ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区) | リトアニアの世界遺産

公開日: リトアニア 世界遺産

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区) | リトアニアの世界遺産

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

Kernavė Archaeological Site (Cultural Reserve of Kernavė)
2004年、世界文化遺産に登録

リトアニアの東部、ネリス川の渓谷にある古代遺跡群で、旧石器時代末期から中世までの住居跡、丘の砦、墓地遺跡などから構成され、キリスト教化される前の遺跡も残っている。中世にはリトアニア大公国の首都として栄えていた。

アクセスはヴィリニュスのバスステーションの11番プラットホームよりバスで約1時間、料金は片道ひとり2.55ユーロ。ローカルバスなので安かった。

バスの本数は少なくてヴィルニュスからケルナヴェは
7:20、8:30、12:10、13:30、16:30、18:30

ケルナヴェからヴィルニュスは
6:37、8:30、9:42、12:22、14:15、17:17

ケルナヴェは辺境の田舎町なので最終バスを逃すとシャレにならないので気をつけた方が良い。

俺たちは12:10のバスでケルナヴェに向かい、13:20頃に到着した。ケルナヴェのバス停に着くと本当にここでいいのか?と不安になるくらい何も無くて心配になる。一応、スーパーがあったのでパンとかお菓子くらいなら購入出来る。

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

しばらく進むとケルナヴェの聖堂がありここから世界遺産だよと言うユネスコの説明があったので一安心。入り口のゲートに料金所のようなものが設置されていたがオフシーズンの為か誰もおらず普通に入場出来た。

ケルナヴェの新しい聖堂と旧聖堂の礎

旧聖堂の礎と1920年に建造されたケルナヴェの聖堂。

ケルナヴェの木造の礼拝堂

木造の礼拝堂。

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

ケルナヴェ古代遺跡には現地の遠足で訪れている小学生達が一組いただけで他に観光客はだれもおらずガラガラ。丘の上からの景色はかなり良いが見渡す限り何も無い。

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

見所は特に無くチョコレートヒルのような小さな丘が何個かあり、階段がついているだけで他に何も見当たらない。俺たちは大昔の生活に思いを馳せ、人類の営みを想像しながらゆっくりと見学をして17:17の終バスで帰ろうかと思っていたが思いのほか何も無い。ここでイマジネーションのみで数時間時間をつぶすのはキツいと考えなおして14:15のバスで帰る事にした。

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

14:15のバスで帰るとなると見学出来る時間は30分ちょっとしかないので駆け足で丘を登り全てを見学する事にした。旅に出てから毎日、少なくとも3時間以上は歩いている俺たちだからこれくらいの丘、余裕だろうと思って駆け回っていたが10分か15分もすると息は切れ、足腰がガクガクになってしまった。

ケルナヴェ古代遺跡(ケルナヴェ文化保護区)

特にキツかったのが最後の丘で見た目よりかなりハード。この階段の途中で力尽き、走れなくなってしまった。

それでも基本、駆け足でまわったのできっちりと全部見て14:15のバスに余裕を持って乗って帰る事が出来た。ケルナヴェ古代遺跡は思いのほか見所が少ない上にまわりに何も無くてこの寒空の下で長時間、時間を潰すのは無理だった。

帰り道で日本人の団体旅行の人たちとすれ違った。最初、中国人かな?と思ったけれどもやっぱり見た目は一緒でも何故だか日本人はすぐ分かる。急いでいたからすれ違っただけだけれども久し振りに日本人とちょっとお話をしたかった。旅に出て一ヶ月ちょっと、妻のマリちゃん以外の日本人とは今まで一言も話していない。

リトアニアの世界遺産、一覧

公開日: : リトアニア 世界遺産

関連記事

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

シェーンブルン宮殿と庭園群 | オーストリアの世界遺産

11月6日から11月9日にかけてチェコのレドニチェからオーストリアのウィーンまで小旅行に出か

記事を読む

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 | チェコの世界遺産

オロモウツの聖三位一体柱 Holy Trinity Column in Olomouc

記事を読む

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林 | メキシコの世界遺産

11月23日 俺たちは前日に、カラクムル遺跡を目指してベリーズからチェトゥマル経由でス

記事を読む

ノルウェーの世界遺産、一覧

ノルウェーの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

ノルウェー王国は北欧のスカンディナヴィア半島西岸にあり、海岸線に多くのフィヨルドが発達する。

記事を読む

聖ヴァシーリー聖堂(聖ワシリイ大聖堂)

ロシアの世界遺産、一覧 全26カ所のリスト

2016年の世界遺産の多い国ランキングでは第9位の世界遺産大国ロシア。特に行ってみたいと思っ

記事を読む

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

パオアイにあるサン・オウガスチン教会 | 世界遺産『フィリピンのバロック様式の教会』の一つ

ホテルの朝食の絶望的な不味さに挫折して朝食はコーヒーと目玉焼きのみとなった。フィリピンの食事

記事を読む

スフィンクス

エジプトの世界遺産、一覧 全7カ所のリスト

エジプトと言えば何と言ってもピラミッド。世界遺産条約が作られるきっかけとなった物件『アブ・シ

記事を読む

クロミェルジーシュの庭園群と城 | チェコの世界遺産

クロミェルジーシュの庭園群と城 | チェコの世界遺産

クロメルジューシュの行き方 俺たちは宿の安かったオロモウツを起点にしてクロメルジューシュ(

記事を読む

大政奉還が行われた二条城 | 世界遺産『古都京都の文化財』

大政奉還が行われた二条城 | 世界遺産『古都京都の文化財』その13

龍安寺を出た後、預かっていてもらった荷物を取りに仁和寺へ戻り、二条城を目指す。仁和寺から二条

記事を読む

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

プエブラ歴史地区 | メキシコの世界遺産

12月8日〜9日 俺たちは、メキシコシティから日帰りで行く事も出来る世界遺産『プエブラ

記事を読む

トラックバック用URL

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑