の黒人王国、クシュ王国の遺跡
2011年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(iv)(v)

メロイ島の古代遺跡群は、スーダン北部、エジプトとの国境付近、ヌビア地方にある遺跡で紀元前8世紀〜紀元4世紀にかけてクシュ王国の中心地だった。また、クシュ王国はアフリカ最古の黒人王国としても有名。沢山のピラミッドなどがあり、行ってみたいのだが今は国の情勢が悪そうだ。

公開日: : 世界遺産

関連記事

アフガニスタンの世界遺産、一覧

アフガニスタンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

アフガニスタン・イスラム共和国の首都はカーブルで、公用語はパシュトー語、ダリー語。通貨はアフ

記事を読む

タリン歴史地区(旧市街) | エストニアの世界遺産

タリン歴史地区(旧市街) | エストニアの世界遺産

世界遺産のあるタリンの旧市街は、港から徒歩圏内にあり、フィンランドから日帰りで気軽に観光する

記事を読む

カンボジアの世界遺産

カンボジアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

カンボジアには10数年前に一度、行った事がある。当時、バンコクから『アンコール遺跡群』のある

記事を読む

タイの世界遺産

タイの世界遺産、一覧 全5カ所のリスト

バックパッカーがアジア各地を旅するための中継地点、タイ。何度も訪れているが世界遺産はまだ、ア

記事を読む

ベルリンの近代集合住宅群 | ドイツの世界遺産

世界遺産『ベルリンの近代集合住宅群』の場所、行き方

ベルリンの近代集合住宅群 Berlin Modernism Housing Estates

記事を読む

中世都市トルン(トルニ)| ポーランドの世界遺産

中世都市トルン(トルニ)| ポーランドの世界遺産

タリン、リガ、ヴィルニュス、ワルシャワと世界遺産に登録されているヨーロッパの旧市街をまわり、

記事を読む

ギリシャの世界遺産一覧

ギリシャの世界遺産、一覧 全17カ所のリスト

地中海文明のルーツの一つであるギリシャはヨーロッパ、アフリカ、アジアの文明の接点に位置し、そ

記事を読む

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』マヤの末裔が住む街

世界遺産『アンティグア・グアテマラ』マヤの末裔が住む街

グアテマラにある古都、アンティグア。ヨーロッパ建築の立ち並ぶ石畳の狭い路地を走る沢山の車、廃

記事を読む

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

モスクワ北東に点在する古都群「黄金の環」の中で最大の街、ヤロスラヴリ。1000年の歴史を誇る

記事を読む

スイスの世界遺産、一覧

スイスの世界遺産、一覧 全11カ所のリスト

スイス連邦は、九州と同じ位の大きさの国なのに11カ所もの世界遺産がある、世界遺産ハンターとし

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑