スーダンの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

公開日: 世界遺産

スーダンの世界遺産、一覧

スーダン共和国の首都はハルツームで公用語はアラビア語と英語。通貨はスーダン・ポンド (SDG)で宗教はイスラム教のスンニ派が約70%、伝統宗教が約18%、キリスト教が約5%。
治安は日本の外務省よりスーダン全土に退避勧告が出ている。とてもじゃないが観光出来るような状況では無さそうだ。エジプト文明のピラミッドなどもあり行ってみたい国ではあるが今回の旅ではやめておこうと思う。

世界文化遺産

ゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群

英名:Gebel Barkal and the Sites of the Napatan Region
古代エジプト時代の遺跡群
2003年、世界文化遺産に登録 / (i)(ii)(iii)(iv)(vi)

紀元前1450年頃にエジプトのファラオ、トトメス3世がスーダン北部にある高さ98mの小山であるゲベル・バルカルまで領土を広げた際につくった都市ナパタ周辺にある遺跡がユネスコの世界遺産として登録されている。この遺跡では少なくとも13の神殿と3つの宮殿のほか墓所遺跡が発見されている。構成資産は『ゲベル・バルカル』、『エル=クッル』、『ヌリ』、『サナム』、『ズマ』。

メロイ島の古代遺跡群

英名:Archaeological Sites of the Island of Meroe
アフリカ最古の黒人王国、クシュ王国の遺跡
2011年、世界文化遺産に登録 / (ii)(iii)(iv)(v)

メロイ島の古代遺跡群は、スーダン北部、エジプトとの国境付近、ヌビア地方にある遺跡で紀元前8世紀〜紀元4世紀にかけてクシュ王国の中心地だった。また、クシュ王国はアフリカ最古の黒人王国としても有名。沢山のピラミッドなどがあり、行ってみたいのだが今は国の情勢が悪そうだ。

公開日: : 世界遺産

関連記事

シエンフエゴスの歴史地区 | キューバの世界遺産

シエンフエゴスの歴史地区 | キューバの世界遺産

2017年1月16日〜17日 トリニダからシエンフエゴスまでは、宿で呼んでもらったタク

記事を読む

エッサウィラのメディナ(旧名モガドール) | リゾート地としても人気の世界遺産

エッサウィラのメディナ(旧名モガドール) | リゾート地としても人気の世界遺産

2016年1月6日〜8日 マラケシュからエッサウィラまではスープラツアーズのバスで一人

記事を読む

13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産『サン・ジミニャーノ歴史地区』

『サン・ジミニャーノ歴史地区』13世紀から14世紀の町並が残る世界遺産

サン・ジミニャーノ歴史地区 Historic Centre of San Gimignan

記事を読む

ルクセンブルクの世界遺産、一覧

ルクセンブルクの世界遺産、一覧

上の写真はラピュタっぽい世界遺産『ルクセンブルグ市』 出典:Misty ルクセンブル

記事を読む

ベネズエラの世界遺産、一覧

ベネズエラの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト

ベネズエラ・ボリバル共和国の首都は世界遺産にもなっているカラカスで、公用語はスペイン語、宗教

記事を読む

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 | オーストラリアの世界遺産

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域 | オーストラリアの世界遺産

オーストラリア、ニュージーランドの旅の記録をすっ飛ばしてフィジー編からはじめてしまったので大

記事を読む

シリアの世界遺産、一覧

シリアの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

シリア・アラブ共和国にある世界遺産は6件だがもはやその全てが危機遺産となってしまった。この国

記事を読む

モザンビークの世界遺産『モザンビーク島』

モザンビークの世界遺産『モザンビーク島』

モザンビーク共和国 Mozambique Republic モザンビークって日本人に

記事を読む

チリの世界遺産、一覧

チリの世界遺産、一覧 全6カ所のリスト

チリ共和国で一番の見所は何と言ってもイースター島のモアイ。数ある世界遺産の中でもベスト10に

記事を読む

日本の世界遺産、一覧

日本の世界遺産一覧、全22カ所のリスト

2016年、東京上野にある『ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-』が日本

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑