ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

公開日: リトアニア 世界遺産

ヴィルニュスの歴史地区 | リトアニアの世界遺産

バルト三国はそれぞれ旧市街があり世界遺産に登録されている。エストニアのタリン、ラトビアのリガを経てリトアニアの旧市街、『ヴィルニュスの歴史地区』にやってきた。

ヴィルニュスの歴史地区

Vilnius Historic Centre
1994年、世界文化遺産に登録

ヴィルニュスの歴史地区

旧市街としてはヨーロッパ最大を誇るヴィルニュスは、森に囲まれた中世を今に残す美しい都で13世紀から東西交易の中継地として大いに栄え、18世紀以降は、ロシアに吸収された。この街はバルト3国の中で唯一海に面していない。

また、タリンやリガのようにハンザ同盟風の雰囲気は無くゴシック、ルネッサンス、バロック様式の建造物が多く残されている。

ゲディミナス塔(Gediminas’ Tower)

世界遺産ハンター的に一番の見所はやっぱりゲディミナス塔でこの塔のある丘の上からヴィルニュスの歴史地区を一望出来る。

ゲディミナス塔(Gediminas' Tower) ゲディミナス塔(Gediminas' Tower)

塔の最上階まで登って更に高いところから街を一望出来るが入場料はひとり2ユーロ。実際に登ってみたが丘の上で既に高いので塔の上まで行ってもあまり変わらなかったのが少し残念。

ゲディミナス塔(Gediminas' Tower) ゲディミナス塔(Gediminas' Tower)

この塔は14世紀、大公ゲディミナスがトラカイからヴィリニュスに遷都した際に城が築かれた場所で、19世紀にロシアに大部分が破壊され監視塔として使われていたゲディミナス塔のみが現在も残ってる。ちなみに丘にはケーブルカーで登る事も出来るようだが大した丘では無いので徒歩で簡単に登れる。

ゲディミナス塔(Gediminas' Tower)

また、あまり栄ていないと思っていたヴィリニュスだがゲディミナス塔の上から見ると街の北側(川の向こう)はビルなどが沢山建っていて首都として栄えていそうだった。

ヴィリニュス大聖堂(Vilnius Cathedral)

1251年に十字軍の弾圧から逃れるためにキリスト教を受け入れて最初に建造した主教座教会。

ヴィリニュス大聖堂(Vilnius Cathedral)

今ではヴィリニュス大聖堂の前でスケボーキッズ達が練習しているほのぼのとした広場になっている。

夜明けの門(Gates of Dawn)

1503年〜1522年に建てられた城壁にあった5つの門のうちの唯一残っている門。

夜明けの門(Gates of Dawn)

でかでかとフリーメーソンのシンボルマークが書かれているのが気になるところ。

聖アンナ教会(St. Anne’s Church)

15世紀末に建造されたゴシック建築で、その美しさからナポレオンに「わが手におさめてフランスに持ち帰りたい」と言わせたほどの教会。

聖アンナ教会(St. Anne's Church)

美しいレンガ造りの建物で、フムフムこれをナポレオンが欲しがったのね。としったかぶり気分で見学。

聖三位一体教会(Holy Trinity Church)

バロック様式の東方帰一教会で、ロシア正教徒の多いウクライナ、 ベラルーシに進出した際に宗教的妥協のために始められた「ユニエイト」(合同教会)に属すがローマ法王の権威を承認した珍しい宗派の教会。

聖三位一体教会(Holy Trinity Church)

全然、関係ないけれど飛行機雲がいい感じだった。

ヴィルニュスの歴史地区の街並

タリン、リガとバルト三国の旧市街を巡ってきたがここヴィルニュスの歴史地区の街並はそれらとは明らかに違う雰囲気で新鮮だった。

ヴィルニュスの歴史地区 ヴィルニュスの歴史地区

おそらくゴシック、ルネッサンス、バロックなどさまざまな様式で建てられた教会があり、統一感がなくタリンやリガとは違うなと感じるのかもしれない。ま、難しい事はちっともわからないけど。

ヴィルニュスの歴史地区 ヴィルニュスの歴史地区

街を歩いているとオシャレな布を巻いてある木などがあってヨーロッパのセンスの良さを感じる。

ヴィルニュスの歴史地区

これはなんか色々な物が貼付けられている有名な壁らしい。

ヴィルニュスの歴史地区

二日間掛けて街を散策したが至る所に教会や歴史的な建物があり見応えのある世界遺産だった。
これでリトアニアの世界遺産は全て制覇したので心置きなくポーランドへ旅立つ事が出来る。

リトアニアの世界遺産、一覧

ヴィルニュスで泊まった安宿

スリッパーズ B&B ハウス(Slippers B&B House)
ヴィルニュスでは民泊みたいな形式の宿に泊まったのだけれども、安くて結構快適だった。四泊して106ユーロだったから一泊、26.5ユーロかな
日によって値段が違うみたいだから良くわからないけれど。

公開日: : 最終更新日:2017/04/24 リトアニア 世界遺産

関連記事

ホンジュラスの世界遺産、一覧

ホンジュラスの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ホンジュラス共和国の首都はテグシガルパで、公用語はスペイン語。宗教はキリスト教で主にカトリッ

記事を読む

クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

クルシュー砂州 | ロシアとリトアニアをまたぐ世界遺産

クルシュー砂州 英名:Curonian Spit 2000年、世界文化遺産に登録

記事を読む

ウクライナの世界遺産、一覧

ウクライナの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

ウクライナは1991年のソ連崩壊に伴い独立した国で、現在はロシアとの間にクリミア問題を抱えて

記事を読む

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

ヤロスラヴル市街の歴史地区 | ロシアの世界遺産

モスクワ北東に点在する古都群「黄金の環」の中で最大の街、ヤロスラヴリ。1000年の歴史を誇る

記事を読む

アルゼンチンの世界遺産一覧

アルゼンチンの世界遺産一覧 全9カ所のリスト

アルゼンチン共和国は、南米ではブラジルに次に領土が大きく、世界全体でも8番目に領土面積が大き

記事を読む

コロンビアの世界遺産、一覧

コロンビアの世界遺産、一覧 全8カ所のリスト

コロンビア共和国の首都はボゴタで、公用語はスペイン語。現地の白人であれば英語も通じる事が多い

記事を読む

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

マラケシュの旧市街 | モロッコの世界遺産

2016年1月4日〜6日 世界遺産『アイット-ベン-ハドゥの集落』の見学を終えた足でワ

記事を読む

まるでラピュタの飛行石洞窟!土蛍が見せる神秘的な風景 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

まるでラピュタの飛行石洞窟!土蛍が見せる神秘的な風景 | 世界遺産『オーストラリアのゴンドワナ雨林』

天空の城ラピュタの名シーンのひとつと言えば、バズーとシータが逃げ込むんだ飛行石の洞窟。ここで

記事を読む

ニカラグアの世界遺産、一覧

ニカラグアの世界遺産、一覧 全2カ所のリスト

ニカラグア共和国は中央アメリカ中部にある国で首都はマナグア。公用語はスペイン語で通貨はコルド

記事を読む

クラクフ歴史地区

ポーランドの世界遺産、一覧 全14カ所のリスト

ポーランド共和国はドイツとウクライナの間にある国で、世界遺産の数は14件と多い。中でもアウシ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑