インドで出会った自由に生きる仙人サドゥの写真 | インド旅行記18

公開日: インド

サドゥのヨガ

インドにサドゥと言われる謎に満ちた苦行者達が沢山いる。サドゥの強烈な存在感に惹かれ話しかけても平気そうなサドゥの人たちの写真を撮らせてもらった。

上の写真はバラナシのガート(沐浴場)で撮影させてもらったサドゥによるヨガ。

サドゥとは

サドゥとはインドの苦行者で主に昼間っからチャイをすすり、大麻を吸いながらダラダラとしている様に見える人たちだ。本格的なサドゥはヨギ(ヨーガ)を学んだり何十年も片手を上に上げ続ける修行や何十年も喋らない修行と言った苦行の修行を行っている。

俺が見た限りでは大半の人はプラプラとその日暮らしを楽しんでいるように見えた。

サドゥ

聖地ハルドワールで出会ったサドゥ。朝から大麻を吸って仲間とおしゃべりを楽しんでいた。チャイをごちそうする事によって撮影させてもらった。彼に普段は何をしているのか聞いてみたところ『特に何もしていない』だそうだ。

ハルドワールで出会ったサドゥ

こちらもハルドワールで出会ったサドゥ?、すごく良い表情をしている。写真を撮らせてもらっただけなのでサドゥかどうかは不明。

リシュケシュのサドゥ

聖地リシュケシュのガンジス川で生活を営むサドゥ達。リシュケシュではガンジス川の河原や森で野宿生活をしているサドゥ達が沢山いた。毎日キャンプ生活ってのも楽しそうだ。もしかしたら難民生活とも言うのかも?

バラナシのサドゥ

聖地バラナシのガートで見かけたサドゥ。彼はチャイ屋をやっているのかそれとも勝手にチャイを飲んじゃっているのか?ハワイのビーチには金髪でビキニのおねいさんが似合うようにガンジス川の河原にはドレッドのサドゥが絵になる。

バラナシのサドゥ

バラナシで出会ったサドゥ。写真を撮らせてくれと頼むと快くポーズを決めてくれた雰囲気のあるサドゥ。額に書かれた横の三本線はシヴァ派の意味でビシュヌ派は縦線なのだとか。ちなみにこの後、50Rs(約80円位)請求された。

バラナシのサドゥ

バラナシのガートで見かけたサドゥ。全身に灰を塗っているのは大抵、ナガサドゥらしい。(ナガサドゥとは最大宗派で最古の組織)

ナガサドゥ

このページのトップでヨガを披露してくれたサドゥで沢山の写真を撮らせてくれた。彼もおそらく全身に灰を塗っているでナガサドゥだ。

サドゥの食事

ヨガを披露してくれた後に食事をごちそうしてくれた。何でもこの植物は栄養満点でサドゥの主食らしい。塩で揉んで食ってみろと差し出された。かなり不安だったがせっかく食べさせてくれると言うので一口だけ頂いた。味は正直、あまり美味しく無いが食べられない事は無い。貴重な体験が出来たと満足したのでお礼を言って立ち去ろうとすると先ほどヨギ(ヨガ)を披露してくれたボス格のサドゥに500Rsほど請求された。

1分か2分のヨガで500Rs(約800円)はいくら何でも法外だ。取りあえず金が無いと言って100Rsで勘弁してくれと頼むが全く請け合ってくれない。かといって500Rs払う気にはなれなかったので立ち去ろうとすると取り巻きのサドゥが追いかけてきて100Rsよこせと言う。サドゥはプライドが高いのでまけてくれたりしないのだがかといって収入が無いのも困るので取り巻きが追いかけてくると言う事か、なるほどうまく出来ている。

サドゥたちはこのようにして日銭を稼ぎながら旅をしているようだ。また、アシュラム(日本で言えば寺みたいな物かな?)に行くと食事にありつけるらしいので各地を転々としながら自由気侭な仙人暮らしをしているようだ。

彼らは究極の自由人で旅人だ。彼らの行き方に物凄く憧れるが何も持たない生活は現代人の俺にはハードルが高すぎる。

サドゥについてもっと知りたい方は下の記事で書いた本がおすすめだ。
究極の自由を体現するインドの仙人『サドゥ―小さなシヴァたち』

今回のインドの旅の記事一覧は
インド旅行記シリーズ一覧

世界遺産ハンターは↓↓↓のランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

よかったら是非、応援よろしくお願いします。

公開日: : インド

関連記事

チェンナイの町

初インド、チェンナイで受けたインドの洗礼 | インド旅行記01

インドと言えば俺が若い頃に読んで、強烈に影響を受けた、沢木耕太郎氏の首都デリーからロンドンま

記事を読む

パンチャパーンダパ・マンダパ窟

世界遺産の町、マハーバリプラムの石窟寺院

写真はパンチャパーンダパ・マンダパ窟の壁画 インドの中世建築の原初の形、石窟寺院 マハー

記事を読む

バラナシ

インド旅行記 | 冒険の記録

2012年の年末に約1ヶ月かけてまわったインド旅行記。 インドと言えば旅人の憧れの地で

記事を読む

チェンナイの子供

チェンナイからマハーバリプラムへの行き方、ジョジョの奇妙な冒険から学ぶ旅行術 | インド旅行記02

初インド、チェンナイにて様々なインドの洗礼を受け、インドに少し馴染んできた俺は、世界遺産の町

記事を読む

インドのキングコブラ

インドで出会った動物たちの写真 | インド旅行記15

念願のキングコブラマスターに会う インドと言えば少年の頃よりピーヒョロロ、ピーヒョロロと笛

記事を読む

バラナシのガンジス川

死体がぷかぷかと浮いていると噂されるバラナシのガンジス川 | インド旅行記12

聖地バラナシ、地球の歩き方に寄るとバナーラス(ヴァーラーナスィー)、英語表記はBanaras

記事を読む

マハーバリプラムの街並

世界遺産の町、マハーバリプラムの安宿で | インド旅行記03

チェンナイからオートリキシャーに乗って世界遺産の町、マハーバリプラムにやって来た俺は『地球の

記事を読む

ガンジス川の対岸

ガンジス川の対岸、不浄の地はゴミだらけだった | インド旅行記14

バラナシのガンジス川対岸は不浄の地とされていて人が住めない為に何一つ無い広い砂浜が広がってい

記事を読む

ハルドワールで沐浴

奇麗なガンジス川で沐浴したければ絶対にここ!聖地ハルドワール | インド旅行記07

ガンジス川の上流で神の門と呼ばれる聖地ハルドワール ヒマラヤ山岳地帯と平野部の境目にあ

記事を読む

ガンガーの降下

世界最大のレリーフとも言われる『アルジュナの苦行』

マハーバリプラムの世界遺産、アルジュナの苦行 この巨大な岩壁彫刻は7世紀に作られ、1300

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングサイトへ参加しており1日1回のclickが順位に反映されます。
よかったら応援お願いします。

PAGE TOP ↑